CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« JFFinKAGAWA | Main | ぶらっと四国 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
第3回勉強会[2007年10月06日(Sat)]
10月4日夜、第3回目の勉強会を行いました。6名参加です。

前回から少し時間が空いてしまいましたが、今回は前回の延長戦で話題になった

『そもそも勉強会って?勉強会が目指す目的は?』

という原則論に立ち返り議論することになりました。


勉強会参加者全員が積極的に『自ら志願して』ここに関わっているわけではないのです。

つまり、こちらからお声掛けして『何か始めんといかんのかなぁ?』というスタンスで臨んでいるメンバーもいるので、できるだけ早い段階での『そもそも論』は絶対に必要なのです。

ということで、こういう根本的な論議はなかなか意見が出しにくいということを踏まえながらも、自らが目指す姿について話を聞いてみました。

・もう若手から中堅という年代に差し掛かってきているが、50代の割合が多く後輩が少ないという現状で、あと何年か先を見たときにそろそろ自分たちが準備をしておかないといけないという危機感はある。

・担うべきものがあり、まち全体のことを考えなければいけないことは分かっているが、通常業務だけでほかの事まで手が回らない。

・職員個々がまちのビジョンを持っているのか?持っていない人がほとんどではないか?それは職員個人の資質の問題なのか?
 職員の『人間力』をあげるのは個人であり、他人に上げてもらうものではない。誰かがしてくれるとか、誰かが何にもしてくれないとかという姿勢ではダメ。

・自分の担当業務だけでなく、他部署の業務も知り、市民サービスの向上につなげたい。

・自分の担当業務に連動する部署の業務が自分のところで完結できるような能力を身に着けたい。来庁した市民の質問に完璧にアドバイスできるアドバイザーになりたい。




というような内容でしたが、どうも私の考えている『目指すべき姿』とは違うのです。

メンバーの大半は『事務担当者』としての『目指す姿』を見ていて、直接的な市民サービス、つまり、窓口に来た市民に対するサービスをどうするかということに着目しているのです。

これでは、事務改善の勉強会となってしまいます。
事務改善に『想い』は必要ありません。
組織業務として当然すべきことで、ここで取り立てて議論すべきことではないのです。

ということに気が付いたので、結論的ではあるかと思ったのですが、つっこみを入れさせて頂きました。

直接的市民サービス、窓口サービスは大切な業務なんだけど、ここでみんなに議論してもらいたいのは、担当者業務ではなく、丸亀市の現状と将来を見据えた時に、市民の社会福祉の向上を目的としている地方公務員としてのあり方みたいなものを議論してもらいたい。

個々の生活課題や社会情勢を集約して社会課題、地域課題として捉えた時に、どういう政策や施策を打っていけばよいのかというのが本質的根本的な市民サービスだと考えていて、この勉強会では全体的な視野に立って政策形成能力やマネジメント力、コーディネート力を向上させる『場』でありたい。

職員の『人間力』は個々で高めなければいけないという意見はもちろんだが、行政はたった一人の能力だけを高めただけでは執り行えないと思う。



というとこれに先輩からつっこみが入ります。

ブレインをつくる。これがこの勉強会の最終目的だ!!


この先輩、私と同じ年生まれの1学年上なのです。
経歴や“芸暦”はとてもよく似ていて、一緒に草野球のバッテリーを組んでいたこともあるのです。
自らの意思だけで投げ、栄誉も責任も自分のものと考えているピッチャーな彼と、ワンマンではなく、褒めたりなだめたり怒ったりしながらみんなの力をうまく引き出せないかということを考えているキャッチャーな私。

何しろピッチャーな彼なので他の者を寄せ付けないオーラがあり、彼に意見する者が僅少なのですが、私とはいろいろな場面でよく意見がぶつかりながらも、かれこれ10年以上前からこうした議論を積み重ねてきています。

安易に『群れない』彼がここに来て、協調路線を打ち出したことはそろそろ本気で立ち上がらなければいけないという意思の表れなのです。


ということで、今後この勉強会の目指すべき方向性を強く打ち出した訳ですが、メンバーがそれを咀嚼し消化するには少し時間が必要なのではないかとも思うのです。


そして、今後どういう切り口でこの勉強会を積み上げていくのかも悩みのタネではありますが、実践しながら修正していくというスタイルで続けていきたいと思います。
が、やはり生活課題的な担当業務の悩み相談みたいな『ガス抜き』も必要なのでしょう。
普段から若手中堅らしからぬ役割と重責を背負っているメンバーばかりです。
その人が担当課の顔のようなメンバーばかりなのでストレスも多いのです。



私自身5年を目途にそれなりの成果を出せればというのがざっくりとした想いです。
また、こうした勉強会を閉鎖的にせず、できれば開かれた状態で行いたい思いもあるのですが、タイガーマスクでいういわゆる『虎の穴』的な要素も含んでいるのでそのあたりのバランスも必要です。

あせらず、しかし軸はぶらさないで質の高い『楽しみ』が得られる勉強会にしていきたいと考えています。

Posted by へんこつ侍 at 10:40 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

勉強会2[2007年07月19日(Thu)]
先日7月12日に第2回の勉強会を行いました。

前回の勉強会の最後に「官って?民って?」、「協働って何だ?」という話題になりました。

そして、今回は第1回で話題になったことを欠席者を含むメンバー全員が私のブログやメールを通して情報を共有した状況で始めました。

今回初参加のメンバーもいるため、前回のふりかえりも含めてはなさかさんが自分の職場のテーマでもある「自治会」について話を切り出しました。

「自治会」は地域によって「町内会」や「町会」などいろいろな呼び方をされていると思います。

今回、私はこの雑談的オフサイトミーティングに「そもそも論」で話を混ぜ返すことを自分の役割として臨むことにしました。

「そもそも論」は、差し戻すという意味を込めて使っていますので、本来の使われ方と異なる場合がありますが、そのあたりはあまり気にしないで…。

前回の『勉強会』のコメントでおいちゃんからアドバイスを頂き、事務改善的な議論にせず、政策につながるきっかけにしたいと考えたからです。



以下、当日のモデレーターはなさかさんが整理したものにへんこつ侍が加筆しました。




・自治会って必要なの?

 →自治会の起源は?そもそも自治会の役割とは?


・加入率を上げることを目標にしているけど、入っていればいいの?

 →行政が数字の向上を掲げているが、そもそも加入率を上げることのメリットとは一体?


・近所とのつながりがあれば、組織化していなくてもいいのでは?

 →概念化された呼び名が“自治会”であり、エリアでつながっていれば良いのではないか?
 →その緩やかな結びつきこそがそもそも自治会に求められる機能ではないのか?
 →そもそも自治会や地縁団体は必要なのか?



・入るのが当たり前と思っているが、今住んでいるところにはないようだ。
・自治会に入らないとごみステーションの利用が困る。
・アパート(借家)では、組織化は難しい。所有者、管理会社の取りまとめがよいのでは。
・地元自治会への加入については、数十万円もの加入金を求められる。
・持ち家かどうかで自治会への関わり方も変わる。
・開発許可の際に自治会を作るように指導している。
・自治会長の負担が大きい。(会議への参加、動員、集金、回覧、対外的な折衝など)

 →そもそも行政が手軽な情報提供の手足として使いたいがための自治会であり、加入率向上もそのためなのか?
→行政は都合よく責任を転嫁していないのか?


・地域社会への関わりへの意識は、市民活動への意識と同じでは?

 →地縁団体の取り組みも市民活動の取り組みもきっかけは、地域課題の自発的解決のため。


・自治会活動など地域での活動は、ボランティア=無償奉仕のイメージが強い。
・ボランティアの誤った捉える方が参加意欲の低下につながっている。
・ボランティア=自発的活動と捉えることが、参加意欲の向上につながるのでは。
・自分のできることを社会の役に立てるという発想。
・地縁団体の活動に対する支援の財源として目的税を設けることはできるの?
・自治会加入率が向上しない理由は?

 →新興住宅地域や若い世代では、地域やご近所と「ゆるやかなつながり」を保ちたい。
 →古参の自治会幹部は組織維持や会員費用の収入確保などから「もっとつながりたい、つながらねば」と躍起になっている。
 →意識のねじれが生じているのでは?


今回はぴったり2時間で終了しました。



その後の延長戦では、

『そもそもこの勉強会をどうしたいのか?』
『勉強会を通してメンバーが何を目指すのか?』
『雑談的オフサイトミーティングをいつまで続けるのか?』


という意見が出ました。

もちろんだと思います。

少なくとも前向きなメンバーが集まっているので、“よもよもした”(讃岐弁でゆっくりとしただらだらとしたの意)会議を続けることに疑問はあるのです。

私はアプローチ、つまり相互理解の時間が大切だと考えていたのですが、それよりも明確な目的を共有することの方がより重要だということが分かってきました。

共通のテーマを通してお互いを理解することも可能だと思いますので、少し本質的なことを取り上げてみたいと思うのです。

ただし、どうしても“話が上手な人”とそうでない人がいて、年齢差も最大で10歳ほどあるので、なかなか口を突っ込めない場合も出てきます。
これまでのように、『横で聞いているだけでも勉強になる。』だけに留まらず、考えを口に出すことで自分の考えがまた広がり整理もできるはずです。

実際に黙っていられないタイプの私は、それで失敗もしてきましたが、そうすることでやはり自分の考えを常に持っておくことができるようになりました。

『自分ならこう考えて、こう実践する。』という主体性を掘り起こすことも今回の勉強会に期待するものです。

ということで、私としては、丸亀市の政策を議論する場、政策提案できるグループそして将来的には、政策決定できる人材とつながりにまで成長したいなぁと考えています。
そして、政策は丸亀市民にとってよりよいものであり、どこでもありきたりに使われる『住みやすい、暮らしやすいまちづくり』であり、『居心地の良いまちづくり』を目指すためのものでありたいと思うのです。



メンバーの皆様こんな感じですが、抜けていたらどなたか付け加えてください。



また、へんこつ侍ブログをご覧の自治体職員の皆様、自治体職員研修に携わる皆様、NPOのマネジメントに興味のある皆様のコメントを頂ければと思います。

Posted by へんこつ侍 at 20:49 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

勉強会[2007年06月28日(Thu)]
いきなりお堅いタイトルですが、有志が集まり勉強会をすることになりました。

正確には、勉強会を始めました。

勉強会といっても最初から勉強をするテーマを決めているわけではなく、メンバー全員が共通の話題や興味を持っているわけではありません。

どんな考え方の持ち主で、仕事や自分のまちをどう捉えているのかも、現段階では共通理解に至っていません。

しかし、「丸亀をなんとかせないかん」、「このままの市役所ではいかん」と思い、想いの深さに違いはあるけれど、まずはゆるやかなつながりをきっかけに、目的を共有(共有ではなく、本当は再認識なのかもしれませんが)し、地域の課題に適合した政策を研究するグループになれればと考えています。


当面は、真面目に楽しく、メンバーそれぞれが感じていることや疑問点などを持ち寄り、結論を求めない話し合いをすることにしています。

こうした中から次回の話題を探ることにしています。


第1回目は先日、6月21日(木)18:00〜21:00、当初の予定では会議時間2時間としていたのですが、ついつい伸びてしまいました。

次回はきっちり2時間としたいと思います。
延長戦は任意で。そして暑いのでもっと涼しいところでやりましょう。

1回目ということで、わざとできるだけ多くの話題に触れるようにバンバン飛んでいっていましたが、話題を簡単にキーワードで整理しますと。

税金徴収は誰が担うのが適切か?徴収率アップのための工夫は? 

住民税アップの話題を知らない職員とは?

公共料金のカード支払いとコンビ二支払いのメリットは?地方自治法との整合性は?

書類の管理方法とは?民間企業における倉庫管理とは?

市役所が必要以上に媚びるのは?

市職員が職務上で個人的に訴えられることって?

フレックスタイムについて?市役所の業務はフレックスが馴染むか?

市職員OBを受付に配置することって?

市職員には専門的なプロが必要か?オールラウンダーを育てるべきか?

業務は個人スキルか?組織運営か?

協働って何だ?

官がやるべきことって?官がやれないことって?



こんな感じですが、抜けていたらどなたか付け加えてください。
コメントお願いします。


そして、最近感じたこと。

よく耳にする情報共有という言葉。しかし、単に情報を共有しただけでは、具体的な活動にはつながりにくい。

情報を共有して、それぞれの状況を把握して、目的を共有することが大切だと思うのです。

情報を共有するだけで集まっているのは趣味のサークル。より社会的な活動にするのであれば、目的と手段が共有され、情報が開かれていることが大切なのかなぁと感じています。


たぶん、いろんなセミナーでもこういった内容のお話を頂き、そのときは頭でなるほどなるほどと感じていたのだと思うのですが、実際に自分の言葉で気付くと、言葉は拙いけれどとてもしっくりくるものだというのがよく分かりました。

勉強会で新しいカテゴリーを作りました。ちょっとした決意表明です。


Posted by へんこつ侍 at 00:22 | 勉強会 | この記事のURL | コメント(8) | トラックバック(0)