CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« home. | Main | まちのみどりを考えよう! »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
[2010年01月25日(Mon)]
帰宅時間が遅いのは、今に始まったことではないのです。

やるべきことをきっちりやると、どうしても遅くなってしまい、遅くなると子供達と会う時間がない日が続くと、ちょっと淋しい気もします。


帰宅して、正確には、自宅の駐車場に車を止めて、玄関の方へ少し歩く時に見上げる星空がとても綺麗なのです。

特に冬場は空気が澄んでいてとても美しいのです。

南と北の空は、ほとんどさえぎるものがないので、満天とまではいかなくても、結構しっかりとした星空観察が楽しめます。

帰宅後のほんのわずかな時間ですが、星空を見上げるのが最近の日課です。

そして、ちょっとしたリフレッシュタイムでもあります。

意識はないのですが、ONとOFFを切り替えるひとときのようなものなのでしょうね。

写真でもお見せすることができなくてとても残念なのですが、この美しい星空が、未来の子供達も眺めることができるように、よりよい環境を残さなければといつも強く思います。

皆さんの街では、星空がちゃんと見えていますか?

Posted by へんこつ侍 at 23:35 | ちょっとこばhappy | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっとこばhappy[2009年01月19日(Mon)]
『ちょっと役所に用事があったきん、あんたの顔のぞきに来たでぇ〜!!』



仲のよい友達の言葉ではない。

6、7年ほど前には、職場の同じフロアーの全員が敬遠するほどの大声で怒鳴り散らしていた人だ。

今でも苦手意識を持っている人もいるに違いない。



詳しくは知らないが70歳を過ぎただろう年配の男性である。

ここではおじちゃんとしておく。




おじちゃんは必ず朝一番にやってくる。

いろんなことに話題が飛び回り、そのうち同じ話を繰り返す。

こちらの説明にも耳を貸そうとしない。

聞いてくれないからこちらも大きな声が出る。

大きな声が出るとお互いに感情的になる。

こじれると絶対に解決に向けた議論が成り立たなくなる。

やりとりが袋小路に入る雰囲気が漂い始めると、おじちゃんは大声で怒鳴り散らす。

怒鳴り始めると、さすがに周りが騒然とするし、立場上何とかその場を納めようとするので、
結局はおじちゃんの納得するところに落ち着く。



この繰り返しでおじちゃんは、名物のおじちゃんとなった。




私も最初はおじちゃんの応対がとても嫌だった。

ある時、おじちゃんの自宅近くの公園に呼び出された。

いつものように同じ話が永遠と続く。


私には考えがあった。



おじちゃんは一人暮らしで、いつも話し相手がいないのである。

だから、おじちゃんから苦情の用件だけでなく、いろんな話を聞いてみようと思っていた。

月に1度のペースでおじちゃんは役所にやってきたり、電話をかけてきて呼び出された。



半年程経った頃くらいから、おじちゃんは苦情の用件だけでなく、身の上ばなしをするようになった。

自分の健康状態、家族と離れて暮らしていること、飼っている犬のこと。

いろんな話を聞かせてくれた。

知らなくてもいいこともたくさん話してくれた。

この頃から、おじちゃんは気が向いた時だけ、公園の掃除をしてくれるようになった。

そして、役所に来ても怒鳴り散らすことがなくなった。

役所で自分の知らない担当部署へ初めていく時は、必ず私の所を訪ねてくるから、怒鳴らなくて済むのである。



ある部署へ一緒に行ったときのことである。

私と同級生の女性職員がおじちゃんに言った。

『おじちゃん。いつも近所を掃除してくれてありがとう。綺麗になんじょるなぁ〜。』

この職員は、おじちゃんが掃除してくれているのを通りがかった時に見ていたらしい。

おじちゃんはとても照れながら、自分の頭を何度も撫でていた。




おじちゃんが今日、突然やって来た。

30分ほどいろんな話を聞いた。

もちろん仕事に関係する用件もあるが、大半はそうでもない話題だ。

おじちゃんに『身体の調子はええんな?薬はちゃんと飲みよんな?』と聞くと、おじちゃんは涙を浮かべて笑っていた。



朝一番の30分。

周りから見るとくだらない無駄話をしているように思えたことだろう。

しかし、私は確信している。

これこそが地域に密着した市役所の職員の仕事だと。

そして、

『ちょっと役所に用事があったきん、あんたの顔覗きに来たでぇ〜!!』

といってもらえるような関係や雰囲気づくりができれば、もっと市役所が市民の皆様に近い存在となれるに違いないと思うのである。


自慢ではないが、ちょっとhappyなひとときだった。


明日からもまた頑張ります!!


Posted by へんこつ侍 at 23:08 | ちょっとこばhappy | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)

コツコツ続けよう!![2008年09月26日(Fri)]
明日は、早朝4時起床、5時から仕事なので、早めに休みます。

簡単に。

先日、『竜巻か?すごい突風と雨でした。』をご紹介しましたが、この記事に気象予報士の資格をお持ちの『星の金貨』さんから詳しいコメントを頂きました。

この記事は、今後のためにもちゃんと記録に残しておこうと思い書いたものですが、『星の金貨』さんのような玄人さんの研究にもご活用頂けてとても光栄に思います。

地域の情報がこうした社会の問題解決の題材として利用されることは、このブログの趣旨に相応しいことだと思います。

私が書いた記事のタイトルを検索してみますと、結構メディアの情報と重複しているものがあり、メディアでは伝わりきらない詳しい実情などもお伝えできるのが、“小回りの効く”ブログの利点ではないかと感じます。

ということで、一見たわいもないテーマでも、気になったことを書いて残しておくと、いつかお役に立てる時が来るかもしれないので、コツコツ続けることが大切だということを改めて実感しました。

Posted by へんこつ侍 at 23:02 | ちょっとこばhappy | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

ちょっとこばhappy[2006年09月26日(Tue)]
今日、市役所近くの公園へ現場確認めがねに行った帰りのこと。
近いので歩いていったのですが、交差点で普通に赤信号信号で止まって待っていました。
横断歩道の向こう側には70歳位の自転車自転車に乗ったおじいさんが同じように信号を待っていました。赤い帽子帽子が粋な清潔そうな方でした。この交差点は歩車分離式信号なので、待ち時間は少し長いのです。青信号側の車車もほとんど走っていない状況で横断歩道で向かい合った立ち時間は妙な緊張感と焦燥感のようなものを感じます。
何となく対面していると気まずいなぁと思っていると、その老人の後方から、身なりが悪い、素足にサンダル履きで足を広げて自転車を漕ぐ、こちらも男性の老人が二人近づいてきたのです。まだ赤信号なのですが、二人は、左右を確認もせず赤信号の横断歩道を渡り、私の横をすり抜けて公園の中に消えていきました。
同じ位の年齢でもずいぶん違うなぁと感じ、品格は外見にも現れるのかなぁ、年齢に限らずですが、あのくらいの年齢になってもまだルールが守れない、心にゆとりのない人にはなりたくないなぁと思っていると信号が青に変わりました。
すると、横断歩道の向こうで信号を待ち続けた赤帽子も老人が、私の方を向いてニコッとしながた会釈してくれたのです。恐らくその老人には私の感じたことが伝わったのでしょう。信号無視していった老人にムカッとしましたが、赤帽子の老人とはなんだかつながったような気がして、ちょっとこばhappyになりました。

Posted by へんこつ侍 at 22:50 | ちょっとこばhappy | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっとこばhappy[2006年09月14日(Thu)]

昨夜(水曜夜)の帰り、駐車場での様子です。私の愛車カロゴンをカメラ
それがなんじゃはてなはてなはてな
実はこのフロアで私の車1台だけが残っていたのです。何だか占領したみたい。

最近のちんたい(讃岐弁でつめたい)ペンギン沈滞ムードからの脱却新コーナー拍手
しっかりとhappyでないプチhappyが意外と幸せに感じることってないですかはてな
ちょっとこばは讃岐弁でちょびっと(少し)だけという意。

これからちょっとこばhappyを発見次第UPしたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:54 | ちょっとこばhappy | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)