CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 不法投棄のその後 | Main | ハーブティいただきました☆☆☆ »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
すべりだい完成!![2007年03月30日(Fri)]
今日で平成18年度の業務が終了しました。

後半少し持ち直したものの、これまでで一番充実感や達成感の弱い一年でした。

この原因は自分では分かっているのです。というか、年度末のドタバタの中で気が付いたのです。
新年度に入る前に気が付いてよかった。一回リセットしてまた頑張ります。

ということで、また1年間公園のお仕事をさせてもらえることになりました。
入庁15年目、公園のお仕事は連続6年目、通算で10年目を迎えます。


さて、今年度の締めくくりはやはり公園の話題です。

以前『ドキドキ・ヒヤリで子どもは育つ』でご紹介した子供の遊び場のすべりだいの続報です。



少し前に作業が終わり、検査官による本検査の前にへんこつ侍による仮検査を実施。
指定した図面のとおりに出来上がっているか寸法を測り、製品に異常がないか目視確認します。
設置工事は全く問題ありませんでした。
ここまでは誰もが実施する一般的な検査なのです。

ここからがへんこつ検査

子供さんが使用するものですから、ちょっとしたひっかかりで思わぬ怪我をすることも考えられるため、素手で入念になでまくるのです。手が入るところはすべてなでまくりです。
こちらもOKです。

そして、体重69kgのへんこつ侍によるすべりだい実演。
真昼間太陽から37歳のおじさんが繰り返し繰り返しすべるのです。
いろんな体勢ですべります。そして、すべらずに逆に登ったりもします。
階段を上がったところの踊り場でドンドン揺らしてみます。
異常なし。非常に快適です。

と、この奇行を以前登場した兄妹が家の中からいぶかしそうに見ていました。

そして私の顔を見るなり、ニンマリとして家から出てきました。

男の子「おっちゃん。もうこれ(すべりだい)であそんでもええん?」

女の子「あそんでええん?」

へんこつ侍宇宙人「おおっ!!おっちゃんがちゃんとできとるか試してみたきん、もう大丈夫や。もう遊んでもええぞぉ。」

男の子「おかあさんがしやくしょのおっちゃんがきて『よっしゃ』ゆうたらあそんでもええっていうたきん、それまであそばんとがまんしとったんでぇ〜。」

へんこつ侍宇宙人「そぉ〜か。そらよぉ〜我慢したのぉ。賢いぞぉ。もうしっかり遊んでくれよ。」

すると、兄妹のおかあさんニワトリがやってきて、
「ホンマにすべりだいが付くと思ってなかったけど、こんなに立派なのを作ってもらって本当に有難いです。おまけに砂場の砂もきれいなのにして頂いて、近所の子供たちは大喜び、私達母親も安心です。」

最初は砂がきれいになって衛生的に安心だと言ったのと思いました。今回補充した砂は、花崗岩をふるいにかけたいわゆる山砂なので、確かに貝殻などが含まれるものではなかったのですが、よく話を聞いてみると、砂の品質でななく公園そのものに対する安心だったのです。

私にはなぜ安心といったのかすぐにはわかりませんでしたが、公園に子供たちが集まっていると、何人かの親御さんがいつもいて、子供たちの見張りをしているようです。
ルールがあるわけでもなく、自然発生したゆるやかなつながりが、ちゃんと役目を、みんなの安心を生み出すこととなったのです。
たった一つのすべりだいが生み出す力。子供たちが遊ぶということで、親同士のつながりやご近所のつながり、そしてそれが引いては地域の力につながっていくような気がします。

そして、帰り際。
お母さんニワトリ「こどもたちとの約束を守って頂いてありがとうございます。」

男の子「おっちゃん。ありがとうございました。」

女の子「ありがと。」

そして、私の車自動車が見えなくなるまでずーっとバイバイしてくれました。


もう涙もんです。これだから「魂」の仕事やめられないのです。

これからも「侍魂」で頑張りますよ。

Posted by へんこつ侍 at 23:43 | まちのみどりを考えよう! | この記事のURL | コメント(8) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/henkotsu/archive/289

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
negaposi 様
コメントありがとうございます。
ホントにご無沙汰をしております。コメント本当に嬉しいです。
この仕事についていながら言うのも何なのですが、子供の時に『危ない』と感じることを生活に身近なところで何度も経験しておかないと、生命に関わる重大な危機を自分で回避できない子供が増えるような気がします。だから、やみくもに遊具を撤去することはしたくありません。

想いを込めて、魂の仕事。
negaposiさんや東京でがんばっていらっしゃる皆様のことも自分のモチベーションにしているので、私が頑張っているように見えるということは、皆さんのお姿を映し出す鏡のようなものだと思いますよ。
私もホントに日々精進です。

Posted by:へんこつ侍  at 2007年04月01日(Sun) 18:33

ご無沙汰してます。

以前から、安易な遊具撤去には疑問??だったのでこのお話は続報が気になってました。

最後の子供達の言葉。(泣)。
何にもいらないですね。。

仕事を通して、自分の権限内で、できるかぎり、自分の理想を実現していく。
忙しいと、効率優先で忘れてしまいがちになるのですが、自分もへんこつさんを見習って、精進します!。

Posted by:negaposi  at 2007年04月01日(Sun) 10:08

sono 様
コメントありがとうございます。
魂の仕事。貫きまっせぇ!!
さぬきうどんご賞味頂きありがとうございます。
しょうゆ豆は好き嫌いがあるのでよかったです。
しかし、やっぱりこちらに来て本物を召し上がって頂きたいですね。
いつでもお越しくださいね。
癒しの国ブルーアイランド四国にいらっしゃ〜い!!

Posted by:へんこつ侍  at 2007年03月31日(Sat) 22:42

mirica 様
コメントありがとうございます。
たくさんの子供たちが遊ぶ公園はやっぱり元気があっていいものです。
大人の思い込みだけで仕事したらいけないこともあるのですねぇ。
長くやっていると、やっぱりpureな感覚が鈍ってくるのかな?
今回のことでまた新人の頃のようなフレッシュな感覚を呼び戻した気がします。

Posted by:へんこつ侍  at 2007年03月31日(Sat) 22:36

わ〜〜、感動ですね。
へんこつさんが一生懸命、子供のために何回も何回も滑ってる姿
を想像しました。これぞ正しく魂の仕事。私もそんな仕事が出来るよう
日々頑張りたいと思います。
ところで、白状するとやっと先日頂いたおうどんを食べたんですよ!
有り得ない美味しさ!しょうゆ豆も最高!ホンマにありがとうございました!

Posted by:sono  at 2007年03月31日(Sat) 14:52

へんこつ検査、想像してしまいましたペンギン
可愛いすべり台ができて、子ども達もとっても嬉しいでしょうね〜笑い
調査の時に兄弟男の子女の子と出会えてよかったですね♪ほのぼの

Posted by:mirica  at 2007年03月31日(Sat) 10:07

arizona 様
コメントありがとうございます。
私の自己満足に留まらず、本当に皆様に喜ばれるものをご提供できればと思います。
公園管理からも幅広い公共の福祉の向上につながることを実感する仕事でした。

燃え尽きないように頑張りますよ。

Posted by:へんこつ侍  at 2007年03月31日(Sat) 08:41

子どもたちの感謝の声は
仕事人として冥利に尽きる一言ですね。

もう、こんなこと言われちゃうと。やめられませんね。

来年度もへんこつ侍魂燃やしてがんばってくださいね。

Posted by:arizona  at 2007年03月31日(Sat) 01:25