CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 5年半ぶりの再会 | Main | 掃除に学ぶ2 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
掃除に学ぶ[2007年03月24日(Sat)]
今日は午前中、『香川掃除に学ぶ会』のメンバーの皆様が丸亀城(亀山公園)のトイレの清掃をされるということで、その活動に参加しました。

『掃除に学ぶ会』は潟Cエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏の掃除哲学に学ぼうという有志の集まりとして結成された『日本を美しくする会』の推進する活動なのだそうです。

昨年もお花見(さくらまつり)が始まる前にお掃除をして頂きましたが、参加することができませんでした。

先日ブロガー仲間のsonoさんから「平成の志士たちへ」というイベント(明日3月25日開催)で鍵山秀三郎氏の講演があるということを伺っていたところ、地元の『香川掃除に学ぶ会』の世話人の方から、「お城のトイレを掃除させてほしい」と相談を頂いたのでした。

年度末ということもあり、sonoさんにご紹介頂いたイベントには参加できないけれど、自分の管理する公園のトイレを掃除し、「掃除に学ぶ」という活動がどのようなものか自分で経験したいと思い参加することにしたのです。

鍵山秀三郎氏のご子息(恐らく現社長?)がイエローハット四国営業所の所長時代に丸亀市にお住まいで、当時のことを友人(市役所の数少ない同志)であるリリーさんから伺っていたこともあって、いつか鍵山氏にはお会いしたいと思っているのです。

天気予報は雨朝からどんよりとした天気でした。8時半現地集合でしたが、普段どおり7時35分に自宅を出発車ダッシュ

丸亀城の駐車場の開門時間が9時なので、念のため世話人の方には事前に鍵をお渡ししていたのですが、私が丸亀城に到着したのが7時45分。
その時すでに年配の方が車で開門を待っていらっしゃいました。「お掃除の方でしょうか?」と確認し開錠。あまりの早さにびっくりです。私の今日の驚きはここから始まっていたのです。

今日の活動には、後輩のトンネルもぐら君も参加です。
以前から鍵山氏の考え方に関心があったとのことなのですが、実は今日は彼の34歳の誕生日〓なのです。
休日でしかも誕生日の朝からトイレ掃除をしようというトンネルもぐら君の意気込みは本当に素晴らしいと思いませんか?


集合10分前にはすでに20人ほどの方がお集まりでした。掃除のボランティアといえば、今までは女性の参加者が多いという印象があったのですが、今日はほとんどが男性でした。
高校生から社会人、建設業、報道関係、行政職員、警察官など職業のジャンルも様々で、幅広い年齢層からの参加です。しかも、遠方から観音寺市、高松市などからも。本当に驚きです。

最初に『香川掃除に学ぶ会』世話役の津島様からのご挨拶。県内建築業界では屈指の大手企業の社長さんです。そして、お隣りにいらっしゃる“最高齢”で朝一番乗りだった方からのご挨拶です。さすがです。


今日は23人の参加で3班に分かれて作業します。我々は自由参加ということで、1班に同行しました。
丸亀城では最も利用の多い大手門前のトイレです。


最初に軒天のすす払いと拭き掃除からです。掃除の基本は上から下にということなので。


すす払いのあいだもみなさんはトイレ周辺のゴミ拾いや草抜きをします。




動きに無駄が全くありません。当然ですが、無駄話をしている方は一人もいらっしゃいません。
皆さん本当に真剣です。

パート2に続きます。

Posted by へんこつ侍 at 21:09 | 協働を考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/henkotsu/archive/283

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント