CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« イベントの自粛について | Main | 丸亀城のソメイヨシノ開花 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
精一杯[2011年03月17日(Thu)]
「なかなかよい体験をしてきましたねぇ〜!!」

私が今回の震災が起きた時に、千葉にいたことを知った人の大半はこういう言葉を口にする。

それが普段の会話なら、その人に合わせて「そうなんですよ〜ぉ!!」と返すのだろうと思う。

しかし、全く持って「よい体験」なんかでは決してない。

千葉にいた私でさえ、余震のたびに恐怖に打ちひしがれ、このままどうにかなってしまうのではないかと思ったのだから、未だ救援の手が回っていない地域や原発周辺の皆さんにとっては、私などの想像に及ぶものでは到底ない。

発災1週間を地元で迎え、また家族と普通に過ごせていること自体が、奇跡だと感じる。



昨日は、私の尊敬するNYYAさんの命日だった。

昨日の午後まで、命日であることを忘れてしまっていたが、午後、あることがきっかけでNYYAさんのことを思い出し、また別のあることがきっかけで、眠っている墓地へ行くことになった。

ある意味では、呼び寄せられたという表現が正しいかもしれないけれど、没後初めてお墓を訪ね、NYYAさんに手を合わせてきた。

じっとお墓を見つめていると、

「忙しいのに、来んでもええんじゃぁ〜。」という声が聞こえてきた。

私が、「NYYAさん。なかなか足跡が肥やしになりません。足跡をつけることも難しいです。」と返すと、それには応えず「あはは!!」と軽く笑われてしまった。

改めて、「生かされた命が続く限り、精一杯生きよう。悔いの残らないように頑張ろう。」と思ったのである。

もう、そろそろ、明るい話題でブログを書いていきたいと思う。

ひょっとして、被災地の皆さんにこのブログをご覧頂ける機会があった時に、ホッとするような記事をまた書いていきたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 22:43 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/henkotsu/archive/1450

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
紅の葉 様
コメントありがとうございます。
発災後2週間が経過しましたが、未だに行方不明の方がたくさんいらっしゃることに、本当に心が痛みます。
少しでもお役に立てればと思い、とにかく自分に今できることを懸命にやることが大切だと思います。
当たり前がこんなにもありがたいものなのだと改めて感じずにはいられません。

Posted by:へんこつ侍  at 2011年03月25日(Fri) 22:15

今回私は自宅周辺にいましたが、これまで生きてきた中で一番大きな地震でした。
東北各地が壊滅的な状況にある中、日本海側の秋田県は被害も少なく、被災地のの惨状をテレビで見る度にこれが本当に隣県で行っていることなのかと我が目を疑います。
地震前と変わらず家族と一緒に暮らせていることに感謝しながらも、被災地の方々を思うと、普通でいられることに申し訳なささえ感じます。
当地でも昨日から被災地からの受け入れが始まり、原発周辺の被災者の皆さんが続々と来県されています。
まずはゆっくりと体を休めていただいて、一日も早く故郷に戻れることを祈るばかりです。

Posted by:紅の葉  at 2011年03月20日(Sun) 20:09