CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
私たち医療法人社団平成会は、「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」を理念に
お客様一人ひとりの心に寄り添うケアを行動指針としています(ISO9001認証)。

詳しくはホームページをご覧ください。
右向き三角1http://www.heiseikai-group.com/

« 「虐待防止につぃて学びましょう」 | Main | バレンタインデー(鶴成館) »

連携相談室
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リンク集
プロフィール

医療法人社団 平成会 会津事業部さんの画像
検索
検索語句
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/heiseikai-aizu2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/heiseikai-aizu2/index2_0.xml
こやまケア活動日記 〜1月のラフェスタ〜[2019年02月08日(Fri)]

みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

一年で最も寒い時期になりましたが、いかが

お過ごしでしょうかexclamation&question

1月のこやまケアの活動では、「身体拘束と

虐待防止法」をテーマに理解を深めました。


今回は数名単位で勉強会を実施しました。




002.JPG



身体拘束についての写真を見ながら、

「身体拘束がもたらす3つの弊害」について

考えてもらいましたexclamation



1 身体的弊害

  身体機能の低下や圧迫骨折・拘束器具

  による事故


2 精神的弊害

  本人の精神的苦痛・認知症の進行・家族の

  精神的苦痛・看護、介護スタッフの士気の低下


3 社会的弊害
 
  介護保険施設などに対する社会的不信・偏見、

  身体機能低下による医療的処置を生じさせ、

  経済的影響をもたらす。



以上のことから、身体拘束をする事は、QOL

(生活の質)を損なわせ、人間としての当たり前の

生活を著しく侵します。
身体拘束によって認知症が

進み、二次的・三次的な障害を生じさせない為にも、

身体拘束をせずに行うケアを常に考え、実践して

いかなければならないことを改めて認識しましたexclamation



また、虐待についても事例などを見ながら、どの

ように対応すれば良いか話し合いました。



これからも活動を通して、お客様に安心して

ラフェスタで過ごして頂けるよう、職員一同

協力してまいりますexclamation×2







     平成31年2月8日 医療法人社団 平成会 

        デイサービスセンター ラフェスタ 渡部

Posted by 平成会 会津事業部 at 16:59 | ラフェスタ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/heiseikai-aizu2/archive/1431

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1426273

コメントする
コメント