CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
夏のボランティア体験2018 [2018年06月20日(Wed)]
「夏のボランティア体験」の季節が近づいてきましたねかわいい

IMG_0874.JPG

CIMG0556.JPG


今年も、橋本市内で活動しているボランティアグループ
高齢者・障碍者施設、サロン、公共施設etcに
ご協力いただき、ボランティア体験の場として受け入れに
協力いただくことができましたexclamation
(本当にありがとうございますあせあせ(飛び散る汗)

昨年は181人の方に参加いただくことができましたグッド(上向き矢印)

夏休みや休暇を利用してぜひご参加いただければと思います
あらためて、ご自身の住んでいる地域を知る機会にもなりますよ

詳しいことは橋本市社会福祉協議会HPをご覧くださいぴかぴか(新しい)


Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 13:43
たすけ愛 城山台3丁目カフェ「おひさま」 [2018年06月13日(Wed)]
6月13日(水)お邪魔してきましたかわいい

今年4月から城山台1丁目〜4丁目で
「カフェ」がオープンexclamation
地域の人同士のつながりをつくっていこうと
それぞれの集会所等でオープンされていて
城山台住民のかたであればどなたでも参加OK
今回、唯一平日にオープンしている「おひさま」へ

集会所に近づいていくと
賑やかな話し声が聞こえてきます
なんだか嬉しい気分に黒ハート
手作り看板がお出迎えしてくれました

DSC_1072.JPG

机の上には話のキッカケにと
いろいろな仕掛けが用意されていたり
最近、城山台にあったスーパーが閉店したので
市内スーパーのネット販売や宅配サービス等の
チラシもさりげなく置かれてあり
「はじめまして」は1回だけ、次に出会ったら「ひさしぶり」
顔と名前を覚えられるように名札も用意されていて
世話人さんの何気ない優しさが嬉しいです黒ハート

DSC_1091.JPG

来月は七夕ということで七夕笹飾り
願いを込めて…「おひさまがつづきますように」
DSC_1076.JPG

2丁目の世話人さんも来られていて
3丁目の世話人さんとカフェの運営についての情報交換
つながりの強さを感じますねーグッド(上向き矢印)
DSC_1094 1.jpg

世話人さんからは
「この間、カフェに自治会に入っていない人が来てくれて
あらたなつながりができました。こういった場を継続して
いくことが大切と感じています」とおっしゃっていました
また「おひさまに行きたいけれど遠くて自動車がなく
来たくても来れない」という声を聞かれて
「駐車場を作ることはできないけど
みんなで知恵をだしあって色々と作戦をたてています」と
笑顔わーい(嬉しい顔)で語ってくれました

次回も楽しみにしていますぴかぴか(新しい)

たすけ愛城山台の活動は こちら


Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 15:44
「地域を知る・学ぶ」紀見小学校4年生 [2018年06月11日(Mon)]
6/11(月)紀見小学校4年生(約70名)が
これまで総合学習で学んだ
点字体験、視覚障がい者の方との交流、車椅子体験等を
さらに深めるため
「このまちのすみやすいところ」
「このまちのすみにくいところ」
を発見するために
自分たちの住んでいる地域を歩きましたるんるん
(みんなについていくのが精一杯あせあせ(飛び散る汗)

1.JPG

交差点にある押しボタン信号
「車椅子に乗っている人だったら高くて押しにくい」等
いろんな発見がありましたかわいい
2.JPG

御幸辻駅にもご協力いただき
駅内を散策
券売機の案内表示やボタンには
点字があって
自動販売機にも点字かわいい
3.JPG

おおよそ2時間
地域をみんなで歩き
学校に戻ってきて休憩をはさみ
それぞれ気づいたことを
各組でまとめる振り返りです
6 1.jpg

地域には特徴があって
普段はあまり気づかないことでも
これまでの体験や今日の発見を通して
気づいたことがたくさんあったと思います

今後は
「みんなが暮らしやすいまち」に向けて
さらに学びの機会や様々な交流を通して
ぼくたち・わたしたちだったら
できることを探していきます

そして
みんなの取組を地域の人が知ってもらうことが
「みんなが暮らしやすいまち」に
つながっていくんだと思いますぴかぴか(新しい)

児童のみなさん、先生方
快く受け入れていただき
ありがとうございましたグッド(上向き矢印)


Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 15:31
出前教室「車椅子体験」 [2018年06月06日(Wed)]
6/5(火)紀見小学校から声をかけていただいて
4年生の児童に車椅子の体験をしていただきましたるんるん

4年生は70人で2クラスあって
1クラス35人
市内では一番人数が多いと先生に教えてもらいました
(用意した車椅子も12台と過去最高台数exclamation×2

4年生のみんなとは、5月頃から点字教室や
視覚障がい者の方との交流で
その都度お邪魔していただので顔馴染みになったので
気軽に声をかけてくれます

車椅子の操作、段差、声のかけ方コース
ドアの開け閉め、落ちたものを拾うコース
2コースを設定

児童のみんなには3人1組になってもらいます
体験役、介護役、観察役
これを交代しながら体験します

DSC_0178 1.jpg

普段の生活の中で
車椅子とかかわりが
あまりない児童たち
何気ないことが、いつもと少し違います
そんな中でも気づいた時にはひらめき
しっかりと友達に声をかけながら
体験してくれていましたグッド(上向き矢印)

紀見小学校4年生では
今年、多様なプログラムを通して
自分たちの地域について考えようと取り組まれる予定です
わたしたちも一緒にできればと考えていますぴかぴか(新しい)
Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 14:02
「つながろう橋本」に決定! [2018年06月01日(Fri)]
(写真を撮るの忘れました。すいません。)

5/31(木)橋本地区で第2層協議体が発足して、1回目の会議です
担当課の職員と事前に打ち合わせをして
かわいいメンバーが話しやすい環境づくり
かわいい橋本地区オリジナル
をテーマに進めようと決まりました

環境づくりとして
グループワークと席替えを行いました

それぞれ活発な意見が飛び交い
時には笑い声もわーい(嬉しい顔)
地域の社会資源といっても
それぞれ価値観が違いますので
多様な情報がだされていました

今日で終わりではないので
積み重ねていけば
私たちが知らなかった
地域の宝物が発見できそうでするんるん

愛称についても
それぞれのグループで意見をまとめていただき
「つながろう橋本」に決定exclamation
協議体が、いろんな人や地域と
つながれる場なのでという思いが
込められています

「つながろう橋本」オリジナルは
ぴかぴか(新しい)夜の会議はやめて午前にしよう
ぴかぴか(新しい)会議の案内文書はやめてチラシにしよう

回を重ねていけば
「あの人も声かけたい」「誘いたい」と
なったときに
会議の案内文書では説明ができません
さらに協議体の説明は口頭では中々難しいです
そんなときに会議案内をチラシにすれば
「こんなんやってんねん。一緒にいこらよ」と
誘いやすいという
担当職員のアイデアです
(素晴らしい黒ハート

生活支援協議体のこれまでの歩みをまとめてみました こちら

Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 12:37
第2回たすけ合う隅田 開催! [2018年05月23日(Wed)]
5/22(火)第2回目の「たすけ合う隅田」(第2層協議体)が
開催されました。
今日のテーマは、規約と12地区の情報交換です喫茶店

IMG_2821.JPG

IMG_2811.JPG

コアメンバーが30人以上なので、これまでと同じ
机の配置では、意見や考えがあってもなかなか発言
しづらいということもあるだろうし、折角、
出席してくれているので話しやすい環境を作ってみようと
いうことで写真のように隣接する地域同士で
グループに分かれてもらいました。

すると、やっぱり顔馴染みということもあって
世間話もしながら各テーブルで話が盛り上がりました
(模造紙を持って帰って考えると熱心な方も…)。
発言できないけど…という方にはポストイットに記入
して貼ってもらいました。

短い時間だったので、
次回、また次回へとつなげていこうということで
本日は終了グッド(上向き矢印)





と、

これまでだったら、今までご紹介した内容と
あまり変わりはないんですが…


実は、5/9に3人の生活支援コーディネーター(SC)さん、
市担当職員と社協の5人で、
事前打ち合わせ(「プレミーティング」とSCさんに教えてもらいました)を行って今日を迎えたのです。

早速
プレミーティングでSCさんから
「2回目からはSCが中心になって協議体を進めていこうかわいい
「配役(座長、副座長、会計・書記)を決めようかわいい
「みんなが話しやすい環境を作ろうかわいい
と言ってくれたんでするんるんるんるん

そして、今日3人のSCさんが中心になって
進めていただくことができました。
3人それぞれの個性を発揮しながら意欲的に
取り組まれている姿がとっても
素敵でしたぴかぴか(新しい)

IMG_2813 1.jpg

頼もしい揺れるハート






Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 15:58
第2層協議体設立に向けた準備会(紀見北地区) [2018年05月21日(Mon)]
5/16(水)3回目の準備会を開催しました(紀見地区は当初1つの協議体を仮設定していましたが、現在、2か所の公民館単位で準備会を開催しています)。

前回(3/23)の雰囲気が良かったので、さらにメンバー同士の距離を近づけよう、話しやすい雰囲気を作ってみようということで、公民館の図書室を借りましたかわいい(いきいき長寿課担当職員の案)

IMG_2780 1.jpg

この日、一言も発言しなかったメンバーはいなかったです。ちょっとした工夫ですが、話しやすい環境を整えるのは大事ですねぴかぴか(新しい)

さらに
「ひとり暮らし高齢者が多いので、みんなで共同生活できないか?」
「それぞれの居場所で雰囲気が違うのもおもしろい」
「空き家や使われていない公共施設の有効活用」
「行事をしたら人集めが大変」
「後継者問題」等等、
たくさんの意見がでました。まるで、協議体が発足したような…

ということで

次回、発足が決定exclamation×2

準備会でもなく、会議でもなく、「協議体発足の集い」のようなイメージです。
あまり、難しく考えず色んなことを話し合える、そんな協議体になればと思っています。

みなさん、ありがとうございました揺れるハート


Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 11:58
恋野地区第2層協議体が発足しました [2018年05月21日(Mon)]
5/18(土)恋野地区公民館において、第2層協議体設立に向けた準備会を開催。橋本市で5番目となる(仮称)恋野地区第2層協議体が発足しましたぴかぴか(新しい)
昨年8月から準備会を開催して4回目での発足となります。

IMG_2798.JPG

IMG_2802.JPG

次回は、あまり日をあけないようにと6/29(金)19:00〜の予定ですexclamation農繁期で大変忙しいですが、みなさん意欲的です(素晴らしい)。

メンバーのみなさん、1層委員、さわやか福祉財団インストラクター、いきいき長寿課、健康福祉PTのみなさん、ありがとうございましたダッシュ(走り出すさま)


Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 09:53
第2層協議体会議「高野口地区」「信太地区」 [2018年05月11日(Fri)]

第2層協議体として発足した地区で、それぞれ会議が行われましたグッド(上向き矢印)

5/9(水)第2回「支え愛高野口」会議
5/10(木)第1回信太地区第2層協議体会議

信太地区の愛称は「たすけ愛信太」、そして生活支援コーディネーターさん(SC)1名が決まりましたぴかぴか(新しい)
これによりSCさんが決まった協議体が3地区となりました。
たすけ合う隅田3名、ささえ愛 高野口2名、たすけ愛信太1名。

ささえ愛 高野口
1.JPG

たすけ愛 信太
2.JPG

2地区ともに共通した協議体の当面のあり方は、多様な情報を収集したり情報交換したりする井戸端会議であるということでした。

「1つの協議体としてなぁ…たらーっ(汗)将来的に必要やとは思うけども…やっぱり、それぞれが住んでいる地域の取組を活性化するためにどうしていくかということが大切やで。すでに取り組んでいる地域もあれば、これから取り組もうとしている地域がある。その中で課題を話し合い、情報収集が必要な場合は協議体で話し合ったり、メンバーからのアイデアもでるんじゃないか」

次回は、地域活動で取り組んでいる先進地事例の紹介や市内で課題がありながらもアイデアや工夫しながらサロン活動を運営している世話人さんを招待してお話を聞くなど学ぶというテーマの井戸端会議に模様替かわいい
いずれも今後の井戸端会議のテーマは、こちらから提案したわけではなく、議論を重ねていく中で、メンバーから自然とでてききました。(素晴らしい黒ハート

みなさん遅くまでありがとうございましたぴかぴか(新しい)
Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 08:31
災害ボランティアを知る講座 [2018年05月01日(Tue)]

4/27(土)橋本市保健福祉センターで「災害ボランティアを知る講座”地域が支える・地域を支える〜災害ボランティアの視点から〜」というテーマで、講師に、特定非営利活動法人にいがた災害ボランティアネットワーク 理事長 李 仁鉄氏を招いて開催しましたグッド(上向き矢印)

DSC_0976 1.jpg


災害ボランティアは、泥だしや片づけなどだけでなく、被災にあわれた方が日常を取り戻すまでの困りごとは変わっていき多様にあって、実は、その間の多様なニーズは、支援する人の思いであったり、普段の地域活動やボランティア活動が結びつくこともあること。また、支援を受け入れる個人・地域のあり方についても学ぶことができました。
社協は、住民の方の困りごとや悩みを気づき、寄り添い、相談にのって、それをつなげる役割であるとお話いただきましたひらめき

DSC_0980.JPG


今日の講座を、今年度開催予定の「災害ボランティアセンター設置運営訓練」へとつないでいきたいと思います。

李先生、お忙しいところお越しいただきありがとうございます。これからもご指導よろしくお願いします。講演にお越しいただいた方々、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
Posted by 橋本市社会福祉協議会 at 08:50
| 次へ
リンク集
検索
検索語句
プロフィール

橋本市社会福祉協議会さんの画像
http://blog.canpan.info/hcshakyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hcshakyo/index2_0.xml