CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
はやしま Basic Life Support
« 高齢者施設職員 救命講習 | Main | スポーツ指導者への応急手当講習 »
最新記事
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
第5回 東日本大震災復興支援チャリティーコンサート[2017年01月05日(Thu)]
23.JPG
IMG_4915 (編集済み).JPG

今回で第5回目になる東日本大震災復興支援チャリティーコンサートが
12月11日に早島町町民文化センター「ゆるびの舎」で開催されました。

東日本大震災の復興支援が遠く離れた岡山県から出来ないと考え
有志6名で結成された「早島絆の会」
第2回目からは福島県の中学生のコーラスグループを
招待してのコンサートから被災地との絆が生まれてきました。
第3回、第4回は福島県を拠点として活動するローブデタンのメンバーを
招待してのチャリティーコンサートを開催してきました。
そして、今回は区切りとしての5年目
絆の会代表 堤氏の尽力で福島県いわき市の高校生フラガールを
招待しての第5回東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
530名定員の大ホールが満員状態になる大盛況でお開きになりました。
これも、ご支援していただきましたコンサートへの参加者の皆さま
ご来場をいただきましたたいへん多くの観客の皆さま
ボランティアスタッフとして支えていただきました皆様
の大きな、大きなパワーを感じて目頭が熱くなったことを
思い出します。
実行委員の一人として、感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

また、はやしまBasic Life Supportは東日本大震災が発生した
2か月後に宮城県石巻市で5日間の災害復旧支援活動を実施しました。
この規模の大震災が災害の少ない岡山県で発生した状況を考えれば
壊滅的な被害を受けることに危機感を感じて地域防災活動を重点活動と
して開始しても5年が経過しました。
そして、今年は熊本県地震が発生し災害復旧支援活動に参加しました。

この5年間を思えば、最初は遠くの地での大災害であり、大災害を
経験していない私たちの住む行政機関も、数年が経過するごとに
私たちの声を聞いてくださり災害支援活動のバックアップをして
いただけるまでになってきました。
これこそが官民協働活動だと感謝しています。
また、この5年で支援を申し出してくださる多くの皆さんにも
恵まれました。

話は戻りますが、早島絆の会は現在、6名のメンバーで活動しています。
また早島町立少年少女合唱団の保護者やOBのメンバーの皆さん
町内で活動されている各種の団体の皆さん
更に、多くのボランティアスタッフの皆さんに支えられています。
はやしまBasic Life Supportも「早島絆の会」の基幹構成組織として
今後も活動を共に実施していきますので今後ともどうぞよろしくご支援、
ご協力をお願いいたします。

IMG_4832 (編集済み).JPG
IMG_4873.JPG
Posted by はやしま BLS at 21:52 | チャリティーコンサート | この記事のURL
第4回 東日本大震災チャリティーコンサート[2016年06月02日(Thu)]
やっと12月までさかのぼって記事がアップできました。

今回で4年目を迎える東日本チャリティーコンサート
前日は、当時中学生だった福島県の高校生や大学生
また、福島県内の先生による防災についての講演会が開催されました。
多くの、来場者の方に現在の被災地の状況もご理解いただき
有意義な講演会であったと感想をいただきました。

コンサート当日は、早島少年少女合唱団、早島オールスターズ
の演奏に引き続き、福島県を拠点に活動されています
合唱コンクール全国大会優勝の経歴をもつローブデタンの合唱
全員参加でのエンディングと成功裏でコンサートが開催されました。

最終日には、残っていただいた大学生と中学校の先生が中学校へ
出向いてくださり、防災講演とミニコンサートを開いていただきました。
福島の皆さんには本当に敬意を表したいと思います。
ありがとうございました。
Posted by はやしま BLS at 21:27 | チャリティーコンサート | この記事のURL | コメント(0)
伊達市立桃陵中学校合唱部の皆さんとのかけがえのない3日間[2013年12月29日(Sun)]
12月21日〜23日の3日間 福島県伊達市立桃陵中学校の合唱部の
生徒さん19名引率の教頭先生と合唱部の顧問の先生2名がはるばる
早島町に来てくださいました。

22日には500名収容のゆるびの舎大ホールが満席になる
くらいの観客の中で 第2回東日本大震災復興支援チャリティー
コンサートが開催されました。
単独合唱と早島町少年少女合唱団とのコラボレーションでの
合唱も披露してくださいました。
また皆さんは、ボランティア募集で集まっていただいた早島町の
一般家庭で2日間ホームスティーをされて親睦を深められて笑顔が
いっぱいで無事に伊達市へお帰りになりました。


はやしまBLSも早島絆の会の基幹団体として微力ですがお手伝いを
させていただきました。
筆頭副代表の堤は総合プロデューサーで1年間、企画運営に携わり成功裏の立役者です。

副代表の佐藤(眞)ホームスティー担当でアレルギー等のリスクも考えて事前に調査して
対応して事故やトラブルなく送り出すことが出来ました。
事務局長の三藤は懇親会の料理、茶話会全般を担当。自ら作った豚汁が大好評でした。
会計担当者の船越は1年間に渡る会計を担当。保険担当など総務も担当してくれました
講習会の講師で活躍するある渡辺さんは全般の手伝い、またホームスティーも受け入れて
「良い経験をさせてくれた福島の子供たちに感謝」と言ってくれました。

役員、スタッフでお手伝いが出来たことは非常にいい経験をさせていただいたと
本当に感謝しています。 アッという間の3日間でした。
はやしまBLSも早島絆の会の基幹団体として多くの町内外の方々にご支援、ご協力を
賜り、今年のメインイベントが無事にお開きになったことに感謝の一言です。

しかし、彼女たちは未だに放射線の影響や心配をしながら暮らすことを考えると
災害が少なく、温暖なロケーションで暮らす私達にはこれからも少しでも
役に立てることがあると改めて考えさせられた3日間でした。

伊達市立桃陵中学校の合唱団の皆さん、先生方
早島に来てくださって本当にありがとうございました。

会計責任者の船越が言っていた言葉が印象的でした・・・・

彼女たちと接した3日間で「明日から元気に明るく活きる(生きる)元気が出てきた」と



3日間にわたる様子は「早島絆の会」のHPにアップしますので
ご覧くださいますようお願いいたします。

100.JPG120.JPG170.JPG218.JPG233.JPG259.JPG
Posted by はやしま BLS at 21:01 | チャリティーコンサート | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

はやしま Basic Life Supportさんの画像
カテゴリアーカイブ
タグクラウド