CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
はやしま Basic Life Support
« 福島県いわき市 県立高校を訪問 | Main
最新記事
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
社会福祉協議会での普通救命講習会[2019年03月08日(Fri)]
毎年、この時期に開催されています早島町社会
福祉協議会の福祉活動員さんへの普通救命講習会へ
5名の倉敷市消防局応急手当普及員、2名の岡山市
消防局応急手当普及員を派遣しました。

受講生が40名になりますので胸骨圧迫用マネキンは
当団体が所有しています8台のオールスターが活躍します。
AEDトレーナーは6台が不足するので消防局からお借りしました。

呼吸の確認方法ではペアになり、腹部に軽く手を添える確認方法を
体験してもらい早急に意識なし、呼吸なしを現認しての事後対応が
できるように実践的な訓練をしています。
福祉活動委員さんですので高齢者宅への訪問も想定されるため
体位変換方法も実施しています。

AED使用方法では、使用するマネキンが上半身だけのため
座学で頭のほうから胸骨圧迫している状態でパットを張ることを
伝えていても下半身側からパットを張ろうとする方もいらっしゃいます。
苦肉の策としてマネキンにズボンをはかす方法をメンバーが提案して
今年から実施しています。
しかしながらマネキンの腹囲がズボンのサイズとアンマッチで
はかせられない状態で、次回からはゴムタイプのズボンに変更したいと
思っています(笑)

また、今回の講習会では圧迫止血法及び窒息時の応急手当法を併せて
実施しています。


appaku2.JPG

aed1.JPG

Posted by はやしま BLS at 21:12 | 普通救命講習 | この記事のURL
この記事のURL
http://blog.canpan.info/hayashima-bls/archive/175
プロフィール

はやしま Basic Life Supportさんの画像
カテゴリアーカイブ
タグクラウド