CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
はやしま Basic Life Support
« 教職員向けAEDを使用した心肺蘇生法訓練 | Main | サッカースポーツ少年団のイベント »
最新記事
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
今年もよろしくお願いいたします[2019年01月08日(Tue)]
IMG_4170.jpg

IMG_4187.jpg
早島町の丘から撮影した平成最後の年の初日の出です

新年あけましておめでとうございます。

といってもすでに1週間以上が経過していますが
広報担当者としての新年の抱負はブログの早期の更新
当たり前のことですができていないことに反省しきりです

さて当団体も設立して今年の10月で10年目の節目に当たります。
当初は役員3名と2名のサポーターの5名で活動を開始しました。
現在では所属する役員、スタッフ25名になり活動内容や活動地域も
広くなってきました。

これは、現在までご支援していただいています方々、各種団体の皆様の
おかげだと思っております。誠にありがとうございます。
また、医療従事者、社会福祉関連従事者、学校教育関連教職員、
消防、警察のボランティアなどなど多くのスタッフの賛同や協力を
得てここまで継続できたことを本当にありがたいと思っています。

会社組織でも10年の事業継続が困難な時勢にここまで任意団体として
活動が継続できたことはうれしく思っています。
しかし、任意団体として社会的な活動を継続していくことはこの10年で
大きく変動してきたことも事実です。
組織ですから活動にはある程度の原資も必要です。その原資を調達する
ことは組織運営上は避けて通れない必要不可欠な事項です。

新年にあたり役員会では、今年10月で10年を迎えるにあたり、
組織や活動の継続のために新な道に舵を取る準備を進めることを
確認しました。時期を調整し臨時総会を開催することも確認しました。

下の画像は、私たちの活動の拠点 岡山県早島町です。
政令市の岡山市、中核市の倉敷市の間に立地するコンパクトタウン
町の西には四国への高速道路の玄関口、また山陰や広島、近畿への
分岐点となる日本でも有数な規模の早島インターチェンジ
北には岡山県流通センターやコンベンション施設のコンベックス岡山
国道2号線の拡張によって物流拠点、都市圏のベットタウンとして現在も
県内の市町村では人口減少がない、岡山県内で人口密度が1位のまち
JR瀬戸大橋・宇野みなと線最寄駅の早島駅南には田園が広がるのどかな
瀬戸内地方の温暖で晴れの国おかやまを代表する教育の町です
IMG_3714.JPG

IMG_3713.GIF

いずれも早島町のホームページから引用しています。


Posted by はやしま BLS at 17:01 | ニュース | この記事のURL
この記事のURL
http://blog.canpan.info/hayashima-bls/archive/166
プロフィール

はやしま Basic Life Supportさんの画像
カテゴリアーカイブ
タグクラウド