CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
はやしま Basic Life Support
最新記事
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
社会福祉協議会での普通救命講習会[2019年03月08日(Fri)]
毎年、この時期に開催されています早島町社会
福祉協議会の福祉活動員さんへの普通救命講習会へ
5名の倉敷市消防局応急手当普及員、2名の岡山市
消防局応急手当普及員を派遣しました。

受講生が40名になりますので胸骨圧迫用マネキンは
当団体が所有しています8台のオールスターが活躍します。
AEDトレーナーは6台が不足するので消防局からお借りしました。

呼吸の確認方法ではペアになり、腹部に軽く手を添える確認方法を
体験してもらい早急に意識なし、呼吸なしを現認しての事後対応が
できるように実践的な訓練をしています。
福祉活動委員さんですので高齢者宅への訪問も想定されるため
体位変換方法も実施しています。

AED使用方法では、使用するマネキンが上半身だけのため
座学で頭のほうから胸骨圧迫している状態でパットを張ることを
伝えていても下半身側からパットを張ろうとする方もいらっしゃいます。
苦肉の策としてマネキンにズボンをはかす方法をメンバーが提案して
今年から実施しています。
しかしながらマネキンの腹囲がズボンのサイズとアンマッチで
はかせられない状態で、次回からはゴムタイプのズボンに変更したいと
思っています(笑)

また、今回の講習会では圧迫止血法及び窒息時の応急手当法を併せて
実施しています。


appaku2.JPG

aed1.JPG

Posted by はやしま BLS at 21:12 | 普通救命講習 | この記事のURL
福島県いわき市 県立高校を訪問[2019年03月08日(Fri)]
昨年で7回を迎えた東日本大震災復興支援
チャリティーコンサート
主催は関連団体の早島絆の会ですが私たちも
基幹構成団体として多くのメンバーが参加しています。

被災後、2ヶ月後に私たちは宮城県石巻市で復旧支援
活動に参加しました。第1回チャリティーコンサートの
収益金は、宮城県の子供たちの支援になればと考えて
宮城県庁へ寄付させていただきました。
第2回目は福島県教育委員会との関係ができて
伊達市立桃陵中学校のコーラス部の中学生を岡山県へ招待し
地元の子供たちと交流し、合唱コンサートを実施しました。
第3-4回は福島県内の教職員や関係者で組織するグループと
地域の合唱団とのコラボレーションコンサートを実施
第5回から7回はいわき市内の高校でフラダンスをしている
フラガールを招待してのコンサートが定着しています。

昨年は好間高校を招待し、500席のホールがほぼ満席になる
コンサートが皆さんのご支援でできました。
今回の訪問は、昨年の御礼と今年の12月に開催するコンサートに
出演していただく高校にご挨拶と出演のお願いに行ってきました。

今年、来ていただく高校では校長先生や顧問の先生2名が対応して
くださり、快く了承をいただきました。
詳細については招待校と最終的な調整が整い次第に、公表します。
フラガール甲子園では毎年、優秀な成績を残している高校です。
12月のコンサートには是非とも、お越しくださいますよう
お待ちしています。


Posted by はやしま BLS at 20:37 | 東日本大震災復興支援活動 | この記事のURL
地域安心マップつくり指導者研修会[2019年03月08日(Fri)]
岡山県警察本部、岡山県教育委員会、岡山県の主催の
地域安心マップつくりに参加してきました。
以前にも同様なセミナーを受けていますが子供たちを
取り巻く環境も、毎年のように変化しているのが現状です。

メンバーの中には少年警察協助員、PTA役員、教職員もいます。
学校ではもちろんですが地域での安心安全街つくりでも指導者と
して活動できれば参加したいと考えています。

学校の登下校などの見守り活動の多くは定年退職された
65歳以上の方たちが担っている場合が多いと思われます。
有事があった際の対応は訓練を受けていない場合や体力的にも
問題があるかと考えられます。
しかし、変質者への抑止効果は高く地域の安心安全活動には
欠かせない活動です。

ひとりひとりが自宅まで帰ることのフォローは不可能です。
そこで大切なことは児童、生徒が危険な場所を認知して
ハザードに近づかないことが大切です。
成人の目線と子供の目線は大きく違ってきますので
目線を下して見ることはマップつくりでは大切なポイントです。

実習では福山大学の防犯ボランティアのゼミ生と一緒に巡回し
防犯マップつくりを体験しました。
私たちも大変、有意義な体験ができたことに感謝しています。
メンバーも機会があればリーダーとして活動することに自信が
ついたと確信しています。
Posted by はやしま BLS at 19:49 | 学校でのリスク管理 危機管理 | この記事のURL
保健体育の授業での外部講師[2019年03月08日(Fri)]
小中学校や高校、専門学校からの要請で
保健体育や現代社会等の授業を担当させて
いただく機会があります。
今回は中学校から保健体育の授業でAEDを
使用した心肺蘇生法の実習の要請があり
講師を派遣しました。

正直言って学校によってはマネキンで遊び
先生に注意を受ける生徒たちもいます。
私が中学生だった時を想像すればそうだった
だろうな?って考えるとそんなもんでしょうね。
今回の中学校は4クラスを担当しましたが
比較的、真面目に取り組んでいたことに関心しました。

大規模災害が発生したときを考えるときに中高生たちは
成人と同様に支援する立場になると思います。
応急手当や心肺蘇生法ができる、できないでは地域防災力に
大きな差が出てくると推測されます。

教育現場でのこのような取り組みは重要なことであり
私たちも今後も継続していく活動だと考えています。
Posted by はやしま BLS at 18:52 | 中学生を対象にした救命救急法 | この記事のURL
節分の鬼にもなります[2019年02月03日(Sun)]
IMG_4323.jpg

当団体の役員やメンバーには生涯学習の一環で作成した
鬼面を作成した者も多数、在籍しています。
今回は、鬼面のボランティア団体の活動に合流させていただき
障がい者通所施設、高齢者福祉施設、保育園、幼稚園、放課後教室
などを訪問して、節分行事に参加させていただきました。
このような地域に密着した活動にも機会があれば積極的に参加
したいと考えています。

IMG_4328.JPG
Posted by はやしま BLS at 23:27 | 生涯学習活動への参加 | この記事のURL
地域防災組織やサロンでも講習会や講演[2019年02月03日(Sun)]
IMG_4322.jpg

昨年の西日本豪雨災害から多くの地域防災組織や地区のサロンなど
比較的に小規模な組織からの防災講座や災害時の救命救護法の
講習要請が、当団体にも多く要請をいただいています。

行政団体や社会福祉協議会を通じても多くの要請をいただいています。
現在のところ任意団体での活動ですのでお受けする回数には限界も
ありますが、日程を調整して可能な限りで対応をさせていただいています。
また、当団体が使用していますオリジナルな資料は無償開催の
講習会などには提供をいたしています。

ご希望がありましたら当団体までご連絡をお願いいたします。
趣旨等を確認をさせていただきPDFでのメール送信、紙ベースでの
送付をしています。
Posted by はやしま BLS at 23:11 | 防災講演会 | この記事のURL
マラソン・駅伝大会への救護班の派遣[2019年02月03日(Sun)]
IMG_4321.JPG

毎年、早島町で開催されますマラソン駅伝大会へは
救護班として医療従事者を含めたスタッフを派遣しています。

今年は、大会本部救護テントへ看護師2名を常駐させ
ランニング救護員1名(通算20kmを走りながら救護活動)
AED積載、救護セット積載のバイク救護員1名
調整員1名の5名で参加しています。

バイク救護員の前方で転倒する選手を発見し、急行し
周囲に応援を求め、救急車手配を要請し、様子観察
応急処置が速やかに行え、救急隊へ引き継ぐ事ができました。
応援に駆け付けたご近所の方のご協力があったことで
スムーズな運営が可能になったこと感謝しています。
ありがとうございました。



Posted by はやしま BLS at 22:55 | 救護班の派遣活動 | この記事のURL
災害時の地域コミュニティー[2019年02月03日(Sun)]
IMG_4311.jpg
IMG_4312.jpg

西日本豪雨災害から間もなく7ヶ月が経過します。
先日、総社市と倉敷市真備町の被災地を訪れて
お話を聞かせていただく機会がありました。

総社市下原地区ではアルミ工場が爆発して大きな被害が
出ました。雨の中、地域の方が避難したにも関わらず
けが人も出すことなく避難所へ無事に移動が完了しています。
画像を見る限りの推測になりますが、当日は瓦やガラスが
散乱しており想像を絶する状況であったと思われます。

この地域では平素より、避難訓練を繰り返し実施していた
とのことですが、一般的な避難訓練ではないことに驚き
地域の結束の強さと、コミュニティの重要さを痛感しました。
雨の日も、夜間の時間帯でも避難訓練を繰り返し行っていたこと
多くの自冶体などで参考にはなっても実際にこれを実行する場合
ほとんどで実行までに多くの障害があってとん挫することが多い
ことと思われます。
地域住民の理解や協力がないとここまでの訓練は不可能です。
新興住宅地やマンション、コーポが増えている私たちの町で
このような訓練を計画してもほぼ、実現は困難と推測します。
地域特性や家族構成特性に相違があることも事実です。
しかし、実際に災害が発生した場合には逃げ遅れなどが
発生することも火を見るより明らかだと思われます。

地域防災に携わる者、団体として今後どのような方法や
手段で自助、共助の重要性の啓蒙するかは大きな課題として
大きくのしかかっています。

真備町の復旧状況も見せていただきましたが
小田川、高梁川の復旧工事は徐々に進んでいましたが
まだ時間がかかります。
被災された家屋の解体も、当初の計画よりも時間が
必要とのことです。
また、被災された方々の生活再建もこれからも大変です。

私たちの団体に今できること、これからできることは
小さな力かもしれませんがコツコツと支援活動を継続
することの大切さを改めて感じた1日でした。


Posted by はやしま BLS at 22:15 | 災害復旧支援活動 | この記事のURL
サッカースポーツ少年団のイベント[2019年02月02日(Sat)]
IMG_4333.JPG

早島サッカースポーツ少年団 交流888大会へ救護班を派遣

本拠地で活動するサッカースポーツ少年団が毎年、実施している
選手や保護者、OBが交代しながら8時間8分8秒を試合を継続する
イベントに救護班を派遣しています。
子ども達より、普段運動をしていない大人がけがをしやすいイベント
何事もなく、終了しました。
私たちの団体の役員の子供たちも多くお世話になっている歴史ある
団体へ少しでも恩返しができたらとボランティアスタッフを派遣しています。
Posted by はやしま BLS at 22:52 | 校外教育活動 | この記事のURL
今年もよろしくお願いいたします[2019年01月08日(Tue)]
IMG_4170.jpg

IMG_4187.jpg
早島町の丘から撮影した平成最後の年の初日の出です

新年あけましておめでとうございます。

といってもすでに1週間以上が経過していますが
広報担当者としての新年の抱負はブログの早期の更新
当たり前のことですができていないことに反省しきりです

さて当団体も設立して今年の10月で10年目の節目に当たります。
当初は役員3名と2名のサポーターの5名で活動を開始しました。
現在では所属する役員、スタッフ25名になり活動内容や活動地域も
広くなってきました。

これは、現在までご支援していただいています方々、各種団体の皆様の
おかげだと思っております。誠にありがとうございます。
また、医療従事者、社会福祉関連従事者、学校教育関連教職員、
消防、警察のボランティアなどなど多くのスタッフの賛同や協力を
得てここまで継続できたことを本当にありがたいと思っています。

会社組織でも10年の事業継続が困難な時勢にここまで任意団体として
活動が継続できたことはうれしく思っています。
しかし、任意団体として社会的な活動を継続していくことはこの10年で
大きく変動してきたことも事実です。
組織ですから活動にはある程度の原資も必要です。その原資を調達する
ことは組織運営上は避けて通れない必要不可欠な事項です。

新年にあたり役員会では、今年10月で10年を迎えるにあたり、
組織や活動の継続のために新な道に舵を取る準備を進めることを
確認しました。時期を調整し臨時総会を開催することも確認しました。

下の画像は、私たちの活動の拠点 岡山県早島町です。
政令市の岡山市、中核市の倉敷市の間に立地するコンパクトタウン
町の西には四国への高速道路の玄関口、また山陰や広島、近畿への
分岐点となる日本でも有数な規模の早島インターチェンジ
北には岡山県流通センターやコンベンション施設のコンベックス岡山
国道2号線の拡張によって物流拠点、都市圏のベットタウンとして現在も
県内の市町村では人口減少がない、岡山県内で人口密度が1位のまち
JR瀬戸大橋・宇野みなと線最寄駅の早島駅南には田園が広がるのどかな
瀬戸内地方の温暖で晴れの国おかやまを代表する教育の町です
IMG_3714.JPG

IMG_3713.GIF

いずれも早島町のホームページから引用しています。


Posted by はやしま BLS at 17:01 | ニュース | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

はやしま Basic Life Supportさんの画像
カテゴリアーカイブ
タグクラウド