CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年06月 | Main | 2013年08月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
「発達障害児 広がる学童保育利用 国の支援 不十分」 ーきょうの「河北新報」が報道 [2013年07月16日(Tue)]

発達障害児 広がる学童保育利用 国の支援 不十分
2013年7月16日火曜日 河北新報
 全国学童保育連絡協議会(東京)が2012年に実施した調査によると、学童保育を利用する全国の障害児は推計で約2万2000人で、2003年の約3倍に増えている。
 2005年施行の発達障碍者支援法で発達障害児の学童保育利用を促進する方向性が示されたことや、共働きと一人親世帯の増加が背景にあるが、国の対策は十分ではない。
 連絡協議会事務局は「障害のある子どもを受け入れると国から指導員1人分の補助が受けられる。ただ、受け入れが1人でも複数でも額が同じという問題がある」と、国の取り組みの不備を指摘している。
 宮城県学童保育緊急支援プロジェクトの池川尚美代表は「発達障害を意識して子どもたちに接することは、すべての児童をやさしくケアすることにつながる」と、学童保育の場での支援の重要さを指摘した上で「子どもがひとり立ちしていく過程を共に歩く場が学童保育。そうした役割を社会全体が理解することが大切だ」と訴えている。
特別支援教育について、文部科学省がパブコメ [2013年07月13日(Sat)]

文部科学省より、学校教育法施行令の一部を改正する政令案に関してのパブリックコメントが出されました。
ご確認の上、ぜひパブリックコメントをお願いいたします。
学校教育法施行令の一部を改正する政令案に関してのパブリックコメント→
厚生労働省が障害支援区分に関するパブコメ [2013年07月11日(Thu)]

 厚生労働省がホームページで、障害者総合支援法の中での障害支援区分に関してのパブリックコメントを求めています。日本発達障害ネットワークは、他の障害者団体と同様に、厚生労働省へのパブリックコメントを呼びかけています。
厚生労働省ホームページ:http://www.mhlw.go.jp/
トップページ>報道・広報>国民参加の場>パブリックコメント(意見公募)>その他のご意見の募集等
意見募集>障害支援区分への見直し(案)について<ご意見募集>
http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p20130701-01.html

※特に今回「読み書き」「感覚過敏・感覚鈍麻」が入りました。
3.意思疎通等に関連する項目[6項目]
3−1 視力3−2 聴力3−3 コミュニケーション3−4 説明の理解
3−5 読み書き3−6 感覚過敏・感覚鈍麻

〆切は7月31日(水)
電子メール提出先:shogaikubun@mhlw.go.jp
「アーチル」の特別講座が7月27日、「重症心身障害者の地域生活の今後を考える」 [2013年07月09日(Tue)]

 仙台市の「アーチル」が7月27日(土)、発達障害特別講座を開催します。
 テーマは「重症心身障害者の地域生活の今後を考える〜医療的ケア対応のケアホームから〜」
 医療的ケアを必要とする重症心身障害の方が地域で生活するにあたっては、住まう場の確保が課題です。今回の企画は、重症心身障害の方を支えてきたご家族と支援者からお話をうかがい、今後の地域生活のあり方について考えるものです。

日 時:平成25 年7 月27 日(土)午後1 時30 分〜4 時30 分
場 所:仙台市障害者総合支援センター(ウェルポートせんだい)2 階研修室1
   (住所:仙台市泉区泉中央2 丁目24-1 「北部アーチル」の隣です)
内容:@インタビュー重症心身障害者のご家族の立場から
    講師 伊藤ひとみ氏
    (アーチル職員)
   A講話ケアホーム「野ぶどう」での実践から
    講師 畠山隆子氏
    (伊達コスモス21 サポートハンズころころ所長)
   B講話重症心身障害児者への支援の現状と課題
    講師 田村和宏氏
     (びわこ学園障害者支援センター所長)
定 員:100名(先着順)
参加申込書は→「アーチル」のトップページから