CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
支援情報交換会(第6回)を2月26日に開催します、チラシができました。 [2011年12月21日(Wed)]

発達支援ひろがりネット主催の第6回支援情報交換会は2012年2月26日(日)に行います。臨床心理士、作業療法士、言語聴覚士という専門職による支援を、当事者と保護者の方々に知っていただくことを考えました。東北文化学園大学のご厚意で、同大学(所在地は仙台市青葉区国見6-45-1)の発達支援教室と共催で開催します。
 詳しくはチラシ(ワード文書、縦型と横型の2種類があります)をダウンロードしてご覧下さい。






120226_a.doc

120226_b.doc
 




発達障害のある人の就労・雇用をテーマに講演とパネルディスカッションが1月12日に [2011年12月20日(Tue)]

 発達障害のある人の就労・雇用を進めることをめざす企画を御案内します。1月12日(木)13時開会、会場は仙台市福祉プラザです。
 発達障害のある人の就労支援のニーズは、年々高まりを見せています。ところが、支援のニーズは多様であることに加えて、支援者側の知識や経験が十分とはいえない場合もあり、支援の難しさに直面している支援者が多いのも現状です。このような状況を踏まえ、発達障害のある方の就労支援に必要なポイントについて学び合うための研修会です。
 厚生労働省から委託されて株式会社FVPが就労支援開発を進めていますが、この事業の方向付けをアドバイスしている関係者による企画です。発達支援ひろがりネットからも副代表が企画委員の一人として参加しています。

 「発達障害者の雇用の現状と支援策について」、宮城労働局 職業安定部 職業対策課 地方障害者雇用担当官の大浦一浩氏がお話しします。
 「発達障害者の特性を踏まえた効果的な支援について」、宮城教育大学 特別支援教育総合研究センター 教授の野口和人氏がお話しします。
 「発達障害者の就労に関する効果的な支援方法について」、実践報告を(株)ウイングル仙台泉センター サービス管理責任者の川島泉氏、社会福祉法人みんなの輪 わ・は・わ 施設長の成田岳氏、宮城障害者職業センター 障害者職業カウンセラーの鈴木和典氏が行います。
 詳しい内容と申込書は添付ファイルをご覧下さい。


120112.pdf
仙台市が仙台市障害者保健福祉計画・第3期仙台市障害福祉計画」(中間案)にパブコメを求めています [2011年12月19日(Mon)]

 仙台市が「仙台市障害者保健福祉計画・第3期仙台市障害福祉計画」(中間案)について、意見を求めています。
 発達障害者支援法が6年前に施行されてから、発達障害が行政の方針の中に確実に位置づけられるようになってきており、前進を感じます。しかし、遅々として「理解と支援」が進んでいないと感じている当事者と保護者も少なくありません。「中間案」では、「多様な障害への対応」という項目で、障害者基本法に新たに盛り込まれた発達障害や高次脳機能障害への対応に努力することが明記されています。震災を経験したことを踏まえて、災害時の障害のある人の安否確認や初期避難に関わることも盛り込まれています。
 パブリックコメントの募集は、平成23年12月20日(火曜日)から始まり、平成24年1月20日(金曜日)(必着)までです。発達支援ひろがりネットは、各会から次回の運営委員会に意見を持ち寄り、それをまとめて提出することにしています。
 書式は自由で、住所、氏名、 中間案に対するご意見(様式自由)を記入して、仙台市障害企画課あてにお送りください。
 郵送の場合は 〒980-8671 仙台市 障害企画課(郵便番号とあて名だけで届きます)
 ファクスの場合は宛先は 022-223-3573です。
 eメールの場合は、 shogai-keikaku@city.sendai.jp までです。
仙台市のホームページの以下のアドレスに中間案とその概要がアップされています。意見を書き込むフォームも用意されています。
 http://www.city.sendai.jp/fukushi/shogai/keikaku/1201086_1719.html