CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が [2011年03月05日(Sat)]

 高機能自閉症、アスペルガー、広汎性発達障害の子どもの保護者の会である「シエルの会」は、毎年一回、お父さんだけが集まる「オヤジの会」を行っています。今日午後6時、「妻の公認で飲める」ことを楽しみに、お父さんたちがイソイソと仙台駅前の居酒屋に集まってきました。午後に福祉プラザで、PDDの人たちの就労体験を聞く集まりがあったので、それに参加した後に立ち寄った人が多かったのです。小学5年生から35歳のお子さんがいる人までで、まずこの一年に学んだこと、お子さんの様子、それぞれの近況を報告しあいました。
  「シエルの会」の情報提供のあり方、学校の教職員との関係のもち方、発達障害に関わる会の連携について、話題がつきません。
 「モンスター・ペアレントと思われたかもしれないけれども、先生の側に発達障害の理解が乏しかったころ、妻と二人で校長、教頭、担任、養護教諭と話し合った」という体験にみんなが共感。「オヤジも、わが子のために、頑張るときは頑張らなきゃ」。
 すっかり出来上がったお父さんをお迎えにきた娘さんがいました。「えっ、こんな素敵なお嬢さんになったの!」−まだ中学生だった頃を知っている会員は少し驚きました。「シエルの会」ができてから11年。活動を積み重ねることの意味をかみしめて、散会しました。


 
障害者職業センターが毎週水曜日、定期的に説明会を開催していることをご存知ですか? [2011年03月01日(Tue)]


110301.pdf
 仙台市宮城野区幸町にある障碍者職業センターをご存知でしょうか?
 障害のある人の就職活動の進め方の相談、就職するための支援、職場適合などを援助している機関ですが、利用をためらっていませんか?
 手帳のない人(発達障害の場合は非常に多いのです)が利用できます。相談は無料です。このことをご存知ですか?
 まずは、添付ファイルをご覧ください。そして、迷っていたら、まず連絡をとってみることをお勧めします。