CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年03月 | Main | 2010年05月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
障がい者制度改革推進会議の第1回総合福祉部会が4月27日に開催され、JDDが意見書を提出しました [2010年04月28日(Wed)]


100426.pdf



 障がい者制度改革推進会議は部会を構成して論議を深める措置をとっています。新たな総合的な障害者福祉法制を検討する総合福祉部会は、4月27日に第一回目の会議を開催しました。日本発達障害ネットワーク(JDDネット)が提出した意見書を添付ファイルで紹介します。ご意見、ご要望は、JDDネット事務局までお送りくださいますよう、お願いいたします。
「シエルの会」が5月16日、「発達の評価」をテーマに講話の会を開きます、見学参加できます [2010年04月26日(Mon)]

 自閉症、アスペルガー、広汎性発達障害の子どもの保護者でつくる「シエルの会」は、5月16日(日)午後1時30分〜午後2時30分、仙台市・福祉プラザの第2研修室 (地下鉄・五橋駅下車)で、伊藤あづさ氏(臨床発達心理士、みやぎ発達障害サポートネット事務局長)を講師に、「発達の評価について−学齢期および就労を迎える時期のために」をテーマにお話を伺います。会員以外の人も無料で見学参加できます。
 伊藤氏のお話のあと、「シエルの会」は同じ会場で2010年度総会を開催します。入会希望を受け付けています。
 今年度の定例会で「シエルの会」は、子どもたちの発達の評価や具体的なアセスメントの方法を学ぶことにしています。発達障害のある子どもたちは、さまざまな状態像を示します。わが子の発達の特徴をつかみ的確な評価をすることは、学齢期に学習の課題をつかんだり、就労を迎える時期に「何に向いているか、就労する上で何が課題か」をつかむ上で不可欠です。
 5月の総会前講話で、子どもたちの発達の特徴をつかむことの重要性、そのためのどんな方法があるかを紹介していただき、7月18日の第一回定例会では、具体的なアセスメント方法と、その活用の仕方について(今のところK−ABCを予定しています)、同じく伊藤あづさ氏を講師に学ぶ予定です。それぞれの講話を単独で聞いていただいても有用ですが、両方を聞いていただくとより効果的です。
「ぼくはうみがみたくなりました」が5月8日(土)仙台市のメディアテークで上映されます [2010年04月24日(Sat)]

 自閉症の青年との出会いを取り上げた映画「ぼくはうみがみたくなりました」の上映会が5月8日(土)、仙台市のメディアテークで行なわれます。原作者の山下久仁明さんが来仙し、トークショー等が行われます。
 会場は、せんだいメディアテーク 7F スタジオシアター。入場料 1,500円 来場者全員に記念品をプレゼント(記念品CD・カード)します。
 上映開始時刻は以下のとおりです。
 午前の部 開場 10:00 開演 10:30
 午後の部 開場 13:30 開演 14:00
 夜間の部 開場 17:30 開演 18:00

主催:みやぎ青年未来塾「ぼくうみ」上映実行委員会
協賛:えくぼ親の会・少年未来塾・ここねっと発達支援センター・みやぎCSC
お問い合せ・申し込みは miyagi_seinenmiraijuku*yahoo.co.jp(*を@に変えてください)
宮城県特別支援教育センターが公開講座を7月と12月に開催します。 [2010年04月18日(Sun)]

 宮城県の特別支援教育センターは、障害のある子どもとその教育への理解を進めることを目的に年2回の公開講座を開催しています。教師、保護者、支援者等が誰でも申し込むことができます。2010年度の予定が以下のように公表されています。詳しくは、宮城県特別支援教育センターのサイト(右側の「お薦めのサイト」にあります)をご覧下さい。

第1回  7月3日(土)13:00〜15:30
会場=宮城県特別支援教育センター
演題「発達障害と精神障害の心の危機とその対応」(仮題)
講師=東北福祉大学せんだんホスピタル 医師 福地成氏

第2回 12月4日(土)13:00〜15:30
会場=宮城県特別支援教育センター
演題「あなたが変われば子どもが変わる〜LD,ADHDの理解と支援〜」(仮題)
講師=えじそんクラブ代表・ 臨床心理士 高山恵子氏
発達協会が主催する今年度のセミナーの予定が公表されました [2010年04月16日(Fri)]

 発達にハンディをもつ人の支援を進めている社団法人「発達協会」は、発達障害のある児童・生徒の支援を進めるセミナーを東京で開催しています。今年の夏に開催する実践セミナー、秋のセミナー、指導力・支援力向上セミナー(10月に開催)の日程が公表されています。このうち、実践セミナーは以下の日程です。
 すべて「発達協会」のサイトから見ることができます。

実践セミナー
受講料:各13,650円(会員12,600円)
会場:東京・有明のTFTビル東館   時間:10:15〜16:20

1期 7/22(木)・23(金)
  1−A 発達の評価を学ぶ−心理検査の活用法を中心に
  1−B ことばや文字の指導の実際−個々に応じた教材づくりのヒント

2期 7/24(土)・25(日)
  2−A 基礎から学ぶ発達障害−特性の理解とより良い支援のために
  2−B 「行動の問題」の見方と対応の実際−集団や社会に適応する力を育てる

3期 7/26(月)・27(火)
  3−A 思春期・青年期の理解と就労支援−発達の課題と将来を見据えたサポート
  3−B 自閉症スペクトラムの子どもの理解とコミュニケーション指導−豊かなやりとりと社会参加を目指して

4期 7/28(水)・29(木)
  4−A 発達障害のある子どもと自己認知・自己評価−アスペルガー症候群・ADHD・LDなどへのアプローチの実際
  4−B 発達障害のある子への保育・子育て支援

5期 7/30(金)・31(土)
  5−A 脳科学をふまえた評価と指導−アスペルガー症候群・ADHD・LDなどの子どもを中心に
  5−B 「不器用さ」の理解とその支援−自己評価と意欲を高める取り組み

6期 8/1(日)・2(月)
  6−A ことばの育ちを支援する−ことばの発達とその障害への対応
  6−B 特別な関わりが必要な子への保育・教育−ひとりひとりのニーズに応えるために

7期 8/3(火)・4(水)
  7−A 社会性のつまずきとその指導−通常学級や通級での指導に活かすヒント
  7−B 発達障害のある子どもの家族への支援
発達障害の代表が「障がい者制度改革推進会議」の部会委員に [2010年04月14日(Wed)]

 日本発達障害ネットワーク(JDDネット)は、新しい障害者法制度を検討している「障がい者制度改革推進会議」に、発達障害のある当事者か関係団体の代表を加えるよう要請していましたが、同検討会議に設置される総合福祉部会の委員に氏田照子氏(JDDネット副代表)が選ばれました。氏田氏は、日本自閉症協会の出身です。
 JDDネットは、これまで主張、提言、要望してきたことを発言していくとともに、辻井正次政策委員長(中京大学教授)を中心に、さらに意見集約を進めていくことにしています。
 発達障害に関わってご意見をお持ちの方々には、ご意見をお聞かせいただくことと、日本発達障害ネットワークへのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 厚生労働省のホームページに、総合福祉部会の案内と4月27日に開催される第1回総合福祉部会の傍聴の申し込みについて、記事が掲載されていますので、ご参照ください。
第44回作業療法学会が6月11日から3日間、仙台市で開催されます [2010年04月12日(Mon)]

 第44回作業療法学会が2010年6月11日から13日まで、仙台市の国際センターで開催されます。専用のサイトが開設されています。
 作業療法士会は日本発達障害ネットワーク(JDDネット)の正会員団体で、作業療法士ならではの支援を担っている方々がいらっしゃいます。
宮城県が、「発達が気になる」と乳幼児の保護者から相談を受けた際の手引きをつくりました [2010年04月10日(Sat)]

 宮城県は、市町村の乳幼児健診や、幼稚園・保育所等から、乳幼児の発達に関する相談があった場合の手引きをつくりました。市町村の担当者に活用してもらうことを想定しています。宮城県のホームページに掲載され、無料でダウンロードできます。アドレスは以下のとおりです。
 「発達が気になる子どもの親支援のために―第一版」
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD [2010年04月06日(Tue)]

 映画「パーシー・ジャクソン とオリンポスの神々」が宮城県でも上映中です。
 原作は、アメリカで児童書部門でハリーポッターを上回るベストセラーになった人気作品。
 主人公のパーシー・ジャクソンはLD(ディスレクシア=文字がうまく読めない難読症)があり、ADHD(注意欠陥多動性障害)の青年として描かれています。しかし、実はギリシャ神話の神ポセイドンの息子という設定。難読症でも、古代ギリシャ語が頭脳にインプットされていて、文章の中に隠されたギリシャ語も判別できるという特殊能力をもっています。 ADHDでじっとしていることができないのも、並外れた反射神経と運動神経に恵まれ、格闘能力にすぐれているからだという設定です。
 自分に自信がない青年が、デミゴッドである自分の能力に目覚めていくストーリーです。貴種流離譚は、洋の東西を問わず語り伝えられている物語の形式ですが、発達障害が神の子である本能として描かれている点は、これまでにない特徴です。
 原作者はアメリカのリック・リオーダンで、息子さんにギリシャ神話を語り聞かせているうちに小説化をせがまれたとのことですが、その息子さんはLDだそうです。アメリカでは国民の約1割にLDの症状が見られるといいます。
 映画の監督は、ハリーポッターの第1作、第2作の監督として知られているクリス・コロンバス監督ですが、お嬢さんがLDで、「この作品は娘とのきずなから生まれた」と打ち明けています。
第6回 障がい者制度改革推進会議(3月30日)の模様がウォッチング障がい者制度改革推進会議のサイトにアップされています [2010年04月05日(Mon)]

 第6回障がい者制度改革推進会議(3月30日)の模様がアップされています。
 次回の第7回会議は、平成22年4月12日(月)13:00〜17:00、霞ヶ関の合同庁舎第4号館 2階 220会議室で開催されます。議題は、以下の6つが予定されています。
 (1)交通アクセス
 (2)建物の利用
 (3)情報へのアクセス
 (4)所得保障
 (5)障害者施策の予算確保に向けた課題等
 (6)その他

| 次へ