CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年11月 | Main | 2010年01月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
大学入試での発達障害のある人への「合理的配慮」について―上野一彦先生が発言しています [2009年12月30日(Wed)]

 日本発達障害ネットワークの理事、日本LD学会会長の上野一彦先生が、日本教育新聞(12月21日付)で発言し、同じ内容が上野一彦先生の教育ブログ(12月25日付)に掲載されています。
 センター入試で障害のある人が受けられる特別措置、今後の課題等について発言しています。発達障害のある人が「理解と支援」の必要な個性の持ち主だという点に、日本社会全般で理解が進み、配慮が国民的合意になることを念願します。
平成22年度予算に関わって、応益負担軽減策について「きょうされん」が緊急声明 [2009年12月27日(Sun)]

 平成22年度予算政府案が示されましたが、障害者自立支援法に関わる応益負担軽減策について、成人期の障害者の就労、活動、生活を支援している全国の事業所で構成している「きょうされん」が、24日に緊急声明を発表しています。
平成22年度予算の政府案が示されています [2009年12月26日(Sat)]

 平成22年度予算政府案が公表され、ネット上では財務省のサイトから関係資料を見ることができます。予算は、政府の顔です。どんな政治を進めようとしているかは、予算を良く見ればわかります。 
 多くの障害者団体が、新政権に対して、前向きに政策が変わることを期待し、一方で不安も抱きながら、その動向を注視しているのではないでしょうか。障害者施策はどうあるべきか、大きな模索が始まっているのではないかと思います。こういう時期は、情報の共有化が大切です。このブログでは、情報提供と、障害者団体、学会、職能団体のコメントを順次紹介することにつとめたいと思います。

 各省庁毎に予算の特徴が紹介されており、発達障害者支援を含む社会保障関係予算のポイント、特別支援教育を含む文部・科学技術予算のポイントがアップされています。

「アーチル」のフォーラムで堀田力氏が講演、申込受付が12月7日からスタートしています [2009年12月18日(Fri)]

 仙台市の発達相談支援センター「アーチル」が、発達支援フォーラムを2010年1月10日(日)に計画しています。13時30分開会の予定で、堀田力氏(さわやか福祉財団理事長)が、「自分の人生の主人公として生きるとは…」と題して講演します。会場は、仙台市の青年文化センター シアターホールで(地下鉄・旭ヶ丘駅下車)、参加費は無料です。
 参加申込は12月7日から受け付けが始まっています。「アーチル」のサイトをご覧下さい。
知障専(宮城県特別支援教育研究会知的障害専門部)のサイトをリンクに追加しました [2009年12月17日(Thu)]

 宮城県特別支援教育研究会知的障害専門部(事務局:光明支援学校)のHPが開設されています。関係者は通称「知障専(ちしょうせん)」と呼んでいます。県内の知的障害特別支援学校・特別支援学級のほとんどが加盟している研究会です。夏の研修会、知的障害教育専門部だより、手引きの発行(約3年に1回)などの活動を行っています。「夏休み帳」・「冬休み帳」,「フリー教材」などダウンロードできます。
日本発達障害ネットワークのめざすものを確認しながら、組織と運動の発展方向をめぐり熱い討論 [2009年12月16日(Wed)]

 12月12日と13日の二日間、武蔵野市の成蹊大学で日本発達障害ネットワーク(JDDネット)の年次大会が開催されました。盛りだくさんの企画の中で、各都道府県で活動しているエリア会員の代表が参加してJDDの今後の活動方向をめぐって意見交換する大会企画があり、宮城県から二人が参加し発言しました。
 JDDには、各方面から大きな期待が寄せられていますが、それはいまJDDが用意できる範囲を質量ともにはるかに上回っているようです。各団体でなすべきこと、ネットワークで担うべきこと、この二つの峻別が求められており、田中康雄代表から現状の報告と問題提起をしていただき、JDDが直面している課題を共通認識にするための意見交換がまず行われました。
 「加入している具体的メリットがほしい」というエリア会員の率直な声に対して、宮城県の参加者が、JDDの現状から出発して考える立場から発言。「現状を踏まえれば、エリア会員は一方的に理事会にサービスを求めるのではなく、まず自分もJDDの一員とする立場に立つべきではないか」「エリア会員は、責任のある参加の仕方をして、そこからメリットを得ていくべきではないか」「理事会に負担をかけることのない方法で、エリア会員相互が情報交換できる仕組みをつくるなど、さしあたり実行できることから具体化してはどうか。具体的には、エリア会員間の情報提供・情報交換のためのメーリングリストまたはオンラインストレーいサービスなどを検討できないか」と、建設的な提案を行いました。出席者から、類似の発言が続いたこともあり、田中代表が理事会での検討を約束しました。
 発達障害に関わる団体は、各地で活発に活動していますが、都道府県内で関係団体が何らかの方法で連絡を取り合っているところは、臨床心理士会の倭文真知子氏が把握している限りではまだ24都道府県で、ネットワーク形成が始まっているところは12都道府県にとどまっています。発達支援ひろがりネットは、JDDネット初代代表の山岡修氏が示した提案にもとづいて活動を具体化し、地方自治体の行政の到達点をモニタリングする活動も試みていますが、こうした実践例はまだ少ないのが実情です。宮城県の発達支援ひろがりネットのこの間の努力と、ネットワークのあり方をめぐる模索は、今回の討論で多少の貢献になったのではないかと思っています。
 それにしても。討論で見られた参加者の熱情はすばらしいものでした。
 法制度の外に置かれる続けてきた発達障害を光の中に押し出したのが発達障害者支援法の施行(2005年4月)でした。この法律の施行にコミットする使命を帯びて誕生した発達障害ネットワークというミッションを必ず成功させたい―個々の問題で見解の相違があっても、ここに参加者の共通する思いがあることを感じました。
 あっという間に3時間半が過ぎ、終了時に気がつくと、大学の窓の外は真っ暗になっていました。
特別支援学校の整備を求める請願を宮城県議会が全会一致採択 [2009年12月15日(Tue)]

 宮城県内の特別支援学校の保護者や教育関係者でつくる「支援学校の増設を求める会」が、12月8日に3万筆を超える署名を添えて宮城県議会に「特別支援学校の整備に関する請願書」を提出していました。文教警察委員会で11日に審議されて全会一致で採択されたのに続き、15日の本会議でも全会一致で採択されました。
 この請願は、@特別支援学校に在籍する児童生徒数の今後の推移を勘案し、特別支援学校を計画的に整備してください、Aとくに児童生徒数の増加が著しい仙台圏については、特別支援学校の整備を行い、早急に過大過密の状況を解消してください―の二項目を要望しています。
 発達障害のある児童生徒は、通常学級、特別支援学級、特別支援学校に在籍しており、私たちはそのすべての教育環境の改善とインクルーシブ教育の前進を願っています。
 宮城県では、児童生徒数が増加しているにもかかわらず、特別支援学校の新増設が進まなかったため仙台圏の学校を中心に教育条件が悪化し、その改善を求める声が各方面から寄せられていました。
障がい児の放課後のつどい―1月23日にせんだいメディアティークで [2009年12月14日(Mon)]

 小学生の児童デイサービス、中高生のタイムケア事業を手がけている仙台市内の事業所で構成する「放課後ケアネットワーク仙台」の主催で、1月23日(土)13時より、せんだいメディアテーク一階オープンスクエアで、第7回「障がい児の放課後づくりのつどい」が開催されます。
 「余暇の重要性について」、可野裕一氏(社会福祉法人 つどいの家 コペル施設長)と米倉尚美氏(社会福祉法人 みずきの郷 ひかり苑施設長)の二人が基調講演。放課後ケアの役割をテーマにしたパネルディスカッションが行われます。
 参加費は無料、定員300人。託児があります(事前申し込みが必要)。申し込みは「せんだんの杜 杜の子ハウス」までで、電話は022−303−5170(受付時間は10時〜15時)、FAXは022−303−5178まで、E mailでも申込ができます。
 詳しい案内と申し込み用紙は添付ファイルをご覧下さい。

100123.pdf
「事業仕分け」と特別支援教育―上野一彦先生のブログが面白い [2009年12月08日(Tue)]

 「事業仕分け」と特別支援教育について、上野一彦さんが(日本LD学会会長)がブログに興味深いコメントを掲載しています。
2010年4月3日に、「発達障害啓発週間(4月2日〜8日)」の取り組みとして身近に使える支援機器や書籍の展示、サポートブックづくり等のワークショップを開催します。 [2009年12月06日(Sun)]

 発達支援ひろがりネットは、12月3日の運営委員会で、「発達障害啓発週間」の取り組みについて協議しました。
 国連が4月2日を自閉症啓発デイと定めたことを契機に、日本では4月2日〜8日を「発達障害啓発週間」とし、日本発達障害ネットワーク(JDDネット)等がこの期間内に各地で取り組みを具体化しています。
 そこで、発達支援ひろがりネットは、仙台市のシルバーセンター第一研修室を会場に、2010年4月3日(土)に「身近に使える支援機器展〜みる、しる、ふれる、つくる」(仮称)を開催することにしました。発達障害に関心のあるすべての県民においでいただきたいと考えています。発達障害のある人の支援に身近に役立つ器具および書籍を紹介し、その活用の仕方を身につけるワークショップの開催を考えています。
 企画の詳細は、次回以降の運営委員会で具体化し、このブログで順次紹介します。