CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年10月 | Main | 2009年12月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
就労支援の梅永雄二氏を講師に迎えて研修会 [2009年11月30日(Mon)]

  「発達支援ひろがりネット」は、中小企業の社長さんたちをはじめとした有志でつくる「団塊世代」活動センター」と提携して、発達障害のある青少年に対するキャリアカウンセリングと就労体験機会の提供を行う「実践社会塾」に取り組んでいます。
 この事業の一環として、宇都宮大学の梅永雄二教授をお招きして研修会を開催します。梅永先生は、就労支援の第一人者です。
 申込書と案内チラシを添付ファイルで紹介いたします。
 定員に達したら締め切りますのでご了解下さい。

「発達障害を含む特別支援教育におけるNPO等活動体系化事業」研修会
日時 12月13日(日) 14:00〜16:00(開場13:30)
場所 仙台市宮城野区榴岡4-1-8 パルシティ仙台5F
仙台中央市民センター 第1セミナー室
演題 「発達障害者のキャリア教育と就労支援」
講師 宇都宮大学教育学部 特別支援教育専攻  梅永雄二教授
参加費    1,000円/1人

091213.doc

仙台市営地下鉄に転落防止のホーム柵が設置されつつあります―視覚障害のある人も、多動・衝動性のある人も安心 [2009年11月29日(Sun)]

  写真は、11月28日から供用が開始された五橋駅のホーム柵です。仙台市の市営地下鉄では、いま各駅のホームで転落防止のホーム柵を設置する工事が進行しています。工事は、南の終点の富沢駅で9月26日からから始まり、順にその北隣の駅に移るというやり方で進行しています。供用開始は、最初の富沢駅が10月17日で、北の終点の泉中央駅は2月20日の予定です。
 ホームからの転落を防止するホーム柵の設置は、視覚障害者の団体が繰り返し要望していました。仙台市議会でも設置を求める声が高まり、仙台市交通局が2年前に設置を決断したものです。多動性や衝動性のある人が誤って転落することが無くなるので、発達障害に関わる人々にとっても歓迎できることです。


「アーチル」の特別講座で大川弥生氏(国立長寿医療研究センター)が2月に講演 [2009年11月28日(Sat)]

 「アーチル」は、発達障害特別講座を年明けの2月27日に予定しています。「ICFとリハビリテーション」ー人間「復権」への挑戦ー(仮題)をテーマに大川弥生氏(国立長寿医療研究センター)が講演します。会場は仙台市の青年文化センター シアターホール(地下鉄・旭ヶ丘駅下車)で、開会は午後2時の予定です。入場は無料です。
 詳しい案内は、「アーチル」のサイトからご覧下さい。申込受付は、新年からになる見込みです。
発達障害のある思春期の生徒の学習支援をテーマに公開講座 [2009年11月26日(Thu)]

 発達障害のある児童生徒はしばしば学習のつまづきを抱えていることが多く、その心理特性をつかんだ対応とあわせて、学習そのものをどのように支援していくかが大切な課題になっています。
 宮城県特別支援教育センターは年2回の公開講座を開催していますが、12月12日(土)13時から開催する公開講座で、このテーマを取り上げます。「発達障害のある児童生徒の具体的な学習支援」〜思春期における支援の実際〜と題して月森久江氏が講演します。月森氏は東京都杉並区立中瀬中学校の教諭、早稲田大学大学院の講師(非常勤)で、自らの教育実践をふまえたお話を聞かせていただけることに期待が集まっています。
 定員は140人です。
 問い合わせ、申込は宮城県特別支援教育センターのサイトをご覧下さい。
また障害者の雇用率が低下しました [2009年11月25日(Wed)]

 宮城労働局が、宮城県内の障害者雇用の状況を公表しました。6月1日現在で対象1119社のうち1.8%の法定雇用率を満たしている事業所は506社で45.2%にとどまり、昨年同時期より0.2ポイント低下しました。低下は2年連続で、深刻な不況が障害者にはとくに影響を与えていることが数字で裏付けられた形です。
 産業別では、情報通信が20.5%でもっとも低く、教育学習支援が26.9%、卸小売業が31.0%となっています。
 発達障害のある人の雇用を法定雇用に反映するとともに、障害者雇用を全体的に改善する法制度の整備、雇用に意欲をもつ事業所に対するノウハウや経営の支援、当事者に対する支援等が求められています。
第4回支援情報交換会を開催しました [2009年11月22日(Sun)]











































あのノースカロライナ大学TEACCH部が存亡の危機に―服巻智子さんがブログに紹介 [2009年11月12日(Thu)]

 自閉症支援の歴史を変えてきたアメリカ・ノースカロライナ大学のTEACCH部が、存亡の危機にあることを、服巻智子さんがブログで紹介しています。11月10日付のブログからお読み下さい。
第4回支援情報交換会(11月21日)の案内チラシです、参加申込を受付けています [2009年11月11日(Wed)]

〜厚生労働省の日詰正文氏と文部科学省の樋口一宗氏をお招きして〜
  「発達支援ひろがりネット」は、参加13団体と個人会員が手をつないで、各分野のご協力をいただきながら「発達障害に関する理解と支援を進める」ことをめざして、毎年「支援情報交換会」を開催しています。今年の支援情報交換会は、11月21日(土)、仙台市の戦災復興記念館で開催します。
 今回は、発達障害のある人への支援(特別支援教育、就労支援、地域生活支援)の現状を明らかにすることと今後の課題の発見を目的としています。国の施策の方向性と支援手法の研究開発の動向を紹介し、宮城県内でこれから進めるべき取り組みを再考し、発達障害に関わる人たちが集うことで連携をさらに進め、新たなサービスや支援を産み出していくことを期待しています。
 当日おいでいただく厚生労働省の日詰正文氏と文部科学省の樋口一宗氏は、発達障害者の支援及び高校における特別支援教育を行政面において第一線で進めている方々で、今後の進むべき方向について助言をいただきます。多くのみなさまにご参加いただき、いまある支援をより効果的に活用する方法を見出していきたいと考えています。


091121.pdf
※タイムテーブルや内容、申込方法は、添付ファイルをご覧ください。
 
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 [2009年11月10日(Tue)]

 ADHDの保護者団体である「えじそんくらぶ『森杜』親の会宮城」は、 このたびサイトをブログに移行し、アドレスが変更になりました。新しいブログのアドレスは以下のとおりです。
http://blog.goo.ne.jp/miyagi-morimori
「アーチル」が11月29日、「自分の人生の主人公として生きる」をテーマに、セミナー [2009年11月09日(Mon)]

 仙台市発達相談支援センター「アーチル」が、11月29日(日)13時30分より、仙台市役所8階ホールで「自分の人生の主人公として生きる」をテーマに、青年期・成人期の発達支援にも触れて、療育セミナーを開催します。
 白石恵理子氏(滋賀大学教育学部教授)の講演、保護者と子どもによる対談などが予定されています。
 参加申込の受付は11月6日からスタートしました。定員は360人です。詳細は添付ファイルをご覧ください。

091129.pdf
| 次へ