CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年06月 | Main | 2009年08月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
支援情報交換会を11月21日(土)に開催することを確認しました−7月16日の運営委員会で [2009年07月28日(Tue)]

 今年度の支援情報交換会を11月21日に開催することを確認しました。7月16日の運営委員会で確認したもので、会場はいまのところハーネル仙台を予定しています。詳しい開催要項は、決定次第にご案内いたします。
特別支援学校の増設を求める署名運動ー地元テレビ局等が報道 [2009年07月27日(Mon)]

 特別支援学校に関わる保護者や教職員が、特別支援学校の増設を求める署名運動を始めたことが22日の東北放送テレビ等で紹介されました。
 署名運動を始めたのは、知的障害のある児童、生徒が通う特別支援学校の教職員らでつくる「特別支援学校の増設を求める会」(佐久間徹代表)で、21日に県議会の各会派に働きかけ、そのあと記者会見をしました。新たな支援学校の建設を求める署名活動は、10万筆が目標で、12月の県議会に提出する予定です。同会は今後、街頭でも署名を呼び掛ける意向です。
 仙台圏を中心に、特別支援学校が不足していることは、各方面から指摘されています(「朝日新聞」6月27日付けの報道)。特別支援学校に通う児童、生徒数は10年で1.3倍に増えており、とくに光明(仙台市泉区)、名取、利府の各支援学校では生徒増に対応するためにプレハブ校舎を整備したり、特別教室を普通教室に転用したりしており、その分の教育環境が悪化していることが指摘されています。
 同会の連絡先は電話022(234)1335。署名用紙はこちらのサイトで公開されています。

「えくぼ」のリンク先を変更しました [2009年07月26日(Sun)]

 宮城県発達障害者支援センター「えくぼ」のリンク先を、新しく開設されたブログに変更しました。
生きづらさを抱えた人たちの表現のお祭り―せんだいメディアテークで8月22日に「ひとエコまつり」 [2009年07月24日(Fri)]

 NPO法人「黒川こころの応援団」が、今年も「ひとエコ祭り」を開催します。8月22日(土)13時から、会場は仙台市青葉区のせんだいメディアテークで、入場は無料です。
 案内チラシをPDFファイルで紹介します。

090822.pdf
日食は見えるかなあ? [2009年07月19日(Sun)]

 写真は1999年の皆既日食のもの。

「フリースクール煌」の「さをり本舗ねこや」が7月18日に開所式 [2009年07月17日(Fri)]

 就労継続支援B型事業所「街喫茶さをり」の出張所「さをり本舗ねこや」が7月13日からスタート、開所式が明日18日(土)14時から開かれます。
 開所を記念して、さをり織り創始者=城みさをさんのお孫さんにあたる城哲也さんが講演します。楽しいお話、さをり織りの魅力を語っていただく予定です。
 営業時間は月〜金曜日の10時から17時までです。所長は「フリースクール煌」の植村暢子さん、マスターは植村達也さんです。
 地図を添付します。

090718.pdf


東北文化学園大学が発達障害をテーマに8月9日にフォーラム [2009年07月16日(Thu)]

 東北文化学園大学が8月9日(日)に仙台市のホテルメトロポリタンで第7回医療福祉フォーラムを開催します。大学の創立10周年を記念する企画ですが、「発達障害とともに〜子どもから大人まで」をテーマに、講演とフォーラムが行われます。詳細と申込方法は添付ファイルをご覧下さい。

090809.pdf
NHK教育テレビで、発達障害をはじめ「つまずき」のある子どもたちを支援する番組が放送されています [2009年07月09日(Thu)]

 NHK教育テレビでは、毎週月曜日と水曜日の週2回、9時45分から10時まで、「花影忍法帳 コミ☆トレ」を放送しています。
 「落ち着きがない」「一斉授業や遊びに参加するのが苦手」「友だちとトラブルを起こしやすい」など、学校生活の様々な場面でつまずく子どもたちがいます。「コミ☆トレ」は、こうした子どもたちを支援する特別支援教育の番組です。
 平成19年度から進められている特別支援教育は、養護学校などに通う子どもたちだけでなく、普通学級に通うLD(学習障害),ADHD(注意欠陥多動性障害),高機能自閉症などの子どもたちも対象にし、子どもたちのニーズにあわせた支援をしようというものです。この番組は、つまずきを抱える子どもたちだけでなく、広く子どもたちがコミュニケーションの技術や社会参加の技術を学ぶ教材となることを目指しています。同サイトには,放送シナリオや印刷用教材も掲載されているので、家庭での支援や学校での指導に活用できます。
 NHKのホームページから、「花影忍法帳 コミ☆トレ」のページをご参照下さい。


「アーチル」が7月26日に開催する療育セミナーは、7月8日から申込を受け付けます [2009年07月08日(Wed)]

 仙台市の発達相談支援センター「アーチル」の平成21年度療育セミナーが7月26日に開催されます。会場は、今年四月に開所した「のびすく泉中央」の4階プラザ・ホールです。
 「自分の人生の主人公として生きる  とは」と題して、姫路市総合福祉通園センター「ルネス花北」所長の宮田 広善氏、仙台市「なのはなホーム」園長の加々見 ちづ子氏の二人の講師による構成です。
 先着200人まで、参加申込の受付はメール、FAXで7月8日から受け付けます。
 お問い合わせは、電話 : 022-375-0110(代表)  FAX : 022-375-0142 まで。
 案内チラシは「アーチル」のサイトに掲載されています。
「毎日新聞」が特別支援教育の現状をレポート―生み出されている実践と制度の不備を指摘する声を紹介 [2009年07月07日(Tue)]

 「毎日新聞」は、「新 教育の森」という特集記事で、教育のいまを特集しています。7月4日付の紙面に、井上俊樹記者の署名入り記事が掲載され、特別支援教育が取り上げられました。紙面の3分の2を使った充実したレポートです。
 「発達障害の子供が落ち着き取り戻す―特別新教育のいま…個々のニーズに応じて」という見出し。
 長野市の市立三本柳小学校の通級教室がとりあげられ、コミュニケーションにとれない子どもに対して少人数グループによる指導で対人関係を形成していく狙いで行われている実践を紹介しています。また、きめ細かい学習指導で、子どもたちが授業に集中できるようにり、学校全体も落ち着いてきた変化をレポートしています。

 特集記事は、大阪市で6月21日に開かれた「全国LD親の会公開フォーラム」での専門家の発言を紹介するという形で、現状の特別支援教育の制度上の不備や問題点を紹介しています。
●通級教室の設置が遅れている
 上野一彦・日本LD学会理事長は、通級指導教室の設置の遅れを指摘しています。文部省の調査では、2008年5月1日現在、通級指導を受けている児童生徒は4万9685人(小学生4万6956人、中学生2729人)。このうち、自分の学校内にある通級教室に通っているのが38.4%で、58.8%が他校通級でした。対象者は小中学校合わせて毎年4,000人以上のペースで増えているにもかかわらず、国の2008年度予算に盛り込まれた通級指導のための人員増は300人にすぎません。
●教員の専門性の向上を
 柘植雅義・兵庫教育大大学院教授は、教員の専門性に関して指摘しています。英米では、日本の特別支援教育コーディネーターにあたる人材の大半が大学院で専門教育を受けているのに対して、日本では4%程度にとどまるというデータを示し、「特別支援教育の中核となる人材がこれでいいのか」と、問題提起しました。
●大幅に立ち遅れている高校の支援、通級教室と特別支援学級を都道府県の判断で実施を
 文科省の2008年度の調査では、生徒への個別指導計画を作成している高校は10.9%にすぎず、小学校(82.3%)、中学校(71.2%)との差は歴然としています。制度上、高校には通級指導教室がなく、特別支援学級の設置例もほとんどありません。特集記事は、柘植教授が「個におうじた指導を充実させるには高校でも通級指導が必要。国が行わないのならば都道府県が独自予算を付けてでも実施すべきだ」と訴えたことを紹介しています。
| 次へ