CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年12月 | Main | 2009年02月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
「にゃっきーず」を紹介いたします [2009年01月10日(Sat)]

 特定非営利法人「にゃっきーず」(横山園子代表)は、平成17年11月に発足した法則化サークル Knyackies が前身で、特別支援教育に取り組む教師と医師の学習会としてスタートし、年に数回の学習会を行い,特別支援教育に関わる問題について,学校や保育所,幼稚園,家庭での対応や学習・生活のさせ方について、専門の医師や教師から学ぶ活動を続けてきていました。
 平成18年6月に学校教育法等の一部を改正する法律案(いわゆる特別支援教育法)の成立を受け、運営基盤を強固にするためにNPO法人格を取得。 教師だけでなく保育士、研究者、臨床医、看護師、保健師、保護者など、子どもに関わるすべての方々と連携して、特別支援を必要とする子どもに、手をさしのべる取り組みを進めています。宮城を中心に、岩手、秋田、山形、新潟、東京でも勉強会などの活動を行っています。
 詳しくは、ホームページをご覧下さい。
自閉症協会宮城県支部が2月14日、「わかりやすい自閉症講座」 [2009年01月09日(Fri)]

 宮城県自閉症協会が、「わかりやすい自閉症講座」を開催しています。
 2月14日(土)10時より、本田秀夫氏(医師、横浜市総合リハビリテーションセンター医療課長)を講師に迎えた講座を、仙台市の福祉プラザ(2階、ふれあいホール)で開催します。
 定員は300人。案内の詳細と申し込み用紙は添付ファイルをご覧下さい。
 

090214.pdf
「えじそんくらぶ」が、AD/HD治療薬の成人への早期適用を要望しました [2009年01月08日(Thu)]

 昨年末の12月22日付で、「えじそんくらぶがAD/HDの当事者団体として、厚生労働省に要望書を提出しました。


2009年度予算のうち、発達障害関連予算の概要がわかりました [2009年01月07日(Wed)]

 来年度予算の政府案に内示されている概要がわかり、日本発達障害ネットワーク(JDDネット)のホームページに公表されています。文部科学省(特別支援教育予算等)、厚生労働省の各予算の概要がPDFファイルにまとめてあります。
 色が変わっている文字の部分をクリックすると、JDDのサイトのうち、該当するページが表示されます。
特別支援教育の支援員の配置状況(都道府県別) [2009年01月06日(Tue)]

 公立小中学校における特別支援教育支援員(介助員及び学習支援員等)がどの程度活用されているか、文部科学省のサイトに2008年5月1日現在の状況が示されています。

「えくぼ」が丸岡玲子さんを講師に迎えてセミナーを開催します [2009年01月05日(Mon)]

 宮城県発達障害者支援センター「えくぼ」が、1月31日(土)にセミナーを開催します。
 会場は、仙台市青年文化センターで、午前は「えくぼ」の専門相談員である白石雅一氏の実践報告で、「課題をつかった<やり−とり>」と題してお話します。また、11時からは「学齢期における発達障害児への支援」の実践報告として、県教育委員会の取り組みを渡邊 康男氏(県教育庁特別支援教育室教育指導班室長補佐)がお話します。
 午後の基調講演は、12時40分の開会で、「楽しみな将来のための今日の一歩〜ノブが教えてくれたこと〜」と題して、丸岡玲子氏(NPO法人「ふぁみりぃNOTE」理事長)がお話します。丸岡さんは、サポートブックの発案者であり、理事長を務めるNPO法人では、講演やセミナーを通じた発達障害に対する啓発活動、支援グッズの普及等に取り組まれております。
 定員は150名。参加申込の締め切りは1月26日(但し、定員に達し次第締め切ります)なので、お早めにお申込下さい。
 「えくぼ」のお知らせのページへのリンクはここをクリックして下さい。
しょうがいがあっても、安心して医療を受けるために [2009年01月04日(Sun)]

 しょうがいをもつ本人や家族は、医療を受ける時に「しょうがいに配慮してもらえない」「本人が異常を訴えても、わかってもらえない」ことがあります。どうすれば安心して医療を受けることができるか、いっしょに考えるセミナーが、1月31日、「地域生活も子ばなれもしよう会」の主催で開催されます。
 チラシ、参加申込書を添付ファイルで紹介します。

090131.pdf
「ここねっと」の案内です [2009年01月03日(Sat)]

 「ここねっと」の「わんぱくクラブ」の1月の活動予定をご案内します。

090104_coco1.pdf





 「ここねっと」が1月31日と2月1日の二日間で企画している就労・自立生活支援の活動「ステップここ」の活動予定をご案内いたします。こちらは、1月17日日までの申込になっています。

090131_coco2.pdf
4月2日の“世界自閉症啓発デー“(World Autism Awareness Day)のロゴマークを紹介します [2009年01月02日(Fri)]

 4月2日から8日までは「発達障害者啓発週間」です
 国連が4月2日を「世界自閉症啓発デイ」(World Autism Awareness Day)と定めました。日本発達障害ネットワークは、4月2日から8日までを「発達障害者啓発週間」とし、発達障害に関わる啓発を進める取り組みを呼びかけています。

“世界自閉症啓発デー“(World Autism Awareness Day)のロゴマークを紹介します。
2009年を、発達障害の理解と支援を進める確かな歩みを重ねる年に [2009年01月01日(Thu)]

 みなさん、新年おめでとうございます。
 障害に関わる市民運動は、日本の国会で国連・障害者権利条約が批准され、障害者自立支援法の抜本的な改善をはじめとした関係する国内法が整備され、あらゆる障害に対する社会の理解と支援が進むことをめざしています。
 私たちは、宮城県で発達障害に対する理解と支援を進めることを通じて、社会の進歩をうながすことにささやかな貢献をしたいと願っています。
 手をつなぐ取り組みを進めて、今年も確かな歩みを進める年にしたいものです。情報やご意見をお寄せくださいますよう、お願い申し上げます。