CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年11月 | Main | 2009年01月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
厚生労働省が主管課長会議で「世界自閉症啓発デイ」の取り組みを指示 [2008年12月26日(Fri)]

 厚生労働省は、12月25日、障害保健福祉関係主管課長会議を招集しました。主要な議題は、平成21年度予算のうちの障害者福祉関連の説明と障害者自立支援法の見直しですが、会議の中で毎年4月2日を国連が「世界自閉症啓発デイ」としたことを改めて徹底しました。
 これまでに、4月2日に東京でシンポジウムを開催することが決まっています。日本自閉症協会を中心とする実行委員会が主催し、厚生労働省が共催します。4月4日には札幌市で、4月5日は大阪市で、啓発活動が取り組まれることが決まっています。
 添付ファイルで資料を紹介します。

081226.pdf
内山登紀夫氏が福島大学教授に、2月26日に講演会 [2008年12月26日(Fri)]

 自閉症など発達障害臨床の第一人者で、大妻女子大人間関係学部の内山登紀夫教授(52)が、来春から福島大大学院教育学研究科の教授に就任することがわかりました。
 内山教授は、順天堂大医学部を卒業後、児童精神科医として東京都立梅ケ丘病院などで、多くの発達障害の子どもたちを診てきています。現在、院長を務める横浜市の「よこはま発達クリニック」は、全国から診察希望者が訪れています。また、児童精神科医としてだけではなく、自閉症の人への治療と教育の支援プログラム「TEACCH」を日本に 紹介し、「自閉症治療スペクトラム」や「高機能自閉症・アスペルガー症候群入門」などの著書があります。
 内山登紀夫教授は来年2月26日、「広汎性発達障害に対して教師や家族ができること」と題し、福島大学で講演を行う予定です。定員350人で無料。問い合わせは福島大学総合教育研究センター(024・548・8112)へ。

「ここねっと」の長期休暇プログラムを紹介します [2008年12月19日(Fri)]

 まもなく学校は冬休みです。発達障害のある子どもの保護者にとって、長期休暇をどのように過ごさせるかは悩みのタネです。「ここねっと発達支援センター」は、この冬も長期休暇プログラムを提供します。12月24日〜27日までと1月5日〜7日まで、一日ごとに申し込んでください。定員は一日あたり5人を予定しており、経費負担は一日4千円です。詳しくは添付ファイルをご覧下さい。

coco.pdf
日本発達障害ネットワークの第4回年次大会が [2008年12月16日(Tue)]

 12月13日と14日の2日間、東京・目白大学の新宿キャンパスで日本発達障害ネットワークの年次大会が開催されました。年次大会のプログラム等は、JDDネットのホームページからご覧下さい。
 年次大会の最後の時間帯で、日本発達障害ネットワークの役割やあり方を正会員団体とエリア会員団体とで話し合う「スペシャルネットワークアワー」が行われ、すべての正会員団体から発言がありました。
 宮城の「発達支援ひろがりネット」の参加者も発言を求め、発達障害者支援は地方間格差を生じやすいので、エリア会員同士の情報交換をもっとできるようにすることを要望し、宮城県におけるネットワークづくりの取り組みを報告しました。また、発達障害をもつ人と家族を支援することが社会全体の利益になるエビデンスを明らかにすることを重視し、「JDDが、発達障害の理解と支援を進める活動を通じて、社会全体の進歩に貢献するアドボカシー団体として発展すること」を希望しました。
第3回支援情報交換会が盛会のうちに終わりました。各方面のご協力に御礼申し上げます。 [2008年12月09日(Tue)]

 「発達支援ひろがりネット」が12月7日に開催した第3回支援情報交換会は、3つの分科会とも好評のうちに無事に終了いたしました。講師を引き受けていただいた荒中氏(弁護士、仙台弁護士会会長)、滝井泰孝氏(児童精神科医、せんだんホスピタル 医局長)、阿部芳久氏(東北福祉大学特別支援教育センター長)、横山浩之氏(小児科医、山形大学医学部看護学科准教授)に感謝申し上げます。
 写真は、午前に「煌の会」が主催し、「発達支援ひろがりネット」が協賛した連続講座の最終回でトークセッションをする高山恵子氏(えじそんくらぶ代表)と佐藤秀明氏(特別支援教育スーパーバイザー、「ここねっと」理事長)。
明治製菓からお菓子をいただきました [2008年12月01日(Mon)]

 明治製菓より、障害をもつ子どもの保護者団体にお菓子を寄贈したいとする申し出があり、発達支援ひろがりネットとして要望をお伝えしたところ、11月25日に届きました。各参加団体に配分させていただきました。
 自閉症、アスペルガー、広汎性発達障害の子どもの保護者で構成している「シエルの会」は、11月30日に開催したクリスマス会で、子どもたちとボランティアのみなさんにお菓子をプレゼントしました。写真は、クリスマス会でサンタクロースが登場した時の模様です。子どもたちは、寄せ書きに「ありがとうございます」「ごちそうさまでした」と記入して、うれしそうに受け取っていました。
 明治製菓のみなさまに、御礼を申し上げます。