CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年05月 | Main | 2008年07月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
発達障害の支援を考える議員連盟の総会が行われました。JDDから、大きく二つの問題提起が行われました。 [2008年06月30日(Mon)]

 発達障害の支援を考える議員連盟の総会が6月10日に行われました。
 今年は発達障害者支援法が施行されてから3年が経過して、発達障害者支援法の見直しが議論される年であることもあり、日本発達障害ネットワーク(JDD)は大きな二つの要望を提出し、懇談しました。
 第一は、発達障害を障害者自立支援法の中に位置づけて、発達障害のある人がサービスの提供を受けることができるようにすることです。
 第二は、自閉症教育の確立です。これまでの特殊教育では、自閉症のある児童生徒は情緒障害の枠の中で教育を受けてきましたが、自閉症の心理特性にあった教育の創造が叫ばれており、自閉症教室を特別支援教育の中に位置づけるよう提案しています。
 

080610_1.pdf
 

080610_4.pdf
 総会に関わる記事を添付ファイルでご覧ください。
 政府各省庁にあてた要望書、ADHDの薬剤に関わる要望書は、今日アップした別のページに情報を掲載してあります。
発達障害情報センター [2008年06月30日(Mon)]

発達障害情報センターのリンクを新設しました。ご活用ください。
ADHDの薬剤等に関わる情報 [2008年06月30日(Mon)]

 「えじそんくらぶ」のホームページに、ADHDに関わる薬剤等の情報が掲載されています。
 保険適用薬がコンサータ錠の一種だけになっている現状を改善することを求めて、6月10日に厚生労働省に提出した要望書を紹介します。

08610youbousyo.pdf
平成21年度予算編成に盛り込んでほしい重点要望事項を提出しました [2008年06月30日(Mon)]

 日本発達障害ネットワーク(JDD)は6月10日、平成21年度予算編成にあたって、各省庁の概算要望に盛り込んでほしい重点要望を提出しました。
 超党派で構成している「発達障害者の支援を考える議員連盟」会長の尾辻秀久衆院議員(自民党)、副会長の阿部知子参院議員(社民党)、小渕優子衆院議員(自民党)、高橋千鶴子衆院議員(日本共産党)、野田聖子衆院議員(自民党)、事務局長の福島豊参院議員(公明党)をはじめ15名を超える国会議員が出席。JDDネットからは11名が出席しました。
 提出した要望書は、以下のとおりです。

080610_3.pdf
 
「平成21年度 重点要望事項」日本発達障害ネットワークを左記の添付ファイルで紹介します。


080610_2.pdf
 
JDD加盟の各団体からの要望書を左記の添付ファイルで紹介します。
東北文化学園大学に発達支援教室 [2008年06月29日(Sun)]

 東北文化学園大学にこの四月から言語聴覚士を要請する言語聴覚学専攻が開設されました。同大学では、それに伴い、地域に開かれた大学を目指して、専門家、保護者、学生そして地域の方々がともに発達障害支援を学び実践する場として「発達支援教室」を設ける措置をとりました。
 支援対象は自閉症スペクトラム、言葉のおくれ、吃音、構音障害,発達性協調運動障害などのお子さんで、主に幼児期の支援を目指しています。
 現在、個別支援とグループ支援が週3回行われています。
 詳しくは東北文化学園大学のホームページをご覧下さい。
「発達障害の医学」をテーマに稲垣真澄氏(国立精神・神経センター精神保健研究所)が講演―東北文化学園大学が発達支援教室開設記念講演会 [2008年06月22日(Sun)]

 東北文化学園大学にこの四月から言語聴覚士を養成する言語聴覚学専攻の講座が医療福祉学部リハビリテーション学科に開設されました。これを記念する講演会が7月12日(土)に同大学キャンパスで行われます。
 稲垣真澄氏(国立精神・神経センター精神保健研究所知的障害部 診断研究室長)が「発達障害の医学―小児神経学の立場から見た診断および治療・支援の実際」をテーマに講演します。
 あわせて、同大学の藤原加奈江教授が、「自閉症のコミュニケーション障害と本学の発達支援教室について」をテーマに、追加公演を行います。
 同大学は、引き続き9月に「自閉症スペクトラムの世界と支援のあり方」をテーマに第2回講演会を、11月に「困った行動が教えてくれる自閉症児への支援」をテーマに第3回講演会を開催する予定です。
 詳しい要領と参加申込などは添付ファイルをご覧ください。

080622_1.pdf
東北福祉大学が保護者研修講座を年四回開講 [2008年06月21日(Sat)]

 東北福祉大学の特別支援教育研究センターが、年四回の保護者研修講座を開講します。第一回は6月24日で、「子どもの教育についての学校とのかかわり方について」保護者の立場から、当ネットワークの鈴木朋子事務局長が講師としてお話します。
 詳しい開催要領および申し込み方法などは、添付

080621.pdf
ファイルをご覧ください。
第1回運営委員会で支援情報交換会を宮城県民会館で行うことを確認 [2008年06月20日(Fri)]

 当ネットワークは、2008年度第1回運営委員会を開催しました。
 第3回支援情報交換会を12月7(日)10時より、宮城県民会館(東京エレクトロンホール宮城)で開催することを確認しました。記念講演を高山恵子さん(えじそんくらぶ代表)に依頼しています。午後は、分科会を行う予定で、幼児期から学齢児、特別支援教育、就労支援と成人期など、ライフステージのそれぞれの時期の支援を念頭においてテーマと講師の選任を進める計画です。
阿部利彦先生の講演会を再度企画します! [2008年06月19日(Thu)]

 岩手・宮城内陸地震のために中止した阿部利彦先生の講演会は、先生のご厚意で再度企画することになりました。日時と会場が決まり次第ご案内いたしますが、きょうのブログでは再度企画することをまずお知らせいたします。
 フリースクール煌(かがやき)の会が、大崎市を中心に活動している軽度発達障害の会「ぐっぷの会」と連帯して、所沢市教育委員会の阿部利彦先生を講師に迎えて6月15日13時より、大崎市古川の吉野作造記念館で講演会を企画していました。
 前日の14日、地震が発生し、余震が続いてもいる状況だったので、残念ながら中止しました。事前に申込があった119人のうち、ほとんどの人に主催者からメールや電話で中止の連絡をいたしました。どうしても連絡がとれず、予定した日に会場に足を運んだ人が出たことはたいへん遺憾です。
 「残念だ」という声が数多くあり、阿部先生からも日時を変えてお話したいという意向が寄せられ、再度の企画をすることに至ったものです。
アーチルが7月13日に浜田寿美男氏(奈良女子大学教授) を講師に招いて第一回療育セミナー [2008年06月18日(Wed)]

 仙台市の発達相談支援センター「アーチル」が、7月13日(日)13時30分から、仙台市役所8階ホールで、平成20年度の第一回療育セミナーを開催します。「発達障害児への一貫した支援を考える」をテーマに、浜田寿美男氏(奈良女子大学教授)が講演します。
 浜田さんのご紹介とセミナーの案内、参加申し込み方法は、「アーチル」のホームページに掲載されています。

| 次へ