CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年02月 | Main | 2008年04月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
厚生労働省が発達障害情報センターを発足させました [2008年03月29日(Sat)]

 厚生労働省は28日、自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害について理解してもらおうと、省内に「発達障害情報センター」を発足させました。ホームページ(HP)で相談窓口や支援策を紹介するほか、シンポジウムなどを開催するとのことです。
 HPでは基礎知識や障害への対処法を解説。福祉や就労支援の制度、2005年施行の発達障害者支援法についても掲載しています。充実することを期待します。
 HPのアドレスは以下のとおり。
 http://www.mhlw.go.jp/ddis/index.html
 センターは今年10月から国立身体障害者リハビリセンター(埼玉県所沢市)に移る予定だとのことです。
厚生労働省がサポートファイルを推奨 [2008年03月27日(Thu)]

 厚生労働省が3月5日に開催した障害福祉主管課長会議で、発達障害をもつ人への一貫した支援を進めるツールとして相談ファイルの有効性を示す文書を配布しました。添付ファイルで紹介します。
 左の写真は、仙台市の発達相談支援センター「アーチル」が2005年度から普及している「アイル」という愛称の相談ファイルです。

080305_2.pdf
アクセスが3万件を超えました [2008年03月26日(Wed)]

 このブログは昨年5月8日に開設しましたが、アクセスが今日で3万件を超えました。
 ネットワークのブログなので、個人的な思いを書くのではなく、各分野の支援情報の提供とニュース・リリースに力点を置いています。CANPANは、ファイルをアップすることができるので、各種の統計や資料の提供を心がけています。どうしても「お固い」ブログになる傾向があるのですが、予想以上にアクセスが多いので、たいへん励まされています。
 これからのブログの運用について、ご感想やご意見をお聞かせください。(管理人)
厚生労働省の障害者雇用の資料 [2008年03月25日(Tue)]


080305_3.pdf
 厚生労働省が3月5日に行った障害福祉主管課長会議で配布された資料のうち、障害者雇用に関わる資料です。障害者雇用を促進する2008年度予算にかかかる資料も掲載されています。
2008年度の特別新教育の予算 [2008年03月24日(Mon)]


080305_1.pdf
 2008年度の文部科学省予算のうち特別支援教育に関わる説明資料です。3月5日、厚生労働省が開催した障害福祉主管課長会議に提出された資料です。
障害者自立支援法の出直しを求める「みやぎアピール大行動」 [2008年03月23日(Sun)]
















 障害者自立支援法の見直しを求める「みやぎアピール大行動」が取り組まれ、仙台市一番町を300人がアピール行進しました(写真 下)。
 この取り組みを主催した実行委員会は、宮城県手をつなぐ育成会、仙台市肢体不自由児(者)父母の会、仙台市精神保健福祉団体連絡協議会、宮城県患者・家族団体連絡協議会など障害の種別を越えて連帯する36団体。協力団体は22団体、賛同団体・個人が18、協力企業4社、賛同政党3。朝日新聞、毎日新聞、東北放送、ミヤギテレビ、仙台放送などが後援しました。発達支援ひろがりネットに参加している黒川こころの応援団も、実行委員会構成団体の一つです。
 2年前にスタートした障害者自立支援法は、障害の重い人ほど負担の絶対額が増える一割の「応益負担」を導入したため、「障害のあることを当事者のせい、家族の責任にする制度だ」と批判され、いったんは国会で廃案になったものです。成立後は、施設の収入を利用者の有無により日割りで計算する仕組みや低すぎる報酬単価など多くの問題点が表面化し、障害の種別を問わずあらゆる障害者団体が抜本的な見直しを求めるようになっています。
 写真 上は、アピール行進に先立ってせんだいメディアテークで行われた集会の模様で、障害をもつ当事者が次々に発言し、胸を打たれました。

キャロル・グレイの「家族について」が予約販売スタート [2008年03月21日(Fri)]

 キャロル・グレイとグレイセンタースタッフによる『家族について』の日本語訳が、ブックストア「フロム・ア・ヴィレッジ」から4月10日頃、刊行される予定です。訳者は中川弥生さん、監訳・解説は服巻智子さん。1,800円です。
 この本は、大好評だった『自分について』(ソーシャルストーリーの文例集1)に続く第2弾。
 自閉症スペクトラムの中核的な困難の1つは対人関係の問題です。その困難さは、対人関係が濃密で長期間にわたる家族間で、大きな問題となることがあります。「一緒に長年暮らせば、このくらいわかるだろう」と、つい定型発達の家族が思い込んでしまっている家族関係について、きちんと理解するチャンスを逃してしまっていることが、その原因の1つといえます。
 『家族について』は、自閉症の傾向を持つ子どもたちや青年たちに、家族の定義、家族の役割、家族の思い、そして、家族は年月と共に変化するものであることについて、丁寧に説明し、彼らに家族の中での自分について考えたり学習したりする際に、実際に役立つ具体的資料となります。
 出版元の「フロム・ア・ヴィレッジ」は、3月末までに予約申込をした人に送料を無料にするなどの特典をつけています。以下のサイトからご覧下さい。
 「フロム・ア・ヴィレッジ」のサイト
支援者の努力に光をあてる−「グループゆう」の情報交換会 [2008年03月20日(Thu)]

 














NPO法人「グループゆう」が発達障害と就労を考える情報交換会・講演会を仙台市宮城野区のみやぎNPOプラザで開催しました。会場の定員が40人だったのが非常に惜しまれる企画でした(ビデオを収録していたので、貸し出しには応じるそうです。電話・FAX022−376−7679の「グループゆう」までお問い合わせ下さい)。
 発達支援ひろがりネットが昨年12月16日に主催した情報交換会は、当事者・保護者に、いま活用できる就労支援を紹介することに狙いがありましたが、今日の情報交換会は、児童デイサービス、放課後ケア、地域生活支援事業、無業者支援、就労移行支援、就労継続支援を実際に手がけている人たちの発表が主で、発達障害に関わる宮城県の支援の現状がわかるとともに支援者の努力と支援者の側から見たさまざまな課題が浮き上がるつどいでした。

080320.doc
 発達支援ひろがりネット代表の発言要旨を紹介します。発達障害をもつ人の生涯にわたる一貫した支援を支えるツールとしてサポートファイルを普及・活用を呼びかけたことに対して、特別支援学校、民間企業等の関係者から賛同する声がありました。
 写真は、「就労に向けて、家族や支援者に求められるもの」と題して講演した角田みすずさん(NPO法人 ジョブコーチ・ネットワーク事務局長)との質疑応答の模様です。
宮城県の若者無業者(ニート)は1万2700人 [2008年03月19日(Wed)]

 宮城県の若者無業者は、平成14年に行われた「就業構造基本調査」によれば、12,700人います。この中には発達障害のある人が数多く含まれていると見られています。
 宮城県産業人材・雇用対策課の資料を紹介します。

080320.pdf
音楽療法の講演と講習会 [2008年03月15日(Sat)]

 発達に遅れがある子どもたちのための「療法的音楽活動」をテーマに、保護者、教師、保育士などを対象にした「発達援助のための音楽療法 講演&講習会」が、4月20日(日)、仙台市青葉区一番町四丁目の「カワイ・ミュージック・ショップ仙台」四階ホールで開催されます。
 講師は、日本音楽療法学会認定音楽療法士の高山仁さん。
 午前10時30分から12時までは「講演」で、「私(自己)」をしっかり育てるためのヒントについて、音楽療法の経験からお話します。講演は主として保護者が対象で、参加費は無料、事前の申込も不要です。
 午後1時30分から4時までは講習会で、特別支援教師・保育士・音楽療法士が対象
で、参加費は3000円、事前申込が必要です。発達障害や重度重複障害をもつ子どもたちへの療法的音楽活動について、具体的な目標の設定から実践までを、個別と集団に分けて解説し、活動を行います。とくに現場で活動している教師などに好適な企画です。午後の講習会については、セッションをともなうので、定員は50人としています。申込の締切は4月17日です。講習会の希望者は、できれば午前の講演から参加してほしいそうです。
 講習会のお申込、お問い合わせはFAX022(278)7944、またはE-mail tkym-rc@mb.mni.ne.jpまで、ファックスかメールかでお寄せ下さい。
 高山仁さんは国立音楽大学声楽科卒業、宮城教育大学大学院教育研究科障害児教育専攻修了。「たかやま音楽療法研究所」を主催して、仙台を拠点に療法的音楽活動で発達障害のある人の支援を続けていることで知られています。
| 次へ