CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2007年05月 | Main | 2007年07月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
結成記念講演会は80人にご参加いただきました [2007年06月30日(Sat)]

 














 日本発達障害ネットワーク(JDD)代表の山岡修氏を講師にお招きして、仙台市の福祉プラザで開催した結成記念講演会には、県内各地から80人の方々にご出席いただきました。
 山岡氏は、特別支援教育や発達障害支援法による施策の到達点、JDDが手がけている取り組みと各都道府県で展開されているエリア活動の現状を紹介。「待っていては、発達障害支援法はやってこない」と述べ、「とくに地方分権の時代には、それにふさわしいエリア活動を展開することが大切」と強調しました。また、「行政に要望を一方的に出すだけ」の当事者団体から「行政と政策実現に協力・参画」することや、「障害の種別・学派を超えたネットワークづくりについて、問題提起しました。(写真 上)
 県議会から、外崎浩子(自民)、遊佐みゆき(民主)、石橋信勝(公明)、遠藤いく子(共産)、菅間進(改革)の各議員。仙台市議会から、跡部薫(改革)、鎌田城行(公明)、小田島久美子(公明)、小野寺利裕(公明)、高見紀子(共産)の各議員に、参加していただきました。
 記念講演のあと、議員の方々も加わって山岡さんを囲んでの懇親会がありました。(写真 下)
 
アーチルの療育セミナーの案内 [2007年06月26日(Tue)]

 アーチル(仙台市発達支援センター)が主催する平成19年度の第一回療育セミナーが7月22日に開催されます。案内チラシをPDFファイルで紹介します。

070722.pdf
「シエルの会」=広汎性発達障害児と親の会の紹介 [2007年06月23日(Sat)]

【会員の構成】
  高機能広汎性発達障害児及びそれが疑われる児をもつ親、その相談に従事する人、及び障害に理解を示す人で構成しています。会員は宮城県内の全域に居住しており約90名程です。
【会の趣旨】 
 ”高機能広汎性発達障害児”は、知的には正常範囲にありますが対人関係や社会性に困難さを抱えた子供たちです。「シエルの会」は、親や相談、教育に携わる者を中心に、子どもたちがその子らしく、よりよい人生を歩んでいくことを支えていく会です。
【発足】
 2000年9月
【会の目的】
  会員の相互の親睦を図ることや情報交換を行うこと、及び研修会・勉強会を通して子どもの環境の向上を図ること。 年会費は3,000 円 です。
【活動内容】
 総会(年1回)
 会全体による定例会(年3回程度)
 年齢別グループによる活動(小学校低学年、小学校高学年、中学生、高校生、青年の5つのグループがあり、それぞれが年数回の活動を企画しています)
 学習会・講演会
 情報収集の情報提供(メーリングリスト、ホームページなどで)
 会報の発行
 レクレーション(クリスマス会等)
 『会』のもとに、子どもたちによる打楽器のサークル、鉄道旅行のサークルがあります。
 他団体の情報交換会への参加,視察など
 県、市町村などへの働きかけ等
 「アスペ・エルデの会」の賛助会員として活動、雑誌『アスペ・ハート』を普及しています。
 日本発達障害ネットワークの運動に参加しています。
【シエルの会ホームページ】
 http://ciel.sunnyday.jp/
【連絡先】
 ciel@nv.sunnyday.jp
入会の問い合わせ、各種のお問い合わせは、お手数ですがメールでお寄せください。三役が一日以内に対応いたします。
研修会のご案内―テーマは障害年金 [2007年06月23日(Sat)]

 がっちり!障害年金講座

講師 仙台市太白区役所 保険年金課 朝倉 秀之さん

日時  平成19年7月6日(金)
時間  午前10時〜12時まで(質疑30分含む)
場所   仙台市福祉プラザ 10階 第2研修室
参加費  当日受付 会員 無料・一般 500円
主催=自閉症協会宮城県支部
自閉症協会宮城県支部の紹介 [2007年06月23日(Sat)]

★(社)日本自閉症協会宮城県支部とは
 昭和42年4月に「宮城県自閉症児者親の会」として設立されました。
 自閉症および、自閉症傾向を持つ子供たちの親が主体となり、子供たちの療育の保障を求め、啓発・陳情活動および会員同士の研修・親睦のための努力を重ねてきました。
 平成元年に各県の親の会がまとまって、日本自閉症協会が設立されました。宮城県支部となりましたが県独自の活動はそのまま継承されています。
 現在会員は200名ほどです。
★活動内容
《行事》
 年1回の総会 研修会 講演会 クリスマス会 成人を祝う会 バスのたび
 お茶しませんか(みんなでおしゃべりしましょう)
《広報》
 会報「つどい」の発行、「ばっけ」通信の編集と発行
 雑誌「心を開く」 「いとしご」の配布」
《運営》
 体操教室「ビーバークラブ」

連絡先(宮城県支部事務局)
 郵便番号 984-0816
 仙台市若林区川原町2−2−3 南材ホーム
 TEL 022-215-6951
 FAX 022-215-6955
特別支援教育で国が311人配置した通級指導の教員、宮城県には15人が配置 [2007年06月22日(Fri)]

 文部科学省は、「教育課題対応緊急3カ年対策」のなかで特別支援教育充実のための教員配置(加配)を進めており、三年で1,416人が加配されることになっています。
 このうち、今年度に配置されるのは全国で311人です。宮城県教育委員会の特別支援教育室によれば、宮城県に配置されたのは15人で、通級指導教室が設置されている以下の学校に配置されています。

 1、大河原町立大河原中学校
 2、多賀城市立多賀城東小学校
 3、岩沼市立岩沼南小学校
 4、大和町立吉岡小学校(平成18年度から)
 5、大和町立宮床中学校(平成18年度より)
 6、大和町立大和中学校
 7、大郷町立大谷小学校
 8、大崎市立古川第四小学校
 9、女川町立女川第二小学校
10、登米市立豊里小学校
11、南三陸町立志津川小学校
12、仙台市立高砂小学校
13、仙台市立鹿野小学校
14、仙台市立七北田小学校
15、仙台市立五城中学校

 通級指導については、特別支援教育への移行にともなう変化があります。これ自体は前進ですから関係者はいずれも歓迎しています。
 しかし、それ以外の分野では、予算と人員配置のいずれでも、まだ確かな変化は見受けられません。5月11日のブログに、特別支援教育支援員の問題を書きましたが、働きかけることが依然として課題になっているようですね。
宮城県北部で活動する「ぐっぷの会」 [2007年06月21日(Thu)]

 『ぐっぷの会』について紹介します。
 高機能広汎性発達障害の子どもを持つ「親の会」として、H17年宮城県北部地域を中心に発足しました。H19年度より軽度発達障害に対象を広げ活動しています。

〈活動内容〉
 定例会として、子育ての悩みを話し合ったり、色々な情報交換などを月1回(第2木曜日)行っています。その他に、子育て勉強会や余暇活動(H19年度はチャレンジクラブ6回開催予定)、障害を少しでも多くの方に知ってもらえるような活動などをみんなで話し合いながら行っています。宮城県大崎市(旧古川市)を中心に活動しています。

〈入会について〉 年会費 3000円。
〈お問い合わせ〉 事務局090−7790−1642
   メール:epi0706@ybb.ne.jp
   ホームページ://www.rak1.jp/one/user/guppuno2/


連絡先が決まりました [2007年06月20日(Wed)]

 〒980-0811 仙台市青葉区一番町1−3 
         仙台市民活動サポートセンター内(レターケースNO.117)
         発達支援ひろがりネット
         FAX 022−268−4042
宮城LD児・者親の会「ぽこ ぁ ぽこ」 [2007年06月18日(Mon)]

-宮城LD児・者親の会「ぽこ ぁ ぽこ」のご案内-

Q:LD(学習障害)児とはどういう子供たちですか?
A:LD(学習障害)とは、英語のLearning Disabilities の頭文字をとったもので、「学習障害」と訳されています。この言葉は、単に「学校での学習に問題がある」とか「勉強が出来ない」という意味ではなく「学習する能力(聞く・話す・読む・書く・計算するなど)のうち一つないしいくつかが困難である」ということで、IQは正常であるにも関わらず、認知や処理の発達の面にわずかな遅れや偏りを持つ状態を指しています。中枢神経に何らかの機能障害が存在していると言われています。
例えば、学校や家庭の中で「話は聞いているが内容がわからない」「文字の形が整わなかったり、簡単な漢字が書けなかったりする」「落ち着きがなく、注意を集中できなくて、すぐ動き回る」「手先が不器用で運動が苦手」「集団行動がとれない」といった問題が見られる子供たちがいませんか?これらの問題は1つだけのときもあり、またいくつか重なり合っていることもあります。そしてこのような子供たちはLD児であることが多々あるのです。この子達は周りからは親のしつけが悪いとか本人の心がけが悪いと思われがちで、正しい対応がなされない場合、不登校や家庭内暴力につながるケースもあります。
LDという考え方が登場したのは40年程前のアメリカで、日本では25年ぐらい前から少しずつ知られるようになってきました。文部省もLD児の存在を認め、平成11年に「学習障害児に対する指導について」を公表し、その中で学習障害の定義を示すなどようやくその対策に取り組み始めました。LD児が実際どれほどいるのか、平成15年の調査では、はっきりした数字は分からないものの子供たち全体の6.3%ほどと言われています。決して稀な障害ではなく、何処にでも存在する障害なのです。

Q:「ぽこ ぁ ぽこ」とはどんな会ですか?
A:学習障害やADHD(注意欠陥多動症候群)、高機能自閉症、アスペルガー症候群、軽度の精神遅滞など学校や社会への適応・療育上の問題に共通する事柄の多い子供たちと両親を対照に、同じ悩みを持つ仲間として活動している会です。
このような子供たちが一人一人に適した教育を受け、就労・自立していくことを目的として、会報の発行、学習会・講演会の開催、情報の交換、行政へのアピール等を行っています。また、ソーシャルスキルトレーニング、レクレーションといった活動を行っている関連団体との交流もあります。県や市の教育委員会・研究機関・研究者や専門家との交流やLD学会への参加を通して、親の気持ちや要望を伝えていくような活動も行っています。

Q:全国的な組織はあるのですか?
A:全国各地で組織されているLD(学習障害)児・者の親の会が加盟する「全国LD(学習障害)親の会」があります。現在、41都道府県53団体が加盟しており、会員総数は約2900名となっています。もちろん「ぽこ ぁ ぽこ」も加盟しています。

Q:どうすれば入会できますか?問い合わせ先は?
A:下記の連絡先へお願いします。また、活動を支援してくださる賛助会員も募集しています。

事務局 〒984-0063 仙台市若林区石名坂57−1 
ここねっと発達支援センター内「ぽこぁぽこ」係
            TEL/FAX 022−223−1112
            E-mail  miyagipoco@gmail.com
文部科学省の通達 [2007年06月17日(Sun)]

 今年度からいよいよ始まった『特別支援教育』について、4月1日付けで都道府県と政令指定都市の教育委員会宛に、文部科学省からの通知が出されています。
 特別支援教育の推進について(通知)
| 次へ