CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2007年11月 | Main | 2008年01月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
気づいた時から(つまり幼児期から)の子育てに役立つお話があります [2007年12月12日(Wed)]

 12月16日の支援情報交換会では、ジョブコーチネットワークの角田みすず事務局長が講演します。
 『就労支援につながる子育て』がテーマで、発達障害に気づいた時から、つまり2〜3歳児のときからの子育てに関する貴重なアドバイスを聞くことができます。
発達障害をもつ人の就労の実態調査、衝撃的な結果を報告します [2007年12月12日(Wed)]

 12月16日の支援情報交換会では、「発達支援ひろがりネット」が行った就労の実態調査の衝撃的な結果を報告します。
高等学校における特別支援教育に関わり、アンケート調査を行います [2007年12月12日(Wed)]

 12月16日の支援情報交換会では、高等学校における特別支援教育について、アンケート調査を呼びかけます。
 その際に、『少子化』のなかでも特別支援学校(養護学校)と特別支援学級(特殊学級)を希望する児童生徒が増えていること、単独校の高等学園と養護学校高等部が過大化・過密化している深刻な実態、公立の高等学校が発達障害のある生徒にとって「狭き門」になっている実態について、問題提起します。
いま宮城県で手にすることができる就労支援のすべてを紹介します [2007年12月12日(Wed)]

 12月16日の支援情報交換会では、いま宮城県で手にすることができる就労に関わる支援の状況を網羅的に知ることができます。 
 宮城県立岩沼高等学園の及川一之氏は、高等養護学校に行われている就労支援の取り組みを紹介します。
 宮城障害者職業センターの佐藤正美氏は、同センターで行っている職業訓練について紹介します。2006年度は、発達障害者8件を実際に手がけたと伺っています。
 「ハローワーク仙台」には、心理職の職員が配置されて、職業斡旋が行われています。橋本秀之氏に紹介していただきます。
 若者サポートステーションは、『ニート』の青年を支援しています。就労にいたる道筋をつける支援の実際について、松井直美氏にお話していただきます。
支援情報交換会の司会は大井アナウンサー [2007年12月12日(Wed)]

 12月16日の支援情報交換会には、多くの話題があります。
 まず司会者。東北放送の大井健郎アナウンサーに引き受けていただきました。発達障害のある子どもの保護者の願いにこたえて、快諾していただきました。
『河北新報』に紹介されて、12月16日の『就労支援』をテーマにした支援情報交換会に問い合わせが急増 [2007年12月12日(Wed)]

 12月9日(日)の『河北新報』宮城県内版に三段見出しつきで16日に予定している支援情報交換会が紹介され、問い合わせが急増しています。
  『河北新報』の記事は、「就職に役立つ話を専門家から聞くことのできる良い機会。多くの人に参加してほしい」という呼び掛けを掲載しています。また、代表の阿部芳久・東北福祉大教授のコメントとして、「発達障害者の就職は、これまでほとんど意識されず手探り状態。多くの人と情報を共有し、今後に生かしたい」というお話しを紹介しています。
| 次へ