CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2007年10月 | Main | 2007年12月»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
仙台市で発達障害があると申し出た児童数が、今年は200人近く増えました [2007年11月12日(Mon)]


071110.pdf
 仙台市では、「発達障害があるので配慮してほしい」と保護者が学校に申し出た児童生徒が7月1日現在、906人になっています。毎年、100人前後の増加が見られていましたが、特別支援教育がスタートしたことを反映してか、昨年より180人の増になりました。増加傾向を示したグラフを添付ファイルで掲載しました。
宮城県の特別支援学級に在籍している児童生徒数・学級数 [2007年11月12日(Mon)]


071111.pdf
 宮城県内の小中学校の特別y支援学級は、昨年度より42増えて1,075学級になり、在籍している児童生徒数も89人増えて2,127人になりました。障害の種別で見た場合の特徴は、情緒障害の子どもが増える傾向にあることです。添付ファイルをご覧ください。
宮城県の特別支援学校 在籍している幼児児童生徒数(2007年) [2007年11月12日(Mon)]

 文部科学省は毎年5月1日現在で「学校基本調査」を行っています。
 2007年度は、特別支援教育がスタートした歴史的な年です。

071112.pdf
今年、宮城県内の特別支援学校に在籍している幼児児童生徒は合計で2,090人で、昨年度より124人増えています。
 近年、宮城県で問題になっているのは、養護学校の高等部が過大・過密になっていることです。就学相談があった生徒を積極的に受け入れているため、光明養護学校、名取養護学校の児童生徒数が200人を超え、利府養護学校も200人に近づいています。高等部の単独校の増設を求める声が上がっています。各校の学級数と児童数の資料を添付ファイルでご覧ください。
| 次へ