CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 新たな障害者法制 | Main | 発達障害啓発週間»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
「発達障害児者の防災ハンドブック」が好評です [2012年10月11日(Thu)]

 「発達障害児者の防災ハンドブック―いのちと生活を守る避難所を」が「かもがわクリエイツ」から7月11日に出版されています。(編著者:新井英靖・金丸隆太・松阪 晃・鈴木栄子 定価1890円)
 昨年の東日本大震災で、発達障害のある人が体験した困難や不安等の調査に基づいて、これからの防災対策に役立てるべきことを提案しています。
 かもがわクリエイツのサイトはこちら→http://www.creates-k.co.jp/
次世代の自閉症支援 発達論的療育論ーサーツモデルを紹介する書籍の刊行が始まりました [2010年12月04日(Sat)]

 自閉症の人を支援する発達論的療育論に注目が集まっています。十一元三(といち・もとみ)氏(京都大学医学部保健学科)は、その理由として「最近の医学的知見と軌を一にした自閉症への理解に立脚しているため、将来、標準的療育論の一つになる可能性が高いと考えられる」(「みんなの願い」別冊、2010年夏号)ことを紹介しています。
 SCERTS(サーツ)は、次世代の自閉症支援の方法と目されている発達論的療育法を示すモデルのひとつで、
 SC(Social Communiction)社会コミュニケーション
 ER(Emotional Regulation)情動調整
 TS(Transactional Support)交流型支援(家族中心・専門家連携による支援)
の頭文字を取った造語です。自閉症の人たちに対する包括的支援のための新しいフレームワークを示しています。
 筑波大学の長崎勤氏を中心とするグループがサーツモデルを紹介する書籍「SCERTSモデル 自閉症スペクトラム障害の子どもたちのための包括的教育アプローチ」の日本語訳の刊行に着手し、第一巻の「アセスメント」(8,400円)がこの夏に日本文化科学社から発売されました。
 自閉症の人の人生全体を見通しながら、当事者と家族がラクに生きていけるように支援すること、対人相互的反応性や情動の安定化・調整能力という自閉症の子どもが持つ中心的な困難に焦点を当てている特徴が目を引きます。
 発達論的療育論を紹介する講座等の情報がありましたらお知らせ下さい。情報提供・情報共有を進めることを、このブログでも心がけてみたいと考えています。