CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« JDD(日本発達障害ネットワーク) | Main | 発達障害者支援法の見直し»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
総会で2008年度方針を確認―当事者・保護者支援を中心に活動を発展させ、ネットワークを広げることをめざす [2008年06月10日(Tue)]

 発達支援ひろがりネットは、6月8日13時より、仙台市の戦災復興記念館で2008年度総会を開催しました。
 今年度の活動方針の柱は、@当事者と保護者の支援、Aネットワークの拡大、B社会の理解と行政施策の前進をめざすことの三つ。12月7日に支援情報交換会を予定するほか、高校生以上に企業体験の機会等を提供する実践社会塾、就労支援に関わるスタッフ養成(ゆめファンドの助成事業)、発達障害に関わる連続講座(フリースクール煌が主催、WAMネット助成事業)、各団体が企画する講演会等をネットワーク全体で支援しあいます。
 仙台市宮城野区榴岡5番地のみやぎNPOプラザ内に事務局を開設したことに伴い、事務局を事務局長の自宅に置くとしていた会則を改正しました。
 会計監査報告の中で、監事の藤原靖氏から、助成金事業を手がけることが多くなっていることもあり、「法人化の検討」を始めるよう、附言がありました。
 総会には、県議会の小野寺初正議員、仙台市議会の福島かずえ議員、小田島久美子議員、山口津世子議員、菊地昭一議員、鎌田城行議員にご出席いただき、外崎浩子、菅間進の両県議会議員からメッセージが寄せられました。
 総会のあと、宮城県の障害福祉課推進班の副参事兼課長補佐の今野順氏が、「宮城県の発達障害者支援の現状」について講演し、参加者と懇談しました(写真)。

新たに25人の役員を選任しました [2008年06月10日(Tue)]

 平成20年度総会は、総会執行議長を伊藤あずささん(みやぎ発達障害サポートネット)がつとめ、顧問、代表、副代表、運営委員、事務局、監事の計25人の新たな役員を選任しました。
 「発達支援ひろがりネット」は、規約で議事はすべて満場一致性で決することを原則にしています。代表については、複数による共同代表制をとり、各団体から輪番制で代表を出すこと、副代表を置いて会全体の活動の継続性・系統性を保障する三役体制にすることを運営委員会で申し合わせています。
 これまで代表をつとめていただいた阿部芳久・東北福祉大学教授は顧問に、佐賀慶子さん(えじそんくらぶ親の会宮城「森杜」)は副代表に就きました。2008年度の新たな共同代表には渡辺久美子さん(宮城県自閉症協会)と中嶋廉さん(シエルの会)が選任されました。事務局長は鈴木朋子さん(CSC親の会)、監事は藤原靖さん(宮城LD児親の会「ぽこぽこ」)が留任し、他に運営委員17人、事務局員2人、計25人が選任されました。
 準備会の時期から約2年間、会の代表をつとめていただいた阿部芳久教授に、渡辺久美子・新代表から御礼の花束が贈呈されました。阿部芳久教授には、引き続き顧問としてご助言をいただきます(写真)。
 
確実に活動を重ねながらネットワークを広げる―発足から二年目の活動の基本方向 [2008年06月10日(Tue)]

 2008年度総会の前に開催された運営委員会に、あらかじめ文書を配布し、2008年度の活動の基本方向を提案しました。総会では要点を読み上げて提案したので、以下にまとめて紹介します。

【1】、当事者と保護者の支援に中心をおき、発達障害に関わる研究成果や支援方法をともに学び、普及します 
 2005年4月から「発達障害者支援法」が施行され、以前は法制度の外に置かれていた自閉症スペクトラム障害、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害が社会で認知される方向に進み始め、行政をはじめとした支援体制も徐々に整備されつつあります。2007年4月からは、発達障害児をはじめ特別なニーズをもつ児童・生徒への支援をめざす特別支援教育がスタートしました。発達障害の本態である脳機能の違いに関する研究が日本でも進んでいます。効果のあるさまざまな支援方法が普及されつつあります。私たちは明らかに新しい時代を迎えています。最新の成果を学び、普及する活動に力を入れていきましょう。私たちは保護者団体が中心になってネットワークをつくっている現状なので、専門家の人々とのネットワークづくりを大切にしていきましょう。
 12月7日の第3回支援情報交換会を成功させましょう。講演は、高山恵子さん(えじそんくらぶ代表)にお願いしています。これまで2回の支援情報交換会を発展させて、今年は午後にいくつかの分科会を開催することを検討しています。
 就労体験の機会を提供し、その人にあった働き方をいっしょに考える「実践社会塾」(団塊世代プロジェクトの人々との連携事業)の試みを成功させましょう。
 就労支援を支える人材育成の研修会を「ゆめファンド」の助成事業で行います。ジョブ・コーチネットワークが主催する研修会に参加者を送ります。
 フリスクール煌がWAMネット助成を受けて、発達障害に関わる啓発事業を一年にわたって取り組みます。加盟している団体が手がける事業をネットワークによる連携でそれぞれ成功させて、支援を求めている人々に喜んでいただけるよう協力・共同を進めましょう。
 JDDの2008年度年次大会は、初めて二日間(12月13日と14日)開催されます。会場は東京の目白大学です。支援情報博覧会として活用しましょう。

【2】、発達障害に関わる宮城県のネットワークづくりを一歩一歩進めます
 「発達支援ひろがりネット」の発足は、宮城県内の発達障害に関わる人々を励ましています。ネットワークが広がることで、以前はできなかった活動分野に手をつけることができました。各分野の活動を進めながらネットワークづくりをさらに広げましょう。
 臨床発達心理士会の大会が8月に仙台で開催されます。臨床心理士、言語聴覚士、作業療法士の各職能団体の方々との交流機会をもちたいと考えています。
 「発達支援ひろがりネット」は二年間、北海道・東北ブロックの協議員をJDDに送ることになりました。確実に活動を進めながら、JDDネット宮城発足について討論を進めましょう。

【3】、社会の理解、行政施策の前進をめざします

 宮城県における、発達障害を持つ人への理解と支援の到達点をつかみ、当事者と保護者のニーズを明らかにしながら、行政施策の前進と支援のネットワークづくりを進めましょう。
 早期発見・早期療育支援に関わって、2006年11月に宮城県の発達相談支援センター「えくぼ」が開所し、県内すべての市町村の保護者が発達障害に関わる相談をお願いできるようになりましたが、「えくぼ」の体制強化等が求められています。仙台市は、第二の「アーチル」をつくる方向に向かって、2008年度予算に調査費を計上しました。早期発見を進めるための施策と、初期療育支援を支える専門職の確保が待ち望まれています。
 2007年度から始まった特別支援教育で、コーディネーター、校内委員会は設置されましたが、「個別の指導計画」の作成はまだ一部の児童・生徒にとどまっています。文部科学省は『ガイドライン』で、「保護者と学校の連携」による新しい教育の創造を呼びかけています。保護者には、子どもと自分のニーズを的確に学校等に伝えること、学校の側の事情についても耳を傾けること、教職員とともに特別支援教育を作り出していくことが問いかけられています。同時に、特別な支援を必要としている児童数に比べて、通級指導教室や支援員(補助教員)の配置は少なく、宮城県ではとくに高等学校が発達障害のある子どもにとって「狭き門」になっています。どのようなニーズがあるかを明らかにして、教育条件の改善に関わる世論を喚起していきましょう。
 社会にうまく入っていけない発達障害をもつ成人への支援は、本当に待ち望まれています。宮城県内では、保健所管内に一ヶ所をめざして「地域生活支援センター」の開所が進められています。仙台市でもこの4月に「アクティブ・デイ」が宮城野区高砂に開所し、若林区の「ここねっと」、泉区の「ほっとスペース歩゜歩゜」に続いて3ヶ所目となりました。
 発達障害をもつ人の就労支援に関わって「宮城県若者支援ネットワーク協議会」が2007年9月にスタートし、正規雇用をめざす無業者(ニート)を支援する取り組みが始まりました。しかし、発達障害のある人の就労については、支援のノウハウの開発、企業体験や就労体験の機会の拡大、トライアル雇用を提供する事業所の拡大、就労できる事業所の確保と求人開発、いったん就労したあとのステップアップを支援する場など、多くの課題があります。また、発達障害にふさわしい手帳制度、法定雇用への参入など法制度の整備を指摘する声があります。
 行政や社会が提供している様々な支援の活用を進め、支援情報を交流するとともに、「あってほしい支援」を各方面に要望したり、いっしょに作り出していく活動を進めましょう。

発達支援ひろがりネットの結成から一年の活動経過報告 [2008年06月10日(Tue)]

 「発達支援ひろがりネット」の2008年度総会に、事務局から以下のような活動報告が行われました。事前の運営委員会に文書で配布され、参加団体にはメーリングリストで届けられていたものです。当日に付け加えた内容も含めて、概要を紹介します。

 「発達支援ひろがりネット」が昨年6月1日に発足してから一年が経過しました。
 私たちが第1に力を入れてきた活動は、なによりも当事者と保護者の支援です。2006年11月23日に「特別支援教育」、2007年12月16日には「就労支援」をテーマに、大規模な情報交換会を開催しました。
 ブログでの情報提供にも力を入れています。いまブログは平均して一日約200件のアクセスがあり、昨年5月8日の開設以来のアクセスは43,000件を超えています。
 第2は、発達障害者支援の現状を把握し問題提起する調査活動です。2006年は高等学校における特別支援教育の現状を調査し、「狭き門」の打開を問題提起しました。
 2007年には2つの調査を行いました。宮城県の各事業所に発達障害をもつ人が何人就労しているのかを調査し、行政による調査の実施と就労支援の前進を問題提起しました。調査結果は12月16日の支援情報交換会に報告しました。
 もう一つは、高校教育に関わるニーズ調査で、12月16日に調査用紙を配布し128人から回答がありました。調査結果は2月28日に教育委員会高校教育課に伝え、県議会の各会派にもお渡ししました。
 第3に、ネットワークづくりです。発達障害に関わっている研究者、支援者、保護者、当事者、行政、団体、NPOの連携を進めています。就労相談と支援を進める「宮城県若者支援ネットワーク協議会」が昨年九月にスタートしましたが、発達障害の当事者団体として参加しています。
 日本発達障害ネットワーク(JDD)に加入を申請し、昨年9月9日にエリア会員として加入を承認されました。2008年度と2009年度は、北海道・東北地域のエリア会員代表として、JDDに協議員を送ることになっています。
 第4は、行政機関との協力・共同、議員の方々との懇談です。宮城県の各種審議会の委員に「発達支援ひろがりネット」の代表が委嘱されています。仙台市の障害企画課からも、市の障害者保健福祉計画に関する意見を求められました。
 県議会や仙台市議会の各会派と懇談し、当事者と保護者がどこで困っているかを説明して、発達障害の疑似体験もお願いしました。こうした努力が実り、12月3日には、村井嘉浩知事との面会が実現しました。宮城県議会は12月11日、国に「発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書」を全会一致で採択しました。
 おかげさまで7団体でスタートしたネットワークが現在は13団体になり、個人会員も60人を超えました。私たちが手をつないで発達障害に関わる理解と支援の前進をめざしていることに、多くの方々から期待の声を寄せていただいていますが、まだ歩き出したばかりでそれにふさわしい力量をもつのはこれからの課題になっていると思っています。
 確かな歩みを続けましょう。
トゥレット障害を発達障害に明文化してほしい―総会に日本トゥレット協会の高木理事が参加し訴えました。トゥレット障害をもつ宮城県の人が中原中也賞を受賞し注目されました。 [2008年06月08日(Sun)]

 発達支援ひろがりネットの平成20年度総会に、NPO法人 日本トゥレット協会の高木洋子理事が参加し、議事のあとで紹介され発言しました。
 精神保健学会が定めている診断名のなかにあるにもかかわらず、トゥレット障害は発達障害支援法と政省令の中に明文化されていないため、支援の外に置かれたままになっています。また、宮城県では診断する医師がまだいないため、岩手県や東京大学の医師を頼っている状況だそうです。
 同協会は発達障害支援法の見直し論議の中で明文化されることを要望しています。
日本トゥレット協会のホームページを紹介します。

 トゥレット障害の須藤洋平さん=南三陸町在住=が中原中也賞
 昨年4月17日、宮城県の南三陸町に住む須藤洋平さんが、29歳の若さで中原中也賞を受賞しましたが、須藤さんはトゥレット障害で闘病していることをカミングアウトし、二重に注目されました。
 現代詩の登竜門とされる山口市の第12回中原中也賞に選ばれたのは須藤さんの詩集「みちのく鉄砲店」。中原中也の生誕100年の節目にあたる年の受賞で、4月28日に山口市民会館で贈呈式が行われました。
 須藤さんには、チックなどを主な症状とするトゥレット症候群があります。2006年9月に20編をまとめて初の詩集として自費出版。選考会では、応募と推薦があった252冊の中から受賞候補作を7冊ノミネートしていましたが、選考委員6人の全員一致で須藤さんの作品を受賞作に決めました。選考委員の北川透・梅光学院大副学長は「病気や孤独に負けない、力強い言葉が生きる意欲を伝える」と講評しました。
 須藤さんは、山口市を通じて「中也からまだ生きなさいと言われている気がする。おっかあ、産んでくれてありがとう」とコメントを出しました。
 高木さんの訪問で、宮城県にもトゥレット症候群に苦しんでいる人がいることをあらためて思い起こしました。