CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「シエルの会」が11月8日、「自己肯定感って、何だろう」をテーマに、公開講座 | Main | 第10回支援情報交換会»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
わらしべノートづくりを学ぶ [2015年10月12日(Mon)]

第9回 支援情報交換会のお知らせです。

今年は、社会福祉法人わらしべ舎の「わらしべノート」の概要を学ぶ講演会を開催します。

サポートブックとして、また、施設の利用や成年後見制度を活用する際にも役立つ、「わらしべノート」について学びます。

どうぞご参加ください。


 発達支援ひろがりネット 第9回 支援情報交換会

 わらしべノートづくりを学ぶ




今、話題のわらしべノート。

障がい児・者の親にとって究極の悩みは、親亡き後のこと。

成年後見人や支援者が必要な情報が得られるように。

親亡き後、こどもが生きていくための道しるべになるように。

残した記録が、こどもの豊かな暮らしの助けになってくれるように。

なぜ作るか?どのように使うのか?誰と伝え合うのか?そして誰に何を引き継ぐのか?

こどもの将来のために、たくさんの思いが詰まったノートづくりを学びましょう。


日時:10月25日(日)13:30〜15:30  


場所:仙台市戦災復興記念館・研修室(4階)

   仙台市青葉区大町二丁目12番1号


講演内容:「わらしべノート」の概要を説明する講演会です。


講師:社会福祉法人わらしべ舎理事長 中村 晴美 氏

   弁護士 小幡 佳緒里 氏

   社会福祉士 櫻井 陵子 氏

   わらしべ舎利用者保護者 荒 ひろみ 氏

  (当日は、4人の中の選抜メンバーになります。)


参加費:2,000円(資料代として)


定員:60名


お申込み:E-mail : hirogare@hotmail.co.jp

   または、080-3328-3802までお申込みください。

   @お名前Aご所属B連絡先電話番号をお願いします。

※定員に達した場合のみ、お断りの連絡をさせていただきますのでご了承ください。


後援:宮城県教育委員会

   仙台市教育委員会

   宮城県発達障害者支援センター(えくぼ)

   仙台市発達相談支援センター(アーチル)


主催:発達支援ひろがりネット



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント