CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「心理職の国家資格化を」ー宮城県議会が全会一致で意見書を採択しました | Main | 障害者職業センターの就労準備支援カリキュラムを紹介します»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 [2012年07月11日(Wed)]

 いま世界で最も認められ、実践されている自閉症の人たちへの支援モデルであるTEACCHプログラムを、今日の世界企画に育て上げた米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による、自閉症を正しく理解し、適切な支援をするための「世界で最もわかりやすい講演会」です。

自閉症を正しく理解するということ 〜自閉症の支援で最も大切なこと〜

●日  時:9月2日(日) 10:30〜16:30
●場  所:東北大学百周年記念会館 
      川内萩ホール(仙台市青葉区川内40)
●内  容:「自閉症の人たちの学習スタイル〜正しく理解する」
      「構造化された指導〜自閉症の学習スタイルに合わせた支援」
      「自閉症の支援で最も大切なこと〜
         TEACCHプログラムのコアバリュー」
●講  師:ゲーリー・メジボフ氏
      (米国ノースカロライナ大学TEACCH部元部長)
●定  員:500名
●参 加 費:3,000円
●申込方法:下記URLより申込、または申込用紙をダウンロードし、必要事項を明記の上、下記連絡先までFAXにて申込もしくは、「会場名(仙台会場)」「氏名(フリガナ)」「資料送付先郵便番号・住所」「電話番号」「FAX番号」「職業」を明記の上、下記連絡先までFAX、E-mail、ハガキのいずれかで申込
申込URL:https://biz.knt.co.jp/ecs3.5/acn2012/
●主  催:宮城県自閉症協会、朝日新聞厚生文化事業団
●連 絡 先:近畿日本ツーリスト(株) トラベルサービスセンター東日本「仙台講演会係」
 〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-4-2
 TEL:0570-064-205(月〜金曜日、10:00〜17:00)
 FAX:03-6730-3231 E-mail:Tourdesk09@or.knt.co.jp
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
いつも発達障害に関する貴重な情報を公開してくださり、発達障害児の親として大変感謝しながら拝見させていただいております。
これからも小さな情報でも構いませんので、様々な情報提供を期待いたしております。
Posted by:  at 2012年07月17日(Tue) 11:00