CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«親子と支援者(教師、保育士、臨床心理士など)のための講演会―「シエルの会」が10月26日、辻井正次先生を講師に迎えて | Main | JDD地域ミーティングは百人が集まり、活発な討論が行われました。»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
すばらしい内容です―冊子『病気の子どもの理解のために』 [2008年10月17日(Fri)]

 全国特別支援学校病弱教育校長会と、独立行政法人=国立特別支援教育総合研究所が、「病気の子どもの理解のために」と題した支援冊子を作製しました。特別支援学校と養護学校の教諭9人を含む13人が編集したもので、国立特別支援教育総合研究所のホームページから、無料でダウンロードすることができます。全国の病弱校で培ってきた理論と実践が、連携することにより生み出した、すばらしい内容です。
 このパンフレットには、冒頭で「病弱教育の意義」が述べられています。教育関係者でも、病院内の学校で治療しながら勉強をしている子どもたちの存在を知らない人が多いのが実情です。退院して復学する児童生徒のこと、病気の子どもの支援の基礎が述べられていて、特別支援教育に関わる教職員に有用です。
 また、子どもたちが受ける病弱教育の仕組みや制度を解説しているので、保護者にもたいへん役立つものになっています。無料にしたのは「できるだけ多くの人に知ってもらいたい」からです。

 『毎日新聞』10月16日付の神奈川県版に、この支援冊子の作成に関わった神奈川県立横浜南養護学校の総括教諭・教育相談コーディネーターの萩庭圭子さん(44)を紹介する記事が載っています。

 萩庭さんは横須賀市出身。大学卒業後、中学校の音楽教諭になるつもりだったが、着任したのは養護学校だった。約8年前、県立子ども医療センター(横浜市南区)に併設されている横浜南養護学校に移り、学校心理士の資格を取得。子どもや保護者から悩みを聴き、医者や教師との橋渡し役をしている。
 相談はさまざま。退院が決まると「本当に大丈夫なのか。発作が起きたらどうすればいいのか」と身構える復学先の学校。無事に復学できた児童の母親から「学校でばい菌扱いされ、いじめを受けている」と泣きながら相談されたことも。一人娘を持つ同じ母親として、涙が出そうになる。冊子には、そんな思いの一つ一つが詰まっている。
 仕事帰りに来院する母親を夜遅くまで待つこともある。「すべて解決はできないけれど、話を聴いて一緒に考えていくことが大切。人と人とをつないで支援していくことがコーディネーターである私の仕事なんです」

 冊子のアドレスは以下のとおり。http://www.nise.go.jp/portal/elearn/shiryou/byoujyaku/supportbooklet.html

 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
はじめまして。
国立特別支援教育総合研究所で、病弱教育を担当しております滝川国芳と申します。
(当研究所の発達障害教育情報センターも兼務しております)

googleで、「病気のある子どもの支援冊子」と検索したところ、当ブログのコメントを見ることができました。

このように、口コミで、支援冊子について紹介していただくことは大変うれしく、そして今後の励みになります。

現在、脳腫瘍と筋ジストロフィーについて全国の先生方と作成しているところです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: 滝川国芳  at 2009年02月07日(Sat) 15:30