CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«TEACCHセンター所長のジャネット・ウェルマン博士が8月3日に公開講演会、事前申込は不要、参加費は千円です | Main | 宮城県特別支援教育センターの主催で「親の会情報交換会」がありました»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
トゥレット障害を発達障害に明文化してほしい―総会に日本トゥレット協会の高木理事が参加し訴えました。トゥレット障害をもつ宮城県の人が中原中也賞を受賞し注目されました。 [2008年06月08日(Sun)]

 発達支援ひろがりネットの平成20年度総会に、NPO法人 日本トゥレット協会の高木洋子理事が参加し、議事のあとで紹介され発言しました。
 精神保健学会が定めている診断名のなかにあるにもかかわらず、トゥレット障害は発達障害支援法と政省令の中に明文化されていないため、支援の外に置かれたままになっています。また、宮城県では診断する医師がまだいないため、岩手県や東京大学の医師を頼っている状況だそうです。
 同協会は発達障害支援法の見直し論議の中で明文化されることを要望しています。
日本トゥレット協会のホームページを紹介します。

 トゥレット障害の須藤洋平さん=南三陸町在住=が中原中也賞
 昨年4月17日、宮城県の南三陸町に住む須藤洋平さんが、29歳の若さで中原中也賞を受賞しましたが、須藤さんはトゥレット障害で闘病していることをカミングアウトし、二重に注目されました。
 現代詩の登竜門とされる山口市の第12回中原中也賞に選ばれたのは須藤さんの詩集「みちのく鉄砲店」。中原中也の生誕100年の節目にあたる年の受賞で、4月28日に山口市民会館で贈呈式が行われました。
 須藤さんには、チックなどを主な症状とするトゥレット症候群があります。2006年9月に20編をまとめて初の詩集として自費出版。選考会では、応募と推薦があった252冊の中から受賞候補作を7冊ノミネートしていましたが、選考委員6人の全員一致で須藤さんの作品を受賞作に決めました。選考委員の北川透・梅光学院大副学長は「病気や孤独に負けない、力強い言葉が生きる意欲を伝える」と講評しました。
 須藤さんは、山口市を通じて「中也からまだ生きなさいと言われている気がする。おっかあ、産んでくれてありがとう」とコメントを出しました。
 高木さんの訪問で、宮城県にもトゥレット症候群に苦しんでいる人がいることをあらためて思い起こしました。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント