CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«新たに25人の役員を選任しました | Main | 障害児支援に応益負担はなじまない―検討会に意見書»
記事の分類
お薦めサイト
地域SNS「ふらっと」
月別アーカイブ
最新コメント

宮城県自閉症協会と朝日文化事業団が米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による講演会を9月2日に仙台で開催 (07/17) 佐藤 琴子
年一回の「オヤジの会」−きょう「シエルの会」が (11/20) dvd@cdrw.club.ne.jp
NPO法人「全国LD親の会」が28日に20周年記念フォーラム (02/05) 静岡県立浜北西高校 老川晴代
宮城教育大学が3月14日に特別支援教育セミナー 大学における障害のある学生の支援の取り組みを紹介 (06/04) 一般人
日本発達障害ネットワークが27日、障害者自立支援法の一部を改正する法律案ついて緊急要望書を出しました。 (06/03) みやぎアピール大行動実行委員会事務局
新しい障害者法制を求めて、アピール大行動が行われました (04/27) おおた
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が上映中ですが主人公はADHDとLD (04/06) 森杜
えじそんくらぶ「森杜」親の会宮城が、サイトをブログに移行しました。 (11/11) 管理者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07) 執筆者
拡大教科書等を発達障害のある児童生徒にも、著作権法に初めて発達障害への「配慮」を盛り込む (03/07)
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/index2_0.xml
タグクラウド
QRコード
総会で2008年度方針を確認―当事者・保護者支援を中心に活動を発展させ、ネットワークを広げることをめざす [2008年06月10日(Tue)]

 発達支援ひろがりネットは、6月8日13時より、仙台市の戦災復興記念館で2008年度総会を開催しました。
 今年度の活動方針の柱は、@当事者と保護者の支援、Aネットワークの拡大、B社会の理解と行政施策の前進をめざすことの三つ。12月7日に支援情報交換会を予定するほか、高校生以上に企業体験の機会等を提供する実践社会塾、就労支援に関わるスタッフ養成(ゆめファンドの助成事業)、発達障害に関わる連続講座(フリースクール煌が主催、WAMネット助成事業)、各団体が企画する講演会等をネットワーク全体で支援しあいます。
 仙台市宮城野区榴岡5番地のみやぎNPOプラザ内に事務局を開設したことに伴い、事務局を事務局長の自宅に置くとしていた会則を改正しました。
 会計監査報告の中で、監事の藤原靖氏から、助成金事業を手がけることが多くなっていることもあり、「法人化の検討」を始めるよう、附言がありました。
 総会には、県議会の小野寺初正議員、仙台市議会の福島かずえ議員、小田島久美子議員、山口津世子議員、菊地昭一議員、鎌田城行議員にご出席いただき、外崎浩子、菅間進の両県議会議員からメッセージが寄せられました。
 総会のあと、宮城県の障害福祉課推進班の副参事兼課長補佐の今野順氏が、「宮城県の発達障害者支援の現状」について講演し、参加者と懇談しました(写真)。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント