CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
原発事故後の福島を正面から向き合い様々な問題を共有しながら
今を見つめ未来を考える活動をしています
プロフィール

はっぴーあいらんどさんの画像
はっぴーあいらんど
プロフィール
ブログ
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
リンク集
http://blog.canpan.info/happyisland/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/happyisland/index2_0.xml
福島県民健康調査における甲状腺検診に関する要望書[2016年12月26日(Mon)]
12月9日、日本財団の笹川陽平会長、山下俊一長崎大学副学長が福島県庁を訪問し
『検査を自主参加にすべき』とする提言書を内堀雅雄知事に提出しました。
内堀雅雄知事は『大事な提言として受け止める』とし、提言を参考に県民健康調査検討委員会で議論を尽くす考えを示しました。
この件に対しNPOはっぴーあいらんど☆ネットワークでは「福島県民健康調査における甲状腺検診で、検査の維持を求める要望書」を提出しました。

毎月開催している健康相談会では原発事故が起きたことによる健康への不安や疑問の相談が多く寄せられます。
福島県民健康調査において原発事故との因果関係を解明していく事は大切です。
その上で県民一人一人に寄り添い不安を取り除いていく事も同じくらい重要だと考えてます。
今回の提言書で検査が縮小される方向にならないためにも私たちは検査の維持を求める要望書を提出し表明しました。

提出先

福島県知事 内堀雅雄様
県民健康調査課課長 小林弘幸様
福島県議会様

福島県民健康調査における甲状腺検診に関する要望書
平成28年12月21日

福島県民健康調査における甲状腺検診で、検査の維持を求めることについて

<要望の趣旨>
私たちは、東京電力福島第一原発事故後、福島県民の心の復興を目指し、様々な取り組みを行い県民の声を聞いて参りました。
原発事故から5年が経過した今、身体的な影響を調査するための県民健康調査「甲状腺検査」について、12月9日、日本財団の笹川陽平会長は『検査を自主参加にすべき』とする提言書を内堀雅雄知事に提出、『大事な提言として受け止める』とし、提言を参考に県民健康調査検討委員会で議論を尽くす考えを示した」との報道がされました。
福島県民健康調査における、小児甲状腺がんに ついては様々な意見や知見が発表され
県民健康調査検討委員会においても多彩な議論がなされています。
小児甲状腺がんにおいても「東京電力福島第一原発事故」による被ばくの影響を解明する上で今後も健康調査、甲状腺検診は、特に学校検診において維持すべきと考えています。
福島県内で実施されている甲状腺検査や、これら検査で発見されている小児甲状腺がんにおいては多くの県民が原発事故により無用な被ばくを強いられた現実を顧み県民健康調査の目的に立ち返り、関係機関に対しより一層真剣に取り組まれるようお願い致します。
その上で今後も長期に渡り県民に対し健康管理を行う事を要望します。

<要望事項>
1,学校における甲状腺検診の維持に尽力ください。
甲状腺エコー本格検査3巡目説明文の撤回、2巡目同様の内容とし維持をすること
2,甲状腺検診を受けやすい環境整備に取り組んでください。
3,甲状腺がんに対する正しい情報発信をお願いします。


ぷちゃかい♡&健康相談会報告[2015年12月14日(Mon)]
12月12日(日)ぷちゃかい♡&健康相談会が開かれました

まずは「ぷちゃかい」

素敵な香りに包まれサシェづくり

12388000_944115819015085_798594218_n.jpg

思い思いの生地を選んでハーブを入れる袋を製作します。

家族全員のサシェづくりする人も(*˘︶˘*).。.:*♡

プレゼントする人の顔を思い浮かべてハーブを選びます。

ゆったりとした時間を過ごしながら

時が流れていきます


12336230_944084205684913_1486097728_n.jpg

たまには、こんな時間もいいですね黒ハート

おしゃべりしながら

お茶を飲みながら喫茶店

色んな話をしてみる

東日本大震災・原発事故からの環境変化への戸惑い

様々な情報に傷ついたり

不安や怒り・・疑問

子供のこと

保養情報だったり

楽しかった最近の話題などなど・・・


12355087_944157805677553_1500759696_n.jpg

話してみないと分からないこと

1人で考えるより

みんなで話してみると落ち着いたり

楽しかったり

だねハートたち(複数ハート)

いつも頑張ってるママたちやスタッフのために

癒やしの時間もグッド(上向き矢印)

Tian Yuko Kimuraさんの究極のマッサージの時間

心も体もふにゃふにゃ・・緩みっぱなし

たまにはいいもんです(*˘︶˘*).。.:*♡


DSC_0122.JPG

健康相談会は18:00〜からスタート

予約された方々が緊張しないように・・

はっぴーあいらんどのスタッフは

こんな感じですわーい(嬉しい顔)



12316343_853074684809884_2891964626992283825_n.jpg

今田先生も・・・こんな感じ

12367068_944120325681301_1744816032_n.jpg

自由にお茶を頂いたり

お菓子を食べたり

心を緩めて頂いて先生と相談します

本当はテーマが重いのだけど

ちゃんと向き合い相談できるようにと・・・

崎山比早子先生も突然の来場目

一緒にお茶飲んで

色んな話を聞かせて頂いたり

やっぱり笑いも大事だねって

向き合ってるものが重くなればなるほど

気持ちまで重くなってしまいがちだけど

それではダメ

しっかり未来を見つめて進みましょ


DSC_0127.JPG




DSC_0133.JPG

健康相談の様子

DSC_0136.JPG

定期的に「ぷちゃかい&健康相談会」は開催していきます

次回は1月中旬を予定しています

みな様、是非お出で下さいませ揺れるハート


放射能リテラシー・ワークショップ Vol.1[2015年01月05日(Mon)]

原発事故という未曽有の出来事から間もなく4年が経とうとしています。

私たちはこれまで、原発事故後の日本のあり方に多くの失望を抱いてきましたが、これからも諦めることなく、小さいながらも歩みを続けていきたいと思っています。
危機的状況の中からそれぞれができることを見つけ出しながら、これまでの日々を過ごしてきたことと思います。
向き合うことは自分の核となる部分を試されることでもあり、多くの敗北感を味わいながら、途方に暮れることも現在進行形で続いています。

原発事故の影響を福島県だけのことのように小さく捉えることは、偽りの収束を受け入れてしまうことにも繋がります。
世界中の人々がこの重大な事態を正確に捉え、危機意識を持って改善させていけるようになることを目指す必要があるのではないでしょうか。
新たにもたらされる可能性など、これまでの出会いの中から手にしてきたこともたくさんありました。
お互いの得意なことを持ち寄って、できることを探っていくという今は、道の途中の大切なシーンであると感じます。
私たちは何を失い、何を取り戻さなければならないのでしょうか。
時間の経過と共にますます深刻かつ複雑化している矛盾を紐解きながら、構造をシンプルにすることにより、生まれながらに誰もが手にしている権利を、共に見つめ直す場を持ちたいと思います。
危機意識を持って改善していくことを目指して、今をしっかりと捉えるために、まずは小さなコミュニティをスタートラインとして、共通認識を確立させていくために、勉強会を行います。
この機会に、しっかりと学びたいと思います。

〜原発事故は、私たちに何をもたらしたか〜

放射能リテラシー・ワークショップ

2015年1月12日(月祝)

13:00〜18:00

安積総合学習センター:〒963-0111 郡山市安積町荒井字南赤坂265

参加費:2,000円(運営費・資料代)

『3.11後の放射能「安全」報道を読み解く 社会情報リテラシー実践講座』の著者で、東京大学大学院教育学研究科教授の影浦峡さんを講師・モデレーターとしてお迎えして、二部構成のワークショップを行います。

第一部は理論編として、影浦さんによるリテラシー・ワークショップ。

第二部には、実践編として、子どもたちの給食の食材の汚染問題に関する問題提起とそれに対する国や行政の回答を参照して、理論を実践に生かすための目線を整えていきます。

主催:NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク

共催:市民科学者国際会議

協力:株式会社メディア・ストリーム

参加希望の方は下記までメールを下さい

mail to happy.island311@gmail.com

ひらめき 完全予約制となっております。定員になり次第締め切りとさせて頂きます。ご了承下さい。

問い合わせ:phone to 090-5237-4312(鈴木)


*****************************

収支報告
リテラシーWS@収支.pdf


| 次へ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント