CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
原発事故後の福島を正面から向き合い様々な問題を共有しながら
今を見つめ未来を考える活動をしています
プロフィール

はっぴーあいらんどさんの画像
はっぴーあいらんど
プロフィール
ブログ
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
リンク集
http://blog.canpan.info/happyisland/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/happyisland/index2_0.xml
第6回 目からウロコの健康講座[2015年04月04日(Sat)]
ひらめき第6回 目からウロコの健康講座 詳細確定ひらめき


4月30日(木曜日) 11:30〜20:00(全3講座)
会場 安積総合学習センター
(福島県郡山市安積町荒井南赤坂265 )

☆☆ABの講座は、初めての方でもご参加頂けます☆☆
但し、必ず@基本編の受講もお願いします!


ぴかぴか(新しい)講座内容ぴかぴか(新しい)


@目からウロコの健康講座-基本編- 
11:30〜13:00 参加費500円
 
予約優先 先着50名 第2会議室


 自分や家族の元気を保つには、まずは正しいカラダの使い方を知ることが大切です。
酵素体温腸内細菌など多角的な視点から「病気にならないカラダの使い方」をアドバイス♪
 この基礎講座は、回目以降の方にも、必ず新しい発見があります。今の季節に一番必要な、すぐに実践できるアイディアが満載です♪
 ぜひ、ご家族やお友達も誘ってお越しください。まさに「目からウロコ」の驚き満載!


A発酵物講座〜パン床・甘サケの活用編〜
13:30〜15:30 参加費1.500円

予約優先 先着25名 調理実習室


 発酵物は、大腸を整え、毒物を体外に出し、吸収を妨げるためにも大変有効と注目されています。そんな発酵物の基本から応用、実践方法までを詳しく、分かりやすく、楽しく学べる講座です♪
 
早速実践したい方は、↓材料費のみで、パン床とひしお麹を作って、お持ち帰り出来ます(*^▽^*)
  +パン床を作る方 +1500円 (完全予約制)→下記持ち物2点をご持参の方はそれぞれ値引きとなります。
  +ひしお麹を作る方 +500円 (完全予約制)
♪♪パン床とは♪♪
 パンやビール等を材料に、簡単に作れる、有用微生物の住み家”パン床”。”ぬか床”のようにかき混ぜる必要もなく、冷蔵庫で保存、面倒なお手入れは一切なし。なんと!!目の前の食材が手軽に「発酵物」に♪安全に美味しく変化します!!上手に使い続けたらお家の冷蔵庫が、有用微生物のパラダイスに〜♪♪
♪♪ひしお麹とは♪♪
栄養の消化や吸収を助ける為に大切な酵素を、醤油の倍の200種類も持つのが、”ひしお麹”。28度以下の 室温なら常温保存可能で、作り方も使い方もとっても簡単!生きた菌を取り入れる事ができるので、身体に良いのはもちろん!癖になる美味しさ!ご飯にもお豆腐にもよく合います♪♪ ※注「塩麹」とは違います


B自然酵母のパン作りとお料理の講座
16:00〜20:00 参加費2.800円 

完全予約制 先着25名 調理実習室


  自然酵母たっぷりのパンを焼きながら、微生物の事や発酵の事を詳しく勉強しましょう♪
これからの季節に積極的に摂りたい栄養素を、目からウロコの作り方でたっぷり摂って、脳力を
グングンUP
させましょう♪♪
 今日からすぐ実践できる、実践したくなる、身になる講座です♪


【持ち物】
・筆記用具  ・以前受講した際の資料
A講座の方→ スリッパ
 パン床材料をお申し込みの方↓
・タッパー(容量900ml〜1000ml)持参で200円引き/ヱビスビール(350ml)で100円引き
B講座の方↓
・エプロン、三角巾、食器を拭くフキン2〜3枚、スリッパ、パンを持ち帰る袋

★★ご予約&お問合わせ方法★★

ご予約優先!各講座定員になり次第、締切とさせて頂きます。
右向き三角1電話の方→ 070-5321-8241(柳沼)  右向き三角1メールの方→happy.island311@gmail.com
 件名を「4/30健康講座申し込み」とし、お名前・人数・受講されたい講座の番号(@B等)・
 ご連絡先(電話番号またはPCからのメールが受け取れるメールアドレス)を記載ください。


★☆★ 講師プロフィール ★☆★

竹井Takei 真澄Masumi

 東京家政大学 短期大学部栄養科卒業後、大手食品会社に勤務、料理講師となる。
 結婚後ペンション経営の傍ら大学の講師を務める。しかし20代後半に難病を発症、半身不随による車椅子の生活、極度の物忘れなどの闘病生活を経験。そして、毎日摂る食べ物がとても大切だという基本的なことに立ち戻る。
 自身の息子の病気等もきっかけとなり医学への理解を深め、家庭を持ちながらも、東京大学 農学生命科学 医学系大学院を終了。
 数年間、オリンピックやサッカー日本代表選手、プロ野球選手等の栄養指導に従事。
 現在は、栄養学や微生物、発酵等についての膨大な知識に基づいた料理指導、講演会等で各地を飛び回る多忙な日々を送る。
 東京農業大学 応用生物科学部 バイオサイエンス学科卒業 
 農学博士、血液診断士、代謝栄養病態学研究員、
 調理師、管理栄養士、微生物研究員、ハーブコーディネーター


協力:非営利団体「本気で元気☆応援隊」ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/happyisland/archive/330
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント