CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

はなしのぶさんの画像
はなしのぶ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
リンク集
日本財団公益コミュニティサイト
成果物のご報告(日財) [2011年03月23日(Wed)]
日本財団様の助成事業についての成果物を、ご報告させていただきました。
コチラのページでご覧いただけます。

特定非営利活動法人はなしのぶ・団体ブログ
(日本財団・助成事業)
Posted by はなしのぶ at 22:29
夜の相談〜旭区編A〜 [2011年03月23日(Wed)]
3月23日(水)、午後6時30分〜
日本財団様の助成によります事業「夜の相談窓口〜旭区編A〜」を
城北市民学習センター・会議室1にて実施しました。
今回も、伊丹昌一 先生に来ていただきました。

相談に来られた方は、
3月12日(土)にWISC-Cを実施しました、未就学児童のご両親と保育園の先生
また青年期の保護者2名の方でした。

ご両親と保育園の先生には、検査の結果から見えた彼の特性と、
今後に向けての支援や、具体的な対応をお話くださったようです。

また、青年期の保護者の方々は、本当に相談機関もなく・・・
内容も、保護者が直接に介入しずらいとのことで、
その表情から、深刻にお悩みの様子が伺えました・・・。


子どものことを心配しない、気にならない親なんて、そう簡単にはいてないと思います。
子どもが大きくなっても、その思いは全く変わらないとも思います。
ちょっとした誤解、ちょっとしたズレ、ちょっとした「気持ちが伝わっていない」状態なだけで・・・。
上手くは表現できないのですが、「明けない夜はない」です。
(言葉の内容は、SST等の冊子をダウンロードください)
全然、遅くない!!決してあきらめることなく!!!だと強く思いました。

ただ・・・言葉では、たやすくて、
相談機関や支援者、悩みを共有できる仲間が身近にいないとなると、
くじけそうになった時に、気持ちを口に出せる場、力のもらえる場、思い直せる場、
こういった場の必要性も痛感しました。
この事業で見えた課題の検討後に、改めて設定できれば・・・と思ってます。

夜の相談では、計14回、のべ35人の相談者の方が来られました。
今回の講師の伊丹先生を初め、この事業でお世話になった多くの先生方
また相談にみえられた方々、この事業をご支援くださいました日本財団様に、
この場をお借りして、お礼申し上げます。

また今回、N様と、H市のN様にも、大変、お世話になりました。
本当にありがとうございました。
Posted by はなしのぶ at 21:11
夜の相談事業〜北区・家庭訪問〜 [2011年03月18日(Fri)]

いよいよ、相談事業も、次回でラストとなりました。
この事業は

「相談したい思いはあっても、昼間は働いていて相談する時間がとれない」

「公共機関での相談に、何らかの事情で行くことができない」

「家族に相談内容を知られると困る」

といった方々を対象に、NPOならでは・・・の取り組みがしたくて、
日本財団様に助成していただき、実現したわけですが、
今回の3月18日午後6時〜は、ご家庭の諸事情やニーズから、
家庭訪問のご希望の方(2世帯)への相談事業となりました。

講師は、NPO法人チャイルズ・黒岡さんに来ていただきました。

家1件目のご家庭は、一軒家をご購入され、
子どもさんに必要な環境調整(スケジュールや構造化)についての助言となりました。
日々の生活、スケジュールを、モチベーションを保ちながら過ごすこと、
また、年齢に応じた「自立して過ごす」ためのアドバイスをされていました。

私も母親なので・・・ついつい自分の子どものことを心底信用しきれず、
自分の都合の良いように、子どもに求める時もありましたね汗
母親だからこそ、分からなかったり、見えなかったりします。それは、みんな同じです。
助言に出会えるかどうか・・・。支えがあるかどうか・・・。
黒岡さんのお話が、お母さんの胸に届く瞬間を見届けました笑い

家2件目のご家庭は、宿題に関すること。
お母さんが、とてもご熱心で、
発達障がいの特性を考えての支援を、すでに精一杯に取り組まれていました。
なのに、子どもさんは、あまり理解していないとのことで、
直近の発達検査(K-ABC)の結果を見ながら、アドバイスしてくださいました。

「同時処理」と「継次処理」のご説明の後、
彼は「継次処理」のタイプのお子さんであること、
お母さんの支援グッズは「同時処理」のお子さんに有効な支援であることを伝え、
彼に必要な学習支援の手立てを、一緒に考えてくださいました。

母親だからこそ、分からなかったり、見えなかったり・・・。
「発達障がい」だからという視点ではなく、
「彼の得意なこと・苦手なこと」なんですよね。
お母さんから「とても楽になった」「先が見えた」とのご感想をいただきました。

今回は家庭訪問のため、写真はNGでした汗
我が家の方が、数十倍、汚いのに・・・悲しい(甘い!レベルが違う!)

講師の先生、2件のご家庭の方、ありがとうございました。

また、本日の相談場所の予定でした「スタジオコムリ」様より、
人形劇のご案内を頂戴しました
ご関心のある方は、どうぞ。
Posted by はなしのぶ at 20:24
夜の相談〜旭区編〜 [2011年03月12日(Sat)]

3月12日(土)、午後6時〜
日本財団様の助成によります事業「夜の相談窓口〜旭区編〜」を
城北市民学習センター・会議室1にて実施しました。
今回は、伊丹昌一 先生に来ていただきました。

相談に来られた方は、
未就学児童1名、小学2年生1名と、その保護者の方でした。

先日、日本財団様の助成により購入させていただいた
WISC-Cを使っての発達検査の実施と、
相談機関がなくてお悩みだった方のご相談でした。



「子どもの相手をしたい!」とプチ保育士を引き受けてくれた彼も有難う。
助かりました。なかなか上手に相手をしてくれてたね。

今回、感じたことは「出発」。
気づきや整理の出発に、お母さんを支えてくれる支援者がいたら、
何があっても、きっと大丈夫。

講師の伊丹先生、相談にみえられた方々、ありがとうございました。
Posted by はなしのぶ at 21:28
お礼〜WISC-C購入〜 [2011年02月26日(Sat)]


2月25日、日本財団様の助成事業により、
WISC-Cの検査器具(コンプリートセット)を2台、アタッシュケースを2個、
また別売の検査用紙もあわせて購入させていただき、それが手元に届きました笑顔

高価なものです。助成してくださいました日本財団様、本当に有難うございました。
子ども達の特性を把握し、強みを活かし、弱みの方略を一緒に考えられるように、
今後の相談事業に、しっかりと活用させていただき、
また、WISC-Cを実施できる人材育成のための研修事業、
器具のレンタル事業などにも、取り組んでいきたいと思っております。





別売の記録用紙を購入させていただいたのは、
今後の事業計画に向けて、大きな意味のあるものになりました。
それにしても、記録用紙・・・Vの約2倍の値段なんですね・・・。

日本財団様には、1年間を通し、私たちが「叶わぬ夢」として描いていた事業を
その実現に向けて応援してくださいました。本当に有難うございました。
Posted by はなしのぶ at 08:21
夜の相談事業 [2011年02月20日(Sun)]
2月18日(金)、午後7時〜
日本財団様助成によります事業「夜の相談窓口」を実施させていただきました。

今回は、伊丹昌一 先生に来ていただきました。

場所は、 都島区.com さんの事務所をお借りして行いました。

相談に来られた方は、お二方とも
「もしかしたら、自分の子どもは発達障がいではないか」
と不安で一杯になっておられるお母さんでした。


特性があるかも知れない・・・と疑った時、
どこに相談するの?どう育てたらいいの?と不安でいっぱいになって、
地域資源の情報にたどり着くまでに時間がかかったり、
ただただ身動きがとれなくなったり、
一人で考え込んだり、ネットで情報検索されたり・・・と、されるかもしれません・・・。
私もそうでした。

ご相談に来られたお母さん方が、少しでも、出口の見える思いで、
お帰りになってくださったなら、私たちも嬉しいのですが。

またいつでも、はなしのぶに遊びに来てくださいね。

講師の先生、ご相談にこられた方、場所をお貸しくださった都島区.com様、ありがとうございました。

Posted by はなしのぶ at 09:54
親子サロン&座談会 [2011年02月05日(Sat)]


2月5日(土)、都島区社会福祉協議会 ふれあいセンター都島において、
日本財団さま助成による事業「保護者とこども・きょうだい児のためのリフレッシュ教室」の都島区コースを開催させていただきました。

都島区コースは「親子サロン&座談会」となっております。

では、講師の先生方のご紹介をさせていただきます。

遊びの先生に、有限会社あーと・ねっとの灘祐介先生
それと、今回はもうひと方、専門家と保護者とを繋ぐ相談員のМ先生、

座談会講師に、NPO法人klalaの副代表 弦川紀子さんをお招きして活動をさせていただきました。


今回は、たくさんのご家族に参加していただきました。(総勢35名)



トランポリンを中心にマットやはしご、滑り台などでアスレチック風に組み立て、灘先生と一緒に身体をたくさん使って遊びました。
隅のほうでプラレールで遊んでいるお子さんも、灘先生がうまい具合にトランポリンの近くまで誘導されていました。めっちゃ自然な感じでびっくり

あとスゴイな〜と思ったのは、遊具じゃない長机とか椅子とかを変身させるんですよねキラキラ
分厚いマットも「えびっくりこれ、立てるん???」みたいな・・・・発想が斬新といいますか・・・。



この上に登ると、マジで高〜〜い汗でも、これ大人気まるみんな、夢中でした。降りるときの身体の使い方なども、灘先生がご家族などにアドバイスされていました。

相談ブースでは、今回初参加の保護者の方々でしたが、弦川さんの話術で和やかな雰囲気で話がすすんでいたようです。
弦川さんはお子さんも大きいですし、色んな経験談も豊富ですので、まだ未就学のお子さんをお持ちの保護者の方の明るい道しるべになったことと思います。



今回、多くの保護者の方々(お父さんもお母さんも)、お子さん、ボランティアの方々がみんな楽しく、キラキラしていてとてもうれしく思いました。

片づけも、みなさんで手伝ってくださり、ありがとうございました。



Posted by はなしのぶ at 23:13
夜の相談事業 [2011年02月01日(Tue)]

1月28日(金)、午後6時〜
日本財団様助成によります事業「夜の相談窓口」を実施させていただきました。

前回に引き続き、大阪YМCAサポートクラスの主任講師で、言語聴覚士の加藤 義弘先生に来ていただきました。

場所は、 スタジオコムリ さんの事務所をお借りして行いました。




今回の相談は、学校との連携や、学習支援についての相談だったようです。
お子さんの年齢は、小学校の高学年のお子さんでした。


終了後、先生に少しお話を伺ったのですが、
担任が変わる度に、先生に子どもの説明をする保護者の負担を、どう軽減するか
という点で、子どものファイルの作成をお願いすること!と教えていただきました。

「気に留まるようなテストの解答」
「行事等々、どうやったら上手くいったのか、といった先生のメモ」
こうした普段の情報を、コピーをしてファイルに挟み、それを使っての引き継ぎを学校にお願いするといいよ!とのお話でした。
IEPや発達検査結果に加えて、具体的な情報が「コピーを挟むだけ」という形で引き継がれたら、親の負担は軽減されるなぁ〜っと思いました。

また不登校のお子さんに対しては、「あと少し頑張ったら、毎日登校できるね」といった言葉は、追い詰めるだけで、登校できた日の頑張りを認めることの大切さを教えていただきました。
間に休んでいいという安心感があるから、頑張れるのだそうです。

「長いスパンで!」「小学校の卒業がゴールではないから」と、おっしゃってました。子どもにも沢山の葛藤があり、自分の状況も十分に分かってると思うんです。
先生の言葉で、ご相談にこられた方が、少しでも安心してくれたらなぁって思いました。


そして・・・学習支援のお子さんにつきましては、
WISC−Vの結果と、当日に実施していただいた「フロスティッグ視知覚発達検査」から
彼の特性に合った学習方法をアドバイスされたそうです。

寒い中、お勉強をしてくれたお子さん、頑張ったね!!えらかった笑い


加藤先生には、この事業で2回お世話になりましたが、助言がとても具体的でわかり易く、すぐに取り組めるお話だという印象でした。

YMCA総合教育センター さんでも、相談事業をされてます。
電球コチラ電球


講師の加藤先生、場所をおかしくださったスタジオコムリさま、相談にみえられた方々、ありがとうございました。
Posted by はなしのぶ at 10:32
リフレッシュ教室 第5回 [2011年01月24日(Mon)]


1月22日(土)、日本財団様助成によります事業、
「保護者とこども・きょうだい児のためのリフレッシュ教室」を開催しました。

★カラーセラピー「パステルアートカラーセラピー」・・・講師:ハートフルカラー 村田先生

「パステルアート」ってご存知ですか?その名の通り、パステルを使って描くんですが、一番最初にカラーブロックを5色選んでもらい、十字の形に置いていくんです。この時、左手でブロックを取らなければいけません・・・ということでした。

左手ということは、右脳を使っているということで、あまり考えずにインスピレーションを大事にするということなのだそうです。

十字に置くという、この十字にも意味がありまして、横軸が「過去」「現在」「未来」とか・・・なにやら、占いのような心理テストのような感じでワクワクしてきます音符

今回は「今年の自分の夢」「今年の目標」「なりたい自分」というテーマで、パステルアートにチャレンジしていきました。十字に置いた「過去」と「未来」の色を使っていきます。

パステルで直接描くのではなく、茶こしで削って粉末にしてから指を使って画用紙に描いていきます。二つの色を画用紙上で思いのまま、混ぜ合わせ描いていくんです。

そして先生が、その色について個別に説明していってくださるのですが、なんていうんでしょ?占いのような診断のような・・・でも、今日選んだ色で明日は違うかもしれない・・・のような、バイオリズム的な???(説明べたですみません汗

ですがびっくりこれ、ちょっとあたってるんじゃないの〜〜〜はてなみたいなまる

参加者の皆さんも、もう打ち解けあっていますので、「ある!ある」状態でした(笑)。深層心理みたいな感じで、女性はめっちゃ好きなんじゃないでしょうか、こういうのハート

最後に、出来上がった作品を皆さんの前で披露し、先生から寸評をいただきました。みなさん、額に入れてお部屋にぜひ飾りましょう!!



★アロマセラピー「ハーブティー」・・・講師:NPO法人海・空・太陽 藤本先生

今回、アロマは「ハーブティー」です。まずは先生が、みなさんの意見を聞きながら様々なハーブをブレンドして、お茶を作ってくださいました。
それぞれのハーブに色んな効能があると言われてますが、やっぱ「美肌」は欠かせないでしょうということで(笑)、「美肌ブレンド」となりました。

ちなみに「ハイビスカス」「ジャスミン」「ローズレッド」「ヒース」「ローズピップ」の5種です。単独では酸味がきつかったりするものも、相性のいいハーブとブレンドすることでとても良い感じになるそうで、そういったことも教えていただきました。

香りも素晴らしくて、ほんとリラックスできました。そして、次は参加者みなさんのオリジナルブレンドを作っていきます。効能表と照らし合わせながら「二日酔いは・・・・」とか「あたし、ホルモンバランス」とか・・・けっこうみなさんマジですね・・・と(笑)。
3つ選んで、先生にアドバイスいただいたり、教えていただきながら楽しくすすんでいきましたチューリップ

みなさん、自分でブレンドしたハーブティーをご家庭で飲んで、癒されてくださいませハイビスカス

★座談会「振り返り」・・・講師:NPO法人チャイルズ副代表 黒岡恵子さん



癒されたあとは、自分の気もちを吐き出してみるということも兼ねて、座談会です。今までを振り返りながら、「今心がけていること」「子どもとの付き合い方」などの変化について意見を交換しました。

  ◎活動を通して、子どもへの接し方が変わった。
  ◎自分の感情コントロールとして、子どもとの距離の取り方が変わった。
  ◎いろんな人に会って、話を聞くうちに「自分だけじゃないんだ」と前向きになれた。
  ◎思っていることを伝えていくことの大切さがわかった。否定的に見ないで関わる。
  ◎参加していくたびに、新たな発見があった。

・・・・などの意見がでていました。講師の黒岡さんからも「支えあう仲間って大切だから、大事にしていこう」といったお言葉がありました。
それぞれ抱えている問題は違うかもしれませんが、話を聞いたり、または話をすることによって前向きな気持ちになれる、素晴らしい座談会となりました。

クローバー〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜クローバー〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜クローバー〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜クローバー


今回で最終となりました「保護者とこども・きょうだい児のためのリフレッシュ教室」ですが、参加された皆さん、講師の先生方、本当にお疲れさま&ありがとうございました。

最後にアンケートをご記入いただいたのですが、アロマもカラーも「家庭でも取り入れていきたい」「もっと詳しく知りたい」など、みなさんとても喜んでくださったようです。

また、座談会に関しても「人に話すということの大切さがわかった」「人の話を聞くのも勉強になった」などの意見がありました。

全体を通してでは「親のリラックス系は参加するのが初めてだったが、自分には必要かも・・・と感じた」というご意見もありました。

みなさん、これからも会ってお話する機会をぜひ設けていきたいですねまる


Posted by はなしのぶ at 11:21
夜の相談事業 [2010年12月13日(Mon)]


12月10日(金)、午後6時〜
日本財団様助成によります事業「夜の相談窓口」を実施させていただきました。

今回は、大阪YМCAサポートクラスの主任講師で、言語聴覚士の加藤 義弘先生に来ていただきました。

場所は、 都島区. com さんの事務所をお借りして行いました。



今回の相談は、主に学校との連携の仕方や、進学、進路、それと不登校についての相談だったようです。

お子さんの年齢も小学校高学年〜中学生とちょっと高めでした。

終了後、先生に少しお話を伺ったのですが、進路や就職については、やはり6年生あたりからビジョンを持っていたほうがいいとのことでした。
そして、そのビジョンも漠然とではなく、より具体的に現実的に考えていくことが大切のようです。そういったことを、子どもと一緒に調べ、考えていくなどのアドバイスをいただきました。

YМCAのサポートクラスでも、実際にそういったことについて教えていってるのだそうです。

また不登校に関しても、より具体的に親の対応のありかたなどもアドバイスされたようです。

具体的にお話してくださると、対応する保護者にとってもわかり易く、取り組みやすくなってきますよね。

講師の加藤先生、場所をおかしくださったドットコムさま、相談にみえられた方々、ありがとうございました。
Posted by はなしのぶ at 12:45
| 次へ