CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

はこだて海の教室 ブログ

イベント・講座等の参加募集やレポート、ニュースをお知らせします


7月21日「水族館飼育員体験講座」イベントレポート [2019年07月31日(Wed)]
 
2019年7月21日、イベント「水族館飼育員体験講座」を函館朝市にて開催しました。

「はこだて海の教室〜海と日本PROJECT〜」では、函館朝市において、子どもたちと一緒にミニ水族館を創っています。今日は参加者のみんなが水族館の飼育員になって、お魚たちの世話をします。


IMG51417.jpg

 
飼育員は、見に来てくれたお客さんを楽しませることもお仕事。最初の体験は「イシダイの輪くぐりショー」です。イシダイは頭が良くて好奇心もおう盛な魚。輪っかが危険なものではないこと、輪をくぐったら食べ物がもらえる事を覚えると、自分から輪をくぐるようになります。
 
IMG51420.jpg


さあ、上手に輪をくぐれたら、みんなで拍手! エサをあげましょう。こんなふうに、イシダイに輪くぐりを覚えてもらうんだね!
 
IMG51429.jpg

 
魚たちが水槽で元気に暮らすための環境を整えます。水がきれいであること、魚が元々生活している海と同じ温度、そして適度な量のエサ、休んだり隠れたりする場所が必要な魚もいます。
 
IMG51438.jpg

 
子どもたちは4つある水槽の担当に分かれて、魚のお世話を体験しました。
まずは水の温度を確認。岩場の水槽は17.3℃に設定しています。次にpH試験紙を使って水の酸性・アルカリ性を測定、記録します。海の水はもともと弱アルカリ性ですが、水が汚れるとだんだん酸性になるのでチェックが必要なのです。

 
IMG51449.jpg
 

水族館に来てくれたお客さんが魚をよく観察できるように、水槽のくもりをふき取ります。
 
IMG51461.jpg
 

エサは少しずつ、魚たちが食べているか様子を見ながら与えます。もし食べ残してしまったら、水が汚れる原因になるので片付けないといけません。
 
IMG51485.jpg
 

あっ! ちゃんと食べてくれたね!
 
IMG51496.jpg
 

今回の講座では、魚の体型と泳ぎ方の関係、好む深さや地形の違いなど、魚の種類によってさまざまであることを学びました。いか釣り堀ひろばにある4つの水槽も、中にいる魚に合わせて環境を変えているんだね。
 
IMG51505.jpg
 

最後に、海のゴミ問題について学習しました。このままでは海に漂うゴミが、魚の数より多くなってしまうかもしれないんです。私たちが陸上でゴミをポイ捨てしてしまうと、いずれは海を汚すことにつながるんだ。
 
IMG51562.jpg

 
みんなで海を守るためのメッセージカードを書きました。カードは今後、函館朝市内に掲示します。
 
IMG51576.jpg
 

講座に参加してくれた子どもたち。みんなで力を合わせて、海を未来につなげよう!
 
IMG51589.jpg
 
 
===

はこだて海の教室
⇒イベント公式サイトはこちら


 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

はこだて海の教室実行委員会さんの画像
http://blog.canpan.info/hakodate-umi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hakodate-umi/index2_0.xml