CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年10月 | Main | 2016年12月»
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
100万回の「ありがとう。」 [2016年11月30日(Wed)]
センター長の仙石です。いつも青年センターをご利用いただきありがとうございます。
さて、以前もお知らせしましたが本日付で青年センター長を退任いたします。

161130sen592.jpg
4年11カ月という長い間、ありがとうございました。就任当時まだ20代の私をセンター長として迎えいれて育ててくれたのは、周囲の人たちとこれ以上ないほど恵まれた環境に他なりません。利用者および市民の皆様、スタッフをはじめとする関係者の方々には心から感謝申し上げます。

今から約15年前、私は青年センターに出入りするようになりました。
当時はまだ学生(10代でした!?)でボランティア活動や演劇、成人祭などで利用させてもらっていました。このときは自分が青年センターの運営に関わり、ましてやセンター長になるなんて思いもしませんでした…

しかし、学生なのにいつしか函館市青年サークル協議会の事務局長をやらせてもらうことになり、周囲の大人たちに叱咤激励いただきながら、時には涙し、若者の力でこのまちを元気にしたいという思いで突き進んできました。約7年半前、この施設をより良いものにしたいという思いで「青年センターの指定管理者に応募しましょう!」と自らが意を決したことは一生忘れません。

青年センターは私の人生を変えてくれた大切な場所です。
考えてみると、自分の人生の約半分は青年センターとともに歩んできたことになります。

青年センターが私にしてくれたように、これからも多くの若者たちの自主性と積極性を育て、出番を提供し続けられるような場所になるよう心から願っています。

161130sen591.jpg
明日からは相談役として青年センターに関わり、2017年4月にオープンするGスクエア(函館コミュニティプラザ)の準備にかかります。これまではセンター長でありながらも、たくさんの失敗を許容してくれる環境にありました。しかし、これからはそれに甘えることなくしっかりと前進していきたいと考えています。

「ありがとう」の言葉じゃ足りないくらい、伝えきれないほど、青年センターに感謝を込めて。

センター長 仙石
Posted by sen59 at 21:30 | センター日記 | この記事のURL
たくさんお世話になりました! [2016年11月29日(Tue)]

こんにちは! アルバイトスタッフの小田島 慧です。おだしです。
この度、11月27日をもちまして青年センターを退職することになりました。

CIMG6812.jpg

27年2月から約1年9ヶ月間働いて、様々なことを学ばせてもらいました!楽しかった!
特に自分は、青年センターで働くきっかけにもなったプログラミングワークショップで、たくさんの利用者さんと関わらせて頂きました。とても充実した時間を過ごせました。(小学生、可愛かった)

また、青年センターの利用者層は子どもからお年寄りまでと幅広く、臨機応変な対応を求められました。とても刺激的な、他ではできないような、貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございます!

自分自身も利用者として、スタッフとしてこの施設を見た時、もっと函館を好きになれる。そんな素敵な施設だと思えました!これからもたくさんの利用者さんが、この施設から飛び出して函館市を盛り上げてくれることを願っています。。



ちなみに、来年の4月からは東京に就職しますが、2月までは『はこだてみらい館』でアルバイトスタッフとして出没しますよ。
そして、2月10〜12日にはこだて未来大学 情報デザインコース『卒業展覧会』を開催しますので、是非お越し下さい!自分も出展します!


たくさんの感謝を利用者様とスタッフに。
ありがとうございました!



アルバイトスタッフ おだし
Posted by sen59 at 09:00 | センター日記 | この記事のURL
光るクリスマスカードを作ろう! [2016年11月28日(Mon)]

函館市未来のIT人材育成推進事業 小中学生のためのプログラミングワークショップ
11月19日に青年センター会議室で開催されました。
参加者は小学生と中学生の20名。
お手伝いは学生スタッフの他に、函館のIT企業の方がお手伝いしてくれました。

CIMG6729.jpg



今回のテーマ
「動くクリスマスカードを作ろう」です。
いったいどんなもの…?まずは下の映像をご覧ください!


モーターが回転したり、LEDが光ったりしてますね。
今回は、電子機器を埋め込んだクリスマスカードを皆さんに作ってもらいました!



そして…
今回使う道具はこちら!!

IMG_0499.jpg
CIMG6725.jpg

今回はパソコンを使いません!
電子工作がメインです!(もちろんプログラミングもします)



このブロックですが6月に開催したワークショップでも登場しました。
その時の様子
パソコン上にあるプログラムを、実際に触れるブロックにしたのが
この「プラグラミング」です。
プラグラミングがある限りずっとブロックを繋げることができて、
モーターやLEDの強さや速さを調整することができます。

CIMG6723.jpg
IMG_0900.jpg



まず最初は、用意された紙にLEDやモータを取り付けます。
ちゃんと通電しているかチェックもしました。

IMG_0887.jpg
CIMG6750.jpg



正しく設置できたら、電池をモーターやLEDと繋げていきます。
みんな初めての電子工作に苦戦していました(汗)

CIMG6769.jpg
IMG_0888.jpg



出来上がった紙に電子機器をつなげることができたら、
自分のカードに思い思いの絵を描いていきます。
動く!オリジナルクリスマスカードの完成です!

IMG_0688.jpg
IMG_0698.jpg



出来上がったカードはみんなクリスマス仕様です!
CIMG6788.jpg
CIMG6785.jpg



そして最後は5人グループで、それぞれのカードをプラグラミングで繋げました!
順番に光るクリスマスカードの完成です!

IMG_0659.jpg
IMG_0715.jpg



今回、モーターやプログラミングができるブロックを持ち帰ることはできませんでしたが
お土産にクリスマスカードとLEDをプレゼント。
電池につなげれば家でも光らせることができます!

IMG_07312.jpg



さて、次回はクリスマスなので特別ゲストが登場します!
小学生からはじめるわくわくプログラミングの著者でもある、阿部先生が講師です。
Facebookページ
皆様、ぜひご参加ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回のワークショップ
◎開催日時:12月23日(金)24日(土) 両日 13:00〜17:00
◎受付開始:11月24日(木) ※キャンセル待ち
◎場所:函館市青年センター 会議室
◎ゲスト:阿部 和広(青山学院大学 客員教授、津田塾大学 非常勤講師)
◎参加費・材料費:無料
◎テーマ:「おもしろ装置」でおもてなし
人を楽しませる仕掛けをプログラミング

アルバイトスタッフ 小田島
Posted by sen59 at 10:00 | センター日記 | この記事のURL
【12/3,4】劇団PaPの「私たちの場所」! [2016年11月27日(Sun)]
函館市内、またはその近郊で絶賛活動中の
演劇団体によるイベント「箱館演劇ライン」

箱館演劇ライン2016.jpg

今年9月から始まり、来年の2月までの約5ヶ月間
市内各所で様々な舞台が行われています。

今回は演劇ライン参加作品のひとつで
青年センターで活動中の劇団PaPによる
「私たちの場所」のお知らせ!

15110500_702126796610195_9083361187886857239_o.jpg

15055688_702126819943526_8745261858775439195_n.jpg

脚本・演出/吉松知花
出演/外崎 椎奈 くりすてぃーぬ 下村 新之助 岩川 鈴木 奈央


いつもの場所で4人の演劇部員が集まり、演劇で遊び
演劇で自分の思いを伝えたり叫んだりぶつけたりします。
色んなエチュードを行ったり来たり。くだらないけどそれが良い。
12月の寒い冬の日。今日もあの日も雪が降っていた。



どんな物語になるか、とても楽しみですね!
演劇人の作品、気になる方はぜひ観に行ってみてください!

アルバイトスタッフ 武田


詳細はこちら↓

箱館演劇ライン2016
劇団PaP「私たちの場所」
公演日時:12月3日(土)、4日(日)13:00〜(開場30分前)
場所:中島れんばいふれあいセンター
    コミュニティスペース
料金:一般1,000円 学生500円(当日割増なし)
お問合せ:劇団PaP 吉松(E-mail: tomo_tantata@yahoo.co.jp)
劇団PaP ブログはこちら Twitter→@hakodatePaP

主催:箱館演劇ライン実行委員会
後援:函館市/函館市教育委員会 他
Posted by sen59 at 09:05 | センター日記 | この記事のURL
たこ焼きで勉強スペース応援DAY [2016年11月26日(Sat)]
青年センターでは若者の居場所づくり事業として、1Fロビーに併設している勉強スペースをご利用の学生さん対象で、毎週木曜日(応援DAY)にお菓子などを無料にてお配りしています。
今回は大学センター試験が始まる前に激励の意味も含め、年に一度のスペシャルDAYとして、11月17日(木)にたこ焼きを振舞いました。
14608745_1164371836973748_1245444785803926671_o.jpg

この日は60名の高校生が集まり、たこ焼きを400個焼くには私ひとりでは間に合わず
助っ人として青年センターを活動場所として利用している劇団G4のメンバーが
ボランティアスタッフとしてお手伝いをしてくれました。
161117takoyaki04.jpg

161117takoyaki12.jpg

161117takoyaki17.jpg

お二人ともありがとう!とても助かりました。


161117takoyaki09.jpg
劇団G4代表の飯塚さんも駆けつけてくれましたが、
み〜て〜る〜だ〜け〜・・・いやいや、お二人の監視役です(笑)

161117takoyaki10.jpg
今回のたこ焼きは、かつおだしをたっぷり使った生地で、外がカリカリ・中がトロトロ、
トッピングにはソースではなく昆布しょうゆを塗り、青海苔とかつお節を使用した和風です。

161117takoyaki16.jpg

161117takoyaki11.jpg

161117takoyaki14.jpg

161117takoyaki13.jpg

みんな美味しいと食べてくれてまずは一安心。
青年センターでの良い思い出となってくれれば幸いです。
これから寒さが厳しさを増しますが、体調不良にならないように気をつけて
センター試験には万全の体制で挑みましょう!

クッキングパパ洞内
Posted by sen59 at 09:25 | センター日記 | この記事のURL
若者リーダーフォーラム@盛岡に参加してきました! [2016年11月25日(Fri)]

わたし、アルバイトスタッフふるだては、
11月19日・20日に岩手県盛岡市で開催された
「若者リーダーフォーラム」に参加してきました!
(主催:公益財団法人 明るい選挙推進協会

今年は、選挙権が18歳に引き下げられたこともあり、
選挙は今、話題のテーマですよね!
選挙権の変」もご覧になってみてください!

目的:
・政治的リテラシーの向上
・明るい選挙推進運動の活性化、若者啓発グループの連携

IMG_0911.jpg

日程:
11月19日
@講演「政治的リテラシー 有権者と議会」
A総務省から
B「話し合い活動について」
Cワークショップ「メディア・リテラシー講座」
11月20日
D活動報告
E哲学カフェ

@政治的リテラシーとは何か
選挙に関する意識調査より。
(岩手大学・岩手県立大学で政治学系の科目を受講している学生249名を対象としたアンケート)
<問1>住民票を実家がある自治体から居住している自治体に移していない割合は69%にも及ぶ。
<問13>選挙期間中、名簿登録地以外の市町村に滞在しているひとは、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で「不在者投票」ができますが、「不在者投票」の制度があることを知っていますか。
→聞いたことがあるし、実際に投票したこともある-3%
→聞いたことがあるし、投票方法も知っている-21%
聞いたことはあるが、投票方法は知らない-58%
→聞いたことがないので、知らない-16%

これは、岩手大学と岩手県立大学の学生を対象としたアンケート調査の結果ですが、
函館の学生も当てはまるのではないでしょうか?
住民票を移すように呼び掛けているそうですが、あまり行動に移されないのが現実。
親から移さなくてもいい、と言われることが多いそうですが、そこで
「なんで移したほうがいいんだろう、移さなくていいんだろう」
としっかり考えて自分で選択することが大切ですね!

IMG_0974.jpg
IMG_1024.jpg

Cワークショップ「メディア・リテラシー講座」
メディア・リテラシーとは、
市民がメディアを社会的文脈でクリティカルに分析し、評価し、メディアにアクセスし、
多様な形態でコミュニケーションをつくりだす力をさす。
また、そのような力の獲得をめざす取り組みもメディア・リテラシーという。

今回は東日本大震災のニュース構成を読み解き、
誰の立場で構成されているか、
なぜそのような構成なのか(社会的文脈を考慮)、
伝えられていないことは何か、なぜか
についてグループワークをしました。

そこからは、社会的に子どもたちは「守られるべき者」、学校は「守るべき者」と認識され、
子どもたちも学校側も「被災者」であるにもかかわらず、
子どもたち・保護者にスポットが当てられていることがわかりました。
(保護者が裁判に勝訴したということもありますが。)

このように、普段から新聞、テレビ、ネット、人間というメディアに囲まれて生活している私たちは、
常に情報を手にすることもできますが、もしかしたら意図的に仕組まれたものもあるかもしれません。
しっかりとメディアをクリティカルに分析することが大切ですね!
(リテラシーというと、批判的にみる、ととらえがちですが、
 そうではなくクリティカルにみる、という視点が必要)

IMG_1157.jpg

E哲学カフェ
最後は、哲学カフェ。
「<伝える>とは何か?」をテーマにどんどん話を進めていきました。
・伝えるときに気をつけていること-資料を用意する、イラストを使用、ジェスチャー、表情 等
・どうしたら伝わったと言えるか-相手が理解したと確かめることができる、相手が行動に移す 等
・相手の反応-レスポンス、リアクション
・伝える-演劇、ダンス、アートという表現
・「伝わる」「伝える」の違いは???-「伝える」の最上級が「伝わる」 等
様々な意見が飛び交いました。
最後には、「伝える」を定義しないと話が進まないのでは?という意見も出ましたが、
哲学とは壊したものを再構築する意味もあると思うので、
今回の話を個人個人が持ちかえって「伝える」の定義を考えることが大切なのかなと思いました。

------------------------------------------------------------------------------

D活動報告では、
イコットプロジェクト
TCUE投票ファクトリー
あおもり投票率向上サポーター
から報告がありました。
他にも様々な団体が活動しているようです→こちら

------------------------------------------------------------------------------

今回このように参加してみて、他大学との交流や活動を知ったり、選挙について話したり、
とても有意義な時間になったと思います!
一部しか紹介できませんでしたが、少しは「選挙」に興味が出てきたのではないでしょうか?
青年センターにも「Voters」という情報誌が置いてありますので、
ぜひ手にとって読んでみてください!
スクリーンショット 2016-11-25 11.18.25.png


アルバイトスタッフ ふるだて


Posted by sen59 at 09:46 | センター日記 | この記事のURL
はじめまして! [2016年11月24日(Thu)]
161122kawamura01.jpg
始めまして。11月21日よりアルバイトスタッフとして働くことになりました川村むつみです。
函館に住み始めて5年。
青年センターのスタッフの方々の優しさと
楽しい講座に支えられること多々!
函館生活を満喫してきました。
好奇心旺盛で、イベント大好き♡
今度は恩返しの想いを込めて精一杯頑張ります。
まだまだ地域の事に慣れない私ですが、よろしくお願いします。
アルバイトスタッフ 川村
Posted by sen59 at 14:00 | センター日記 | この記事のURL
HakodateHackNight vol.6が開催されました! [2016年11月23日(Wed)]



どうする?函館の空き家
20161110_hakodateHackNight_vol.6.jpg



-----------------------------------------------------------

11月10日に青年センターでは、
私ふるだても所属している青年団体であるCode for Hakodate主催の
HakodateHackNight vol.6が開催されました。
前回の様子はこちら

「どうする?函館の空き家」をテーマに
2時間強に及ぶ濃い内容のイベントになりました。
Facebookはこちら
Twitterはこちら

▽ゲスト
・池ノ上 真一 氏(北海道教育大学函館校 准教授)
大阪・堺生まれ。「技術の人間化」を理念とする芸術工学を学び、都市・地域計画・まちづくり・観光を専門とする。これまで特定非営利活動法人たきどぅん(竹富島)、(公財)日本ナショナルトラスト(東京都)といったNPO・NGO職員として観光を活用した地域づくりに取り組む。 国土交通省観光庁 地域資源を活用した観光地魅力創造事業検討委員会委員、広島県魅力ある観光地づくり(観光拠点魅力創造)事業 アドバイザー等を歴任。

・長谷山 裕一 氏(函館市 都市建設部 景観政策担当 課長)
函館市出身。函館東高、東海大学工学部建築学科卒。建設会社を経て94年市役所入り。都市建設部、企画部で、まちづくりや市民活動支援、高等教育連携、交通政策など業務に従事。15年4月から現職。

▽ファシリテーター
ハコダテサカラ編集室

-----------------------------------------------------------

HHN20161110-1.jpg

まず、池ノ上先生からは、
「空き家って何?」「空き家ってどうやってできるの?」
というみんなが気になるところを分かりやすく説明していただきました。
@「住居」「住宅」の違い
Aライフスタイルの変化によって家の形・機能も変化する
B空き家になる・なった原因
一番興味深かったのは、B空き家になる・なった原因です。
みなさんはどうしてだと思いますか??
-------人口減少だから。
-------手放したくない。
-------????????

池ノ上先生の見解によると、
戦後の持ち家政策、中央集権型のまちづくり、地域のあり方への無関心
があげられるそうです。
人口減少によって、最近空き家が増えてきたな〜〜!そういうわけじゃないんです。
(それもあるとは思うけれど)今までの積み重ね、今だけの問題ではないことが分かりますね。
今後、空き家に対する取り組みには目が離せませんね!
HHN20161110-5.jpg

次に、長谷山さんからは函館の西部地区にフォーカスしたお話をしていただきました。
市民運動のはじまりであったり、景観条例についてだったり。
平成15年の空き家調査では209件の空き家があったそうです。
自分が住んでいる地域も歩いてみると、結構あるかも??!!

空き家は別にあってもなんともないでしょ。って思っているあなた!
平成15年には空き家が火災に遭い、お隣のあの五島軒が延焼してしまう事件もあったのです。
空き家に対しての意識が変わりますよね!
HHN20161110-3.jpg

最後は、ハコダテサカラ編集室の藤島さんがファシリテーターのもと、
池ノ上先生、長谷山さんを交えてトークセッション。
空き家に対するマイナスのイメージ、プラスのイメージについて語っていただきました。

また、初のグラフィックレコーディングにも挑戦し、
分かりづらいとは思いますが、載せておきます(想像力を働かせて読解してください(笑)。
HHN20161110-4.jpg
HHN20161110-6.jpg

-----------------------------------------------------------

今回は、ITについてのお話ではありませんでしたが、
今後アクションを起こす際の私たちの、みなさんの、情報提供の場になればと思います。
ホットな話題である「空き家」について興味がわいてきたのではないでしょうか??

これからも毎月HakodateHackNightを開催していく予定ですので、
今後も楽しみにしていてください!

【来月の宣伝】
Code for Hakodateのなが〜い1年を振り返ろう!LTもあるよ
Hakodate Hack Night Vol.07
HHN20161210-1.jpg
イベントページはこちら
日時:2016年12月10日 19:00 - 22:00
会場:ブルーポイントアネックス

アルバイトスタッフ ふるだて

Posted by sen59 at 15:00 | センター日記 | この記事のURL
落ち葉清掃の頼りになる機械! [2016年11月22日(Tue)]
秋も終わり冬の入り口が開いたかなという昨今。
鮮やかな紅色や黄色で私たちの目を楽しませてくれた紅葉が
役目を終えたかのように地面に降り積もっています。
これも風情だなぁと思うのも束の間、、、
そう、お掃除しなければなりません!
広い敷地を掃除するのに昨年まで悪戦苦闘。
人力では限界があることを悟り、今回は頼りになる機械を導入しました!

161117_1.jpg
ブロアーです。
青年センターの裏は砂利が敷いてあるので、箒ではうまく
いきません。
こういったところではますます便利な機械です。

161117_2.jpg
こんなにきれいに集まりました!

161117_3.jpg
袋詰めもラックラク♪
やはり道具って大切ですね。
夏場の草刈にも大活躍してくれそうです。
今年ももう少し出番があると思います。
頑張ってもらいましょう!

スタッフ いけだ
Posted by sen59 at 13:00 | センター日記 | この記事のURL
ほっかいどうSNSユースミーティングに参加しました! [2016年11月21日(Mon)]
161120sns3.jpg
11月20日(日)は平成28年度ほっかいどうSNSユースミーティングに参加しました。
北海道主催のインターネットテレビ会議で「若者の意見を北海道政に反映させるための仕組みづくり」について道内各地の若い人たちと語り合いました!

札幌、帯広、旭川、函館、釧路から学生や市民活動をしている社会人など若者10名が参加し、函館からは私と元輝ふぁーむなどで精力的に活動している山田圭寿さんが参加しました。

161120sns5.jpg
インターネットテレビ会議はスカイプを活用して行われました。パソコン画面にはそれぞれの会場が映し出され、音声でやりとりができます。便利な時代になりましたね!ファシリテーターは札幌のユースコミュニティデザイナー丸藤たつのりさんです。

議題は大きく分けて2点です。
1点目の「若者の意見や希望を北海道に届けるには」では、インターネットやSNS、学校や地域と連携して収集しては?という意見がありましたが、集約だけでなく「まずは道政に関心を持ってもらう工夫が大事なのでは?」「意見をすることで具体的に変わったことを示すべきでは?」など挙がりました。
2点目の「北海道の未来のために」では「貧困を減らすための子どもに対する教育・生活支援をすべきでは?」「地元で暮らしたいと思ってもらうための仕組みをつくるべきでは?」「若者が北海道の魅力をとらえづらいのではないか?」など活発に意見が交わされました。

若者には道政への入口を広く設定し、地域と人同士のつながりの密度を濃くして口コミ等で広げていくことが大切であると感じました。

参加された皆さんお疲れ様でした!若者のために道政がよりよりものになりますように。

センター長 仙石
Posted by sen59 at 16:55 | センター日記 | この記事のURL
| 次へ