CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年11月 | Main | 2016年01月»
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
本年もありがとうございました。 [2015年12月29日(Tue)]
いつも函館市青年センターをご利用いただき誠にありがとうございます。センター長の仙石です。

今年も多くの方に支えられて運営してきた青年センターですが、大きな事故もなく無事に年越しを迎えられそうです。本日が仕事納めになります。スタッフ一同この場をおかりし、利用者の皆様、市民の皆様に対して厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

今年の青年センターは「前途洋洋」を掲げて様々な事業を実施し業務に取り組んできました。日頃から多くの方々に囲まれてたくさんのパワーを頂戴しており、施設の前途が大きく広がっています。来年以降もそんな方々と手を取り合って、その広がりを強固なものにするべく邁進して参りたい所存です。

来年の函館は、3月に開業する北海道新幹線や6月のフルマラソン初開催など、まちに変革の流れがたくさん巻き起こります。このことから、施設運営においては地域と一帯となった運営がより強く求められると認識しています。日々発信される情報や多種多様なニーズをより敏感に察知し、若者だけでなく市民の皆さんに必要とされることで、函館の魅力度アップに貢献できるものと考えます。
今年は、若者向けの勉強スペースが定着化し、高校生や大学生のインターンシップやプロジェクト学習の受入を積極的に行ってきました。このような若い風を施設に注ぎ続けることで、施設自体の魅力も高めていき、青年センターの施設設置目的を達成したいと考えています。

青年センターは老朽化が激しい施設ではありますが、2016年も利用者の皆様と一緒にアイディアを出し合いながら、限られた条件の中で工夫を凝らした施設運営を実施していきたいと考えております。

これからも函館市青年センターをよろしくお願い申し上げます。

青年センターは12月30日(水)から1月3日(日)まで年末年始休暇を頂戴いたします。1月4日(月)から開館いたしますので、新年また皆様にお会いできることを楽しみにしております。

甚だ簡単ではございますが、今年の年末のごあいさつとさせていただきます。

2016年が皆様にとって素敵な年になりますように。
それでは皆様よいお年を!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 15:35 | センター日記 | この記事のURL
青年センターの年越し準備 [2015年12月28日(Mon)]
今年の青年センターの開館日も今日を含めて残り2日となりました!函館市内は昨日今日とドカ雪が降って除雪作業で皆さん大変な思いをされていることと思います。

さて、青年センターでは新年を迎えるための準備を進めています。大掃除はあらかたササっと終わってしまいましたので正月飾りの御紹介です。

151228shime1.jpg
入口には大きな「注連縄(しめなわ)」を取付けます!
あとは施設内の水道蛇口に「輪飾り」を取り付けました。

151228shime3.jpg
そして、大きな鏡餅を受付前に設置しました!
来年の干支を添えた造語による四字熟語「勇果敢」は来年の青年センターのテーマです。センター試験まで残り3週間を切った現実逃避気味の高校生たち…ぜひその熟語のように果敢に試験にのぞんでもらえればと思います!ラストスパート頑張って!

これで館内はお正月気分!安心して新年を迎えらえます。

青年センターは明後日から年末年始休館をいただきます。
新年は1月4日(月)からの通常開館いたします。
皆様におかれましてよりよい新年をお迎えください。
2016年も青年センターをなにとぞよろしくお願いします。

平成27年度 函館市青年センター年末年始休館
12月30日(水)〜1月3日(日)年末年始休館
1月4日(月)〜 通常通りの開館

センター長 仙石
Posted by sen59 at 17:42 | センター日記 | この記事のURL
科学で楽しく自由研究♪箱型万華鏡を作りました! [2015年12月27日(Sun)]
小学生たちが冬休みに入って最初の土曜日となる12月26日
『ちかこ先生の科学で楽しく自由研究♪ふしぎな箱型万華鏡を作ろう』
を開催しました!

151226hako004.jpg
講師は、サイエンス・サポート函館 科学楽しみ隊の井上千加子先生です。
各テーブルを他のメンバーの方々がサポートしてくれました。

今回は箱型万華鏡づくりですが、工作に入る前に鏡について楽しくお勉強。
鏡を使っていろいろなことを体感します。

151226hako012.jpg

151226hako018.jpg
顔の大きさを定規で測ります。
大きさの異なる2種類の鏡を使って顔を映すと、小さい方は全部は入りきりません。
鏡に全体像を映すには被写体の半分以上の大きさがないといけないとのこと。
小さな鏡はこどもの顔の半分より小さいサイズだったので見えなかったんですね。
なるほどです!

151226hako023.jpg

151226hako035.jpg
天井、自分の靴、壁の向こうなど、鏡の角度をどのように変えたら見えるのか。
そして二枚の鏡を使って、頭のてっぺんや首の後ろなど通常の視界では捉えられないところを見たりしました。

151226hako042.jpg

151226hako046.jpg
二枚の鏡を使うのに慣れたところでちょっとしたゲーム。
自分の背中に貼られた動物の絵を二枚の鏡を使って見て当てます。
みんなしっかり当てていましたよ。

151226hako054.jpg

151226hako059.jpg
次は鏡を曲げたときにどうなるか実験しました。
鏡に顔を映して谷折りで横(地面と平行)に曲げると上下が、縦(地面と垂直)に曲げると左右が反対に見えます。

151226hako068.jpg

151226hako069.jpg
スプーンの凹面ではある程度離れた距離までは上下左右が反転し、一定の距離まで近づけると普通の映り方になります。
このあたりの原理は高校生あたりで習う分野かと思いますが、小学生のうちにこういう現象を見ておくということが大切なのかもしれませんね。

151226hako071.jpg

151226hako074.jpg
そして絵や文字を左半分だけにしたものに鏡をあてます。
すると欠けていた右半分が鏡に映ってきちんとした絵や文字が完成。
シンプルですがやってみると面白い実験です。

151226hako082.jpg

151226hako083.jpg
次の実験は鏡文字。
鏡だけを見て自分の名前を平仮名で書きます。
実際に紙に書かれた文字は反転します。
しかしこれがなかなか難しい・・・たくさんのこどもたちが苦戦していました。
大人の脳トレにもいいかもしれませんね。

151226hako086.jpg

151226hako092.jpg
最後の実験は鏡で囲まれた空間がどのように見えるか、です。
実際に小物を置いて、鏡を開く角度によってどうなるか観察します。
鏡を広げていくと中に置いたものが増えて見えます。
万華鏡の原理はこういうことから成り立っているんですね。

151226hako102.jpg

151226hako112.jpg

151226hako117.jpg

151226hako123.jpg

151226hako127.jpg
いよいよ工作です!
箱型万華鏡の前に、三角錐体の万華鏡制作でデモンストレーション。
普段使うことの無いアクリルカッターに慣れる意味でも大事な作業です。
素材はポリカーボネイト製のミラーです。
二等辺三角形に加工したミラーの反射膜(裏の水色部分)にカッターで向こう側が透けるまで5本程度傷をつけます。
できた筋に好きな色のマーカーを塗り、それを三枚作って三角垂体に仕上げます。

151226hako132.jpg
中はこのように見えます!
きれいですねー。

151226hako137.jpg
ビー玉をひとつ置くと反射で20個に見えます。
鏡の間に小物を置いた実験の応用編というところでしょうか。
おもしろいです!

いよいよ箱型万華鏡の制作になります。
正方形のミラーを6枚使用して立方体にしていきます。
少し細かい作業があるので、お母さんたちがフォローして頑張りました!

151226hako148.jpg

151226hako149.jpg
先生が作ってくれた説明書通りにさきほど練習したアクリルカッターで削っていきます。
6面のうち3面で同じ作業をします。
たくさん筋をつけるのでお母さんの出番が多くなりました。

151226hako159.jpg

151226hako169.jpg
削った部分に好きな色のセロファンフィルムを貼ります。
出来上がったらどう見えるかわくわくしますね。
残りの3面にのぞき窓をつけて貼り合せると・・・

151226hako173.jpg
完成です!
集中力を要する作業でしたが、みんな頑張りました!

151226hako174.jpg

151226hako176.jpg
みんなが完成品をのぞいています♪
その目にどんな光景が映っているかというと・・・
151226hako178.jpg
綺麗です!
ずっと見ていても見飽きないような美しい空間です。

151226hako180.jpg
冬休みが始まって最初の週末にすてきな作品ができましたね。
寒い中ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
風邪など引かず楽しい冬休みを過ごされることを願っています。
また、井上千加子先生をはじめサイエンス・サポート函館 科学楽しみ隊の皆様、今回もすばらしい企画をありがとうございました!
夏休みにもまたこどもたちの笑顔を見るためにご協力お願いいたします!

スタッフ いけだ
Posted by sen59 at 17:20 | センター日記 | この記事のURL
クリスマスツリー、また来年! [2015年12月26日(Sat)]
皆さんはどのようなクリスマスをお過ごしになりましたか?

151226tree4.jpg
昨日でクリスマスが終わったので、青年センターに飾っていたクリスマスツリーを片付けました!
長期間設置していたので、なくなってしまうととてもさびしいですね…

短冊に願い事を書いてくれた皆さんありがとうございました!
子どもがサンタさんにおもちゃをお願いしていたり、資格や大学の合格祈願、恋人が欲しいなどが多くを占めていました。短冊の数は700枚ほどはありました…

151226tree5.jpg
私が最もかなってほしいと思ったお願いごとです。
センターで活動しているサークルの発表会!
ぜひとも成功してほしいです!

また来年もクリスマスツリーを設置する予定ですのでどうぞお楽しみに!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 16:17 | センター日記 | この記事のURL
劇熱!鍋の陣!(予告編) [2015年12月25日(Fri)]
年2回発行している青年センター広報誌ゆぅすかわらばん最新号発行へ向けて準備を進めています。
最新号の特集記事では北海道新幹線開業を盛り上げるべく若者たちが「青函鍋」を開発する様子を掲載します!

151220toragiwa45.jpg
今回の企画では、青年センターで活動している、芝居組「虎」公立はこだて未来大学演劇部 劇座不手際がタッグを組みました!「おいしい鍋作りは私たちに任せて!」とのこと。

151220toragiwa29.jpg
最近、クッキングパパとして大活躍の洞内スタッフがアドバイスをします!

151220toragiwa52.jpg
鍋の作成中に新撰組が現れます!?
「こんな不味い鍋、食えるか!」と・・・

果たしておいしい鍋は出来上がったんでしょうか?乞うご期待!

青年センター広報誌ゆぅすかわらばん第17号は2016年3月末発行予定です。
どうぞお楽しみに!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 14:39 | センター日記 | この記事のURL
Christmasも勉強スペース応援DAY! [2015年12月24日(Thu)]
世間ではクリスマスムードでございますが、青年センターは通常通り開館しております!
そして今日は毎週実施している「勉強スペース応援DAY」の日です!

151224xmas7.jpg
クリスマスということでグレードアップ!
スペシャルメニューをご用意!
心も身体もあたたまる・・・カップめんです!
昨年も実施しましたが大変好評でした。

151224xmas1.jpg
今日はいつも勉強スペースを利用してくれている高校生にお手伝いしてもらってカップめんを配布しました!協力してくれてありがとう!

151224xmas5.jpg
今日はクリスマスだけれど、受験生にはそれを楽しんでいる余裕はないですものね!?

センター試験まであと1カ月を切りました!?
先日設置した合格祈願巨大絵馬もどうぞご活用ください!

人事を尽くして天命を待てるよう…がんばってくださいね!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 20:28 | センター日記 | この記事のURL
【1/7・8】北海道科学大学-市民公開講座 [2015年12月22日(Tue)]
北海道科学大学の市民公開講座が行われます。

20151218_北海道科学大学市民公開講座.jpg

「ストロー笛をつくろう!」
講師 情報工学科 松崎博季 教授
ドレミファソラシド〜♪を奏でる笛をストローを使って作ります。

平成28年1月7日 北斗市総合文化センター
          10:00〜11:30
          対象 小学生
          先着25組
平成28年1月8日 サン・リフレ函館
          10:00〜11:30
          対象 小学生
          先着25組

新幹線の開発技術あれこれ
〜軽量化のための段ボール構造〜
講師 機械工学科 太田佳樹教授
最先端の車両軽量化技術を生活の周りにあるものを例に解説する「大人の理科の授業」です。

平成28年1月7日 北斗市総合文化センター
          14:00〜15:30
平成28年1月8日 サン・リフレ函館
          14:00〜15:30
定員 一般の方50名

子どもの方から大人の方まで幅広く楽しんで頂ける内容です。
子どもさんには冬休みの自由研究に、大人の方は春に来る新幹線について
発見のある講座になるのではないでしょうか。

お申込み・お問合せ
北海道科学大学 教育研究推進課 地域連携係
011-676-8664(9:00〜17:00 土日祝・12/26〜1/4除く)
chiiki@hus.ac.jp

アルバイトスタッフ 佐々木
青年センターフェスティバルWinter2016 始動!!! [2015年12月21日(Mon)]
青年センター最大のイベントとして毎年9月に行われている
青年センターフェスティバルを、なんと!真冬の2月に
「青年センターフェスティバルWinter」(通称 冬フェス)としてやっちゃいます!

CIMG4014.jpg

CIMG4024.jpg

12月15日に第一回青年センターフェスティバルWinter2016実行委員会が行われました。
真冬の閑散期に何か盛り上がる企画をやろう!ってことで
「ココロもからだもあたたまる」をテーマに体育館のみを使用し
情熱のステージと、体があたたまる料理(有料)をご来場者様にご提供します!


◆青年センターフェスティバルWinter2016

・青年センター利用サークルを中心に、函館市民への活動の“発表の場”と“つながりの場”となることを目的とする。
・参加者・来場者が相互に交流し、新しい活動につなげ地域交流および地域活性化を目的とする。

●開催日時・会場
日 時  2016年2月7日(日) 11:00〜14:30(予定)
会 場  函館市青年センター 体育館(入場無料)

●ステージ発表
[出演サークル](11団体)
・函館躍魂いさり火(YOSAKOIソーラン)
・柳苑謳歌(YOSAKOIソーラン)
・ついんくる(YOSAKOIソーラン)
・函館学生連合〜息吹〜(YOSAKOIソーラン)
・函館SQUAD(ダンス)
・教育大モダンダンスクラブ(ダンス)
・Dance club BEE(ダンス)
・Rion SPIRATION(ダンス)
・安来節探究会(安来節)
・The☆Pleasure Brass(吹奏楽)
・劇団G4(喜劇)


●飲食販売
[体が温まるメニュー販売・全品500円以下]
(12/21現在 4店舗確定・2店舗返事待ち)
・奥芝商店函館本店〜道南でSHOW〜(スープカレー・他)
・和風とんかつ専門店とん悦(カレーライス・具沢山豚汁)
・焼鳥おおとり本町店(お客様に辛さをお選びしていただく赤味の地獄うどん)
・想作たこ焼き ひとふね(スープたこ焼き・たこ焼き)

*全店舗の()内のメニューは変更になる場合もございます。予めご了承下さい。


ステージプログラムや飲食販売等の最新情報は決定次第、
順次公開しますのでお楽しみに!!!

青年センターフェスティバルWinter2016事務局長 洞内(どうない)
自由研究を先取り♪ [2015年12月20日(Sun)]
2015年が終わりに近づいてきましたね。
小学生のこどもたちにとっては待ちに待った冬休みがやってきます。
冬休みに入る前に自由研究を先取りしちゃおう!ということで本日
『自由研究先取り!陶芸1日体験教室』
を開催しました。

151220_11.jpg
講師はstudioclaynote主宰で陶芸作家の石川久美子先生です。
21名(定員20名)の小学生にやさしく指導をしてくれました。

151220_07.jpg
まずは成型作業。
事前に何を作るか考えてもらっています。
それを紙に書いてから粘土をこねて作りたいものをかたちづくっていきます。

151220_09.jpg
ドライヤーで仮乾燥して少し固くなったら色付け作業。
実際つけた色と焼きあがり後は少々色が変わりますが、その風合いも陶芸の魅力ですね。

151220_12.jpg
完成です!
素敵な作品がたくさんできましたね。
みなさんおつかれさまでした。
焼き上がりをお楽しみに♪

スタッフ いけだ
Posted by sen59 at 13:55 | センター日記 | この記事のURL
12月26日(土)27日(日)AOHAKOシアター公演『水たまりのお天道様』 [2015年12月19日(Sat)]

箱館演劇ライン2015、最後の公演が行われます。

20151215_水たまりのお天道様.jpg

AOHAKOシアター公演
『水たまりのお天道様』

《青森公演》
2015年12月19日(土)・20日(日)
19日/19:00開演(18:30開場/18:00受付開始)
20日/14:00開演(13:30開場/13:00受付開始)
会場:BLACK BOX(2階)

《函館公演》
2015年12月26日(土)・27日(日)
26日/19:00開演(18:30開場/18:00受付開始)
27日/14:00開演(13:30開場/13:00受付開始)
会場:函館市地域交流まちづくりセンター

STORY
父親の介護で婚期を逃した男。両親を失い養子として育った子供…。日々の中で、
それぞれが抱いてきた想いが浮かび上がる。簡単に繋がったと思える世の中で、不
器用に繋がろうとする人々を描く。

【AOHAKOシアター】
 AOHAKOシアターは、2014年12月、青函共同主催企画「アレコ青函ソ
ウルヴァージョン」が上演された際、函館市の舞台人の情熱、舞台人としての生き
方に共鳴を受けた3名(作・演出として田邉克彦、プロデューサーとして小笠原真
理子、主演俳優として林久志)の、「青森と函館を舞台芸術でつなぐプロジェクト
を実施したい、もっと繋がりたい。」という想いから生まれました。
 2016年、青森と函館は北海道新幹線で繋がり、今以上に文化交流を活性化で
きる環境が生まれます。青森と函館が陸続きになる先駆けとして、函館の演劇人と
ともに、一つの作品を作りあげ、更に心をつなげることで、活動の場を開き、刺激
しあい、互いの地域の観客が支えあえる演劇文化の発展につなげていきたいと考え
ています。
 このプロジェクトユニットは、青森県では異例の実績を持つ30代後半から40
代の企画力、行動力、演劇人力を持つ3名と、独特の雰囲気で東京・札幌にもファ
ンが多い50代の俳優、そして函館で活躍する演劇人による最強メンバーで構成し
ています。これを契機に継続した長期的な展望を持つ企画として、活動を広げてい
きます。

●脚本・演出
田邉 克彦

●出 演
[青森] 永井 浩仁 林 久志 小笠原 真理子
[函館] 館 宗武 小笠原 咲希

●入場料
(一般)1,000円 (学生)500円 ※当日券は500円増
チケット取扱所 / 函館市青年センター サンロード青森 成田本店しんまち店 
         青森演劇鑑賞協会
※青年センター他、上記プレイガイドにて発売中!

詳しい情報などは「箱館演劇ライン」のホームページをご覧ください↓
 箱館演劇ライン

2015年の締めくくりに演劇鑑賞などいかがでしょう。



アルバイトスタッフ 佐々木
| 次へ