CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« センター日記 | Main | 視察報告»
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
3月の新刊情報! [2017年02月28日(Tue)]
3月の新刊情報のお知らせです。

蜂蜜と遠雷
恩田 陸 著
発行日 2016年9月20日(第1版)

しんせかい
山下 澄人 著
発行日 2016年10月30日(第1版)

本のタイトルと作者をみて、ピンときた方もいるかと思いますが
3月の新刊は、第156回直木賞・芥川賞受賞作品です!

2017年本屋大賞にもノミネートされた恩田陸さんの「蜂蜜と遠雷」と、
山下澄人さんが原点に向き合いながら書いた渾身作の「しんせかい」

以上2作が3月の新刊です!

3月1日より青年センター2階の図書コーナーに並びます。
ぜひ気軽にお立ち寄りください♪
※3月1日は水曜日のため17時開館です。

スタッフ あらき
Posted by sen59 at 09:00 | 新刊情報 | この記事のURL
2月の新刊情報! [2017年01月30日(Mon)]
青年ライブラリー、2月の新刊のお知らせです。

『夜行』
森見 登美彦 著
発行日 2016年10月30日(初版)

『i アイ』
西 加奈子 著
発行日 2016年11月29日(初版)

『罪の声』
塩田 武士 著
発行日 2016年8月2日(初版)


第156回直木賞にノミネートされた森見登美彦の「夜行」

「サラバ!」で直木賞を受賞した、西加奈子の「i アイ」

第7回山田風太郎賞を受賞し、
昭和最大の未解決事件「グリコ・森永事件」を題材にした塩田武士の「罪の声」

以上3冊が青年ライブラリー、2月の新刊です!
この3冊は2017年本屋大賞にもノミネートされています!

青年ライブラリーには他にも、本屋大賞にノミネートされた
川口 俊和 著 「コーヒーが冷めないうちに」(元センター長文庫)
村田 沙耶香 著 「コンビニ人間」
が所蔵されています。併せてご覧ください。


スタッフ あらき
Posted by sen59 at 10:25 | 新刊情報 | この記事のURL
1月の新刊情報! [2017年01月05日(Thu)]
1月の新刊情報のお知らせです。

『よるのばけもの』
住野 よる 著
2016/12/12 発行


『何様』
朝井 リュウ 著
2016/8/30 発行(2016/11/15 第3刷発行)


『君の名は。』
新海 誠 著 
2016/8/15 発行

ベストセラーとなった「君の膵臓をたべたい」の著者、住野よるの最新作「よるのばけもの」

2013年に直木賞を受賞した朝井リュウの「何者」、そのアナザーストーリーである「何様」
2016年秋に「何者」が映画化され話題になりましたね。

2016年一番ヒットしたであろう映画で興行収入が200億円を突破した「君の名は。」の小説版
通常の小説版とは違い、少し文字が大きめで漢字にふりがながついていて、とても読みやすいものになっています。
こちらはセンター長文庫として所蔵いたします。

以上が1月の新刊ラインナップです!
こたつの中でみかんを食べながら読書なんていかがでしょうか。


スタッフ あらき
Posted by sen59 at 17:30 | 新刊情報 | この記事のURL
12月の新刊情報! [2016年12月01日(Thu)]
12月の新刊情報のお知らせです。

『恋のゴンドラ』
東野 圭吾 著
発行日 2016/11/5

『スマイリング!』
土橋 章宏 著
発行日 2016/10/25

『告白の余白』
下村 敦史 著
発行日 2016/11/23

以上3作が12月新刊のラインナップ!
東野圭吾氏と下村敦史氏はともに乱歩賞作家ですね。
「スマイリング!」は函館を舞台にした作品です。
親近感を持って読めると思いますよ♪
12月1日に青年ライブラリー新刊コーナーに並びます。
ぜひ、ご一読を!

スタッフ いけだ
Posted by sen59 at 14:35 | 新刊情報 | この記事のURL
センター長文庫に新刊入荷!(2016年11月) [2016年11月12日(Sat)]
青年センター2階にある図書コーナー(青年ライブラリー)の「センター長文庫」に新刊を入れましたのでご紹介します!いつも図書コーナーをご利用いただきありがとうございます!(新刊情報はこちら)

今月は劇作家&演出家特集です!

161105sen59s.jpg
コーヒーが冷めないうちに
川口俊和 著
過去に戻れる不思議な喫茶店「フニクリフニクラ」で起こる4つのお話。過去に戻っても現実は変えられないのに、それでも戻りたいと思う人たちが得たこととは果たして!?

昭和からの遺言
倉本 聰 著
貧しいながらも今よりも幸せだったと語る倉本さん。終戦後の日本をどのように生き抜いてきたかのでしょうか。人とのつながりや情、豊かさとは何かを改めて考えさせられます。

「空気」と「世間」
鴻上尚史 著
日常生活において「空気を読め!」という雰囲気になることってよくありますよね。その「空気」の正体とは?「社会」や「世間」で「最近、息苦しいな」と思っている方は必読です。

青年センターでは若い人だけでなく多くの方に読書をしていただきたく青年ライブラリーを設置しています。センター長文庫はこれまで私仙石が購入して読んだ本の中から「この本は色んな人に読んでもらいたい!」と思ったものを設置しています!

本をお読みになった方で、館内にいる私に感想などお聞かせいただけるととてもうれしいです! ぜひ、お手に取ってお読みいただければと思います!あと「この本おもしろかったよ!」というのがあればぜひ教えてくださいね!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 10:03 | 新刊情報 | この記事のURL
11月の新刊情報! [2016年10月31日(Mon)]
11月の新刊情報のお知らせです。

『ずうのめ人形』
澤村 伊智 著
発行日 2016/7/31

『継続捜査ゼミ』
今野 敏 著
発行日 2016/10/18

『ブラタモリB』
NHK「ブラタモリ」制作班 監修
発行日 2016/10/15

ゆぅすかわらばん第13号でおすすめ図書のコーナーで紹介している「ずうのめ人形」
函館ラ・サール高校出身の作家、今野敏氏の「継続捜査ゼミ」
人気TV番組「ブラタモリ」で函館編が放送された内容を紹介している「ブラタモリB」

以上3作が11月の新刊ラインナップ!
11月1日に青年ライブラリーに並びます!
ぜひ、ご一読を。

スタッフ いけだ
Posted by sen59 at 12:59 | 新刊情報 | この記事のURL
10月の新刊情報! [2016年09月30日(Fri)]
10月の新刊情報のお知らせです。

『危険なビーナス』
東野 圭吾 著
発行日 2016/8/26

『大沼ワルツ』
谷村 志穂 著
発行日 2016/7/18

『失踪者』
下村 敦史 著
発行日 2016/9/13

言わずと知れた人気作家、東野圭吾の最新作『危険なビーナス』
札幌出身で北海道を舞台にした作品を数多く出している谷村志穂の最新作『大沼ワルツ』
乱歩賞作家、下村敦史がおくる最新山岳ミステリー『失踪者』

以上、3作品が10月新刊のラインナップ!
そういえば東野圭吾氏も『容疑者Xの献身』で江戸川乱歩賞を受賞していましたね。
ミステリーと恋愛、いろいろなジャンルを楽しめる新刊となっています。
10月1日に青年ライブラリーに並びますので、ぜひご一読を!

スタッフ いけだ
Posted by sen59 at 09:15 | 新刊情報 | この記事のURL
センター長文庫に新刊入荷!(2016年9月) [2016年09月16日(Fri)]
青年センター2階にある図書コーナー(青年ライブラリー)の「センター長文庫」に新刊を入れましたのでご紹介します!いつも図書コーナーをご利用いただきありがとうございます!(新刊情報はこちら)

今月は政治家&選挙特集です!

160830sen59_s.jpg
世界でもっとも貧しい大統領
ホセ・ムヒカの言葉

佐藤 美由紀 著

今年の4月に来日したウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領が発言した言葉が収録された本です。ホセさんの人生哲学や物事の考え方、自由や本当の幸せって何かを考えさせられる本です。

残念な政治家を選ばない技術
「選挙リテラシー」入門

松田 馨 著

積み重ねることや自ら考えて判断することの大切さ、知っておいた方がいい公職選挙法における違反行為など、選挙プランナーが世代を問わず有権者に伝えたいことが書かれています。

天 才
石原 慎太郎 著

石原 慎太郎さんが、行動力と人徳に富んだ田中 角栄さん(元内閣総理大臣)に成り代わって書いたモノローグです。昭和の出来事を交えながら秀逸な表現でつづっているのでどんどん世界観に引き込まれていきました!

青年センターでは若い人だけでなく多くの方に読書をしていただきたく青年ライブラリーを設置しています。センター長文庫はこれまで私仙石が購入して読んだ本の中から「この本は色んな人に読んでもらいたい!」と思ったものを設置しています!

本をお読みになった方で、館内にいる私に感想などお聞かせいただけるととてもうれしいです! ぜひ、お手に取ってお読みいただければと思います!あと「この本おもしろかったよ!」というのがあればぜひ教えてくださいね!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 08:45 | 新刊情報 | この記事のURL
8月の新刊情報! [2016年08月01日(Mon)]
8月の新刊情報のお知らせです。

ポイズンドーター・ホーリーマザー
湊 かなえ 著
発行日 2016/5/20

陸王
池井戸 潤 著
発行日 2016/7/10

幸せになる勇気
岸見 一郎 著
古賀 史健 著
発行日 2016/2/25

湊かなえの原点回帰!
人の心の裏の裏まで描き出す極上のイヤミス6編を収録した
『ポイズンドーター・ホーリーマザー』
下町ロケットや半沢直樹シリーズで不動の人気を誇る池井戸潤の最新作
『陸王』
130万部以上売れている『嫌われる勇気〜自己啓発の源流「アドラー」の教え』の続編
『幸せになる勇気』

以上3作品が8月の新刊ラインナップ!
暑くなってきましたが、木陰で読書なんて気持ちいいかもしれませんね。
青年ライブラリーの無料貸出をどうぞご利用ください♪

スタッフ いけだ
Posted by sen59 at 12:00 | 新刊情報 | この記事のURL
センター長文庫に新刊入荷!(2016年7月) [2016年07月27日(Wed)]
青年センター2階にある図書コーナー(青年ライブラリー)の「センター長文庫」に新刊を入れましたのでご紹介します!いつも図書コーナーをご利用いただきありがとうございます!(新刊情報はこちら)

160724sen59s.jpg
下り坂をそろそろと下る
平田 オリザ 著

人口減少はもはや課題ではなく与件。仮に雇用を確保しても若者たちは地方に戻ってこないので、良い環境をいかして魅力あるまちづくりを進め、文化政策をしっかりと前に進めていくべきという主張に共感しました。また、了見をひろめ寛容になる必要性も感じました。

やらなきゃゼロ!
財政破綻した夕張を元気にする全国最年少市長の挑戦

鈴木 直道 著

地方創生が叫ばれている昨今、地方は今何をしなければならないのかのヒントが書かれていると思いました。ちなみに鈴木市長は私と同じ年齢…本当に頭が下がります。彼のような奇特な政治家がいることで若者が政治や選挙に持つようになると感じました。

世界から猫が消えたなら
川村 元気 著

函館ロケ映画としても話題になった同名映画の原作です。自分にとって大切なものを失うことがどれだけ辛いことかを感じることができました。スラスラと読めてしまうので、映画を観た方もそうでない方にも読んで欲しい本です。

青年センターでは若い人だけでなく多くの方に読書をしていただきたく青年ライブラリーを設置しています。センター長文庫はこれまで私仙石が購入して読んだ本の中から「この本は色んな人に読んでもらいたい!」と思ったものを設置しています!

本をお読みになった方で、館内にいる私に感想などお聞かせいただけるととてもうれしいです! ぜひ、お手に取ってお読みいただければと思います!あと「この本おもしろかったよ!」というのがあればぜひ教えてくださいね!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 11:08 | 新刊情報 | この記事のURL
| 次へ