CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【3/14】これから50年先の函館、日本、世界 | Main | 有権者として求められる力を身につけるために・・・。 »
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
京雛と関東雛?!今年も雛人形を飾りました! [2016年02月18日(Thu)]
160218hina2.jpg
本日、函館日本語教育研究会(JTS-hakodate)の皆さんのご厚意で雛人形を青年センターロビーに飾っていただきました!毎年きれいに飾って頂いています。ありがとうございます。

JTSさんは外国人向けの日本語学習会を主催していることもあり、この活動を通じて外国人の方に日本文化の理解を深めてもらうために行っています。

昨今、雛人形を飾らない家庭も増えてきているようですのでロビーの雛人形を見てコメントをしていく方が結構いらっしゃいます。それにしても日本独特の文化って、私たちのココロをホッとさせてくれますよね!

160218hina4.jpg
ちなみに左が京雛で右が関東雛の飾り方です。
向かって左側にお内裏様が座っているものが一般的な飾り方で「関東雛」になります。
逆に向かって右側にお内裏様が座っているものは「京雛」です。

それには理由があります。京の時代は「左は右より上位」とされていたため向かって右側にお内裏様が座っています。一方、明治天皇の時代になると京都から関東に皇居が移りました。明治時代に入ると西洋の考え方である「右は左より上位」という考え方が取り入れられるようになったことと、大正天皇即位の礼で天皇陛下が皇后陛下の右側(向かって左側)にお立ちになったことから関東雛の風習が広まったとされているとのことです。(雛人形.jpより一部引用)

3月3日(木)まで設置している予定なので、青年センターにお越しの際にはぜひロビーの雛人形をご覧ください!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 21:30 | センター日記 | この記事のURL