CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«若者の声を道庁に届けよう! | Main | 青年戦隊クリーンレンジャー出動!»
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
はこだてカルチャーナイト2015に参加しました! [2015年10月03日(Sat)]
151002korokuri02.jpg
10月2日(金)に市内各所で行われた「はこだてカルチャーナイト2015」に青年センターは今年も参加しました!強風等のため開催されるかどうか最後まで検討されましたが、一部の施設をのぞいて予定通り実施されました。(参加のお知らせ記事はこちら)

151002korokuri17.jpg
青年センターの「はこだてカルチャーナイト」参加は今年で3回目。イベント自体は今年で11年目で、函館市内の文化施設や教育施設、民間施設などが市民向けに夜間開放し、地域の文化活動発信を目的に毎年実施されています。

151002korokuri06.jpg
151002korokuri08.jpg
昨年までは青年センターで活動している団体によるステージイベントでしたが、今回は青年センターで活動している劇団G4・劇団PaPのメンバーらが監督・脚本・役者をつとめた自主制作短編映画「コロッケとヘソクリ」の上映会を行いました!

出演・音楽・スタッフ全て函館在住のメンバーで制作された15分の短編映画です。函館の実家で暮らす娘が「何か」を見つけたいがために、意を決して家族に一言を発します・・・「東京へ行きたい!」と。娘の葛藤と親の愛情が描かれた心温まるショートムービーです。冬の夜の心温まる出来事。普通の家族に起こった、ちょっと特別な優しいある日の物語です。

151002korokuri05.jpg
151002korokuri13.jpg
映画上映後はトークイベントも実施しました。

今回の映画監督 米谷 志緒さん(劇団G4)からは、映画を通して伝えたかったことや心に残ったエピソードを伺いました。
娘役で主演の梅木 彩羽さん(元劇団PaP)からは、撮影した1年前と来年から新社会人になる今の自分の心境と今回の作品を重ねて感じたことや舞台と映像の違いを伺いました。
お父さん役の飯塚 優さん(劇団G4)からは、2児のお子さんを持つお父さんなので20歳の娘が出来た感想などを伺いました。
お母さん役の木村 さちよさん(劇団G4)からは、劇団G4で長年の交流を持つ飯塚さんが旦那役になった率直な感想などを伺いました。

この日は2回上映で20名ほどのお客様にご来場いただきました。会場には娘であり母でもある方がご来場いただき、二つの立場から何かを感じてくれたご様子だったので監督の米谷さんがとても喜んでいました!
なお、この映画は11月7日(土)に市民会館で行われる函館アートフェスティバル2015でも上映予定ということです。今回見逃した方はそちらもチェックしてみてください。

強風の中、お足元の悪い中、お寒い中、ご来場いただきありがとうございました!はこだてカルチャーナイト関係者の皆さんお疲れ様でした!

センター長 仙石
Posted by sen59 at 21:50 | センター日記 | この記事のURL