CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鉄くずたちの行方 | Main | 内線の案内を分かりやすくしました♪»
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
韓国語学習者の輪をひろげよう!はこだて韓国語学習フェア [2015年01月24日(Sat)]
150124korean001.jpg
先日もこのブログでご紹介しましたが、はこだて韓国語学習フェア2015が1月24日(土)に青年センター体育館で行われました。青年センターで活動しているJTS(函館日本語教育研究会)の有志メンバーが実行委員会を組織して実施され、韓国語の学習者やこれから始めようという方たち50名が参加しました。

韓国語を学ぶ人は函館にたくさんいても、一緒に遊ぶことはあっても勉強したり勉強の仕方を話すことがなかなかないことから、その機会を作ってしまおうというのが開催趣旨とのことです。そのことでお互いの勉強方法を知って「つまずき」を解消したいとしています。

150124korean006.jpg
最初は菊地英語塾代表の菊地陽哉さんによる「ハングルを日本語に変換する」をテーマに講演がありました。
韓国語も日本語も語源は対応しています。ハングルの頭子音には日本語のとある行と共通している点があることをルールとして理解することで日本語に変換でき、効率よく読み方や単語を覚えたりすることができるそうです。

150124korean012.jpg
次に市内で韓国語の教員をしている武村英剛(今回の実行委員長)による「外国語<会話>練習の落とし穴」と題して講演がありました。
外国語を学ぶ時には基礎固めはもちろんですが、人と会話をしようという姿勢が大事。相手に伝えたいことを感情に込めて、自分の言葉で発せられるようになることで文法が定着し忘れることはないそうです。単語を忘れた(あるいは知らなくて)としても知っている単語に置き換えて会話をすることが大事なんだなと思いました。

150124korean015.jpg
参加者同士で「会話練習」を実際にやってみました。会話のパターンを覚えて、自分の知っている言葉で声に出すことが重要です。

150124korean021.jpg
また、講演終了後は会場内に「外国語教育法に関する書籍紹介」「国内外の韓国語教科書展示」「韓国語学習成果物展示」が展示されていたので、参加者同士で交流を深めていました。

今回のイベントを経て、韓国語にとどまらず外国語を学習している人たちの輪が広がることで、函館の国際化がさらに発展していくきっかけとなることを願っています。

センター長 仙石
Posted by sen59 at 17:34 | センター日記 | この記事のURL