CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

第11回赤松こも巻き体験会(10/17)参加者募集 [2015年09月30日(Wed)]

第11回赤松こも巻き体験会参加者募集(参加無料)
開催日時:平成27年10月17日(土)午前10時から正午まで
集合場所:あかまつ公園(七飯総合公園)駐車場
実施内容:赤松こも巻きと歩道の清掃
詳しい内容は赤松街道を愛する会こも巻き体験会リーフレット.pdfをご覧下さい!!
参加申込は0138-67-5855(七飯町役場)または函館エコロジークラブ(0138-52-0230)へご連絡ください。
赤松観察会(8/1) [2015年08月27日(Thu)]

「赤松街道を愛する会」は国道5号のアカマツ街道で「赤松観察会」を8月1日(土)10時から開いた。好天にも恵まれ53名が参加し、4,5名の班に分かれ90本の赤松の幹の太さや高さを測ったり、松ぼっくりの多さや枝枯れやコブなどを確認した。参加した東京の小学3年生の鈴木陽和(ひより)ちゃんは「函館のおじいちゃんとおばあちゃんと一緒に参加しました。アカマツがこんなにたくさんあると知らなかった」と驚いていました。同会の寺沢久光会長は「歴史ある赤松街道を守りながら、これからもたくさんの人に慈しまれ、親しまれるようになってほしい」と話していた。
赤松観察会 陽和.jpg
北海道新聞に掲載されました

2015-08-01.jpg
参加者全員で記念撮影

赤松観察会参加者募集(平成27年8月1日) [2015年07月02日(Thu)]

第11回赤松観察会の参加を募集致します。
と き:平成27年8月1日(土)午前10時〜12時
ところ:あかまつ公園駐車場
詳細はリーフレットご覧下さい!!
 
赤松コモ外し体験会(平成27年3月14日) [2015年03月15日(Sun)]

平成27年3月14日(土)午前10時より赤松街道を愛する会が主催する「コモ外し体験会」が地元や近隣市町からボランティア約50人が参加してコモを外す作業に精を出しました。同会は2005年に設立以来、昔ながらの害虫駆除法として、冬ごもりを行う虫の習性を利用し、木の幹にわらを巻いておびき寄せる方法で、コモ巻やコモ外し、観察会等を実施してきました。
CIMG2048[1].jpg
開会挨拶「赤松街道を愛する会」会長寺沢久光
「今年で11年目、次は20周年に向けて活動を続けましょう」と挨拶

CIMG2052[1].jpg
挨拶:七飯町副町長宮田東より激励の言葉

CIMG2054[1].jpg
樹木医斎藤晶先生からコモ外しの効果と害虫の見分け方についての説明

;">
CIMG2056[1].jpg
NPO法人函館エコロジークラブの鈴木繁幸からコモ外しの要領の説明

CIMG2063[1].jpg
コモを外しながら虫を探す参加者

CIMG2064[1].jpg

CIMG2066[1].jpg

CIMG2093[1].jpg
真剣に注意深く虫を探します

Cimg2114kakudai.jpg

CIMG2116kakudai.jpg

Cimg2122kakudai.jpg
マイマイガの幼虫を発見

CIMG2129[1].jpg

CIMG2131[1].jpg

CIMG2134[1].jpg
参加者全員で探した害虫を一箇所に集めました

CIMG2136[1].jpg
樹木医の斉藤先生からの総評。今年はマイマイガは多かったが、最大の害虫である「マツカレハ」は少なかった。これからも油断せずコモ巻を続けるように!
CIMG2137[1].jpg

CIMG2140[1].jpg
閉会挨拶:函館道路事務所事業専門官大工秀樹より赤松の保護に感謝の言葉
こも外し体験会 3/14(土) [2015年02月06日(Fri)]

第10回赤松こも外し体験会を3月14日(土)10時から行います。集合場所はあかまつ公園駐車場です。
akamatu01[1].jpg

詳しくは下記のリーフレットをご覧下さい(クリックして下さい)。
多くの方の参加をお待ちしています。

NPO こも外し体験会リーフレット.pdf
赤松街道を愛する会設立10周年記念祝賀会 [2014年11月03日(Mon)]

赤松街道を愛する会が平成17年2月21日に会を発足してから10年目の節目を迎えることから平成26年11月2日に10周年記念祝賀会を七飯町文化センターで中宮七飯町長、坂田七飯町議会議長はじめ関係者が参加して賑々しく行われました。最初にNPO法人函館エコロジークラブ福西理事長に団体表彰行い、斎藤晶樹木医に顧問表彰、そして役員表彰、模範ボランティア表彰と続き、田村函館道路事務所所長による祝杯で祝賀会が開宴しました。奥田利男さまによる10年間の活動記録DVDが上映されますと参加者は大いに盛り上がり、更なる飛躍を誓い合いました。

DSCF3227.jpg
団体表彰を受けるNPO法人函館エコロジークラブ福西理事長

DSCF3230.jpg
顧問表彰を受ける斎藤晶樹木医

DSCF3251.jpg
中宮七飯町長の祝辞

DSCF3252.jpg
坂田七飯議会議長の祝辞

DSCF3255.jpg
NPO法人函館エコロジークラブ福西理事長の受賞者代表謝辞

DSCF3257.jpg
田村函館道路事務所所長による祝杯

DSCF3276.jpg
参加者全員による記念撮影
コモ巻体験会!!(10/18)赤松街道を愛する会が主催 [2014年10月20日(Mon)]

「赤松街道を愛する会」は10月18日(土)、七飯町の国道5号(通称赤松街道)で、アカマツ70本に害虫を駆除するための「コモを巻き体験会」を開きました。「こも巻き」は松にとって害虫のマツクイムシが暖かいところに集まる習性を利用して、冬場にコモに害虫を誘い込み、春先にコモごと焼却する環境に優しい駆除方法です。
「こも巻き体験会」は今回が10回目で、七飯町や函館市から約50人が参加しました。樹木医の斎藤晶先生がアカマツの生態を説明した後、函館エコロジークラブのメンバーがコモの巻き方と「男結び」の結び方を指導した後、参加ボランティアが3,4人がかりで慣れない作業を悪戦苦闘しながら「コモ巻き」を実践しました。来年3月には、「コモ外し体験会」を予定しています。

宮田七飯副町長の開会の挨拶(2014_1018)
宮田七飯副町長の開会の挨拶

樹木医の斎藤晶先生からコモ巻きの必要性の説明(2014_1018)
樹木医の斎藤晶先生からコモ巻きの必要性の説明

ボランティアによるコモ巻き体験会(2014_1018)
ボランティアによるコモ巻き体験会

沢田道路事務所第一工務課長より閉会の挨拶(2014_1018)
沢田道路事務所第一工務課長より閉会の挨拶

参加者による記念撮影(2014_1018)
参加者による記念撮影
10周年記念「赤松観察会」(9/27) [2014年09月29日(Mon)]

「函館エコロジークラブ」が協力しております「赤松街道を愛する会」の10周年記念行事として「赤松観察会」が9月27日(土)午前9時からお昼過ぎまで、約55名が七飯町の「あかまつ公園」に集合して行われました。樹木医の斎藤晶先生の説明を聞きながら赤松の観察や歩道清掃そして育苗ポットづくり、そして寺沢会長による赤松街道の誕生の生い立ちを聞きながら七飯町職員の手作りによるジンギスカン料理を楽しみました。
赤松街道を愛する会・寺沢会長と中宮七飯町長(2014_0927)
赤松街道を愛する会・寺沢会長と中宮七飯町長


約55名が集まった10周年事業(2014_0927)
約55名が集まった10周年事業


七飯町西大沼の赤松苗育成場にて(2014_0927)
七飯町西大沼の赤松苗育成場にて


樹木医の斎藤晶先生による赤松育苗についての説明(2014_0927)
樹木医の斎藤晶先生による赤松育苗についての説明


七飯町職員手作りによるジンギスカンの昼食(2014_0927)
七飯町職員手作りによるジンギスカンの昼食


参加者全員による記念撮影(2014_0927)
参加者全員による記念撮影
写真の雑草を知っていますか?(9/7) [2014年09月10日(Wed)]

写真の雑草を知っていますか?(2014/9/7)

写真の雑草を知っていますか?(2014/9/7)


五稜郭公園をウオーキングしていましたら、ピンクの可愛らしいお花と出会いました。家に帰って調べましたら、「イヌタデ」と分かりました。
イヌタデ(犬蓼)は、タデ科イヌタデ属の一年草。道端に普通に見られる雑草で、和名はヤナギタデ(本来の「タデ」はこの種で、「蓼食う虫」の蓼もこの種である。標準和名「ヤナギタデ」は、葉がヤナギに似ていることから)に対し、葉に辛味がなくて役に立たないために「イヌタデ」と名付けられ、赤い小さな果実を赤飯に見立て、アカマンマとも呼ばれています。(Wikipedia)
ツルボの花が満開!!(8/8) [2014年08月08日(Fri)]

五稜郭公園のお堀を散策していましたら可愛らしいピンクの花が群生して咲いていました。
いつも散策していますが、全く気が付きませんでした。早速、家に帰ってから調べてみましたら、ユリ科のツルボ(蔓穂)という野草であることがわかりました。8月、日本全土の野山の日当たりの良いところに咲き、特に北海道渡島半島に見られるようです。公園裏口を出たすぐの外堀で見られます。ぜひ可愛らしいピンクの花々をご覧下さい。

ツルボの花が満開!!(2014/8/8)

ツルボの花が満開!!(2014/8/8)

ツルボの花が満開!!(2014/8/8)

ツルボの花が満開!!(2014/8/8)
| 次へ