CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
北海道健康管理士会
健康は心の笑顔から・・・
全ての人達が笑顔で健やかに暮らせるように、
私たち健康管理士一般指導員の願いです。
プロフィール

北海道健康管理士会さんの画像
北海道健康管理士会
プロフィール
ブログ
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/h-kenkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/h-kenkou/index2_0.xml
健康管理士会とは

 会員各位が「健康管理士一般指導員」としての自覚を持ち、健康管理、予防医学の知識の向上を図る為の勉強の場を作ることを目的とした会です。

健康管理士一般指導員とは

 病気の原因やメカニズム、病気予防の為のメンタルヘルス、栄養、運動、環境等について幅広く学習し、健康管理の正しい知識を身につけます。
 その知識を活かし、病気予防の環境づくり、体力づくり、生活づくりの指導やアドバイスを行ったり、健康保持・増進の為の正しい知識を普及し、医師と異なった観点から、人々の健康を守るお手伝いをします。

 2015年度より「健康管理能力検定1級」の資格も同時取得出来ることになりました。
 詳しくは⇒ NPO法人日本成人病予防協会 健康管理士HP

北海道健康管理士会では

 健康管理士一般指導員が、病気予防のスペシャリストとしてのそれぞれの地域で活動が出来る環境を整えていく。その為に「共に学び、共に成長」を目的とした勉強会やセミナーを開催致します。
 そして、健康管理士一般指導員の資格と会員個人が持っている技術や知識を活かし、病気予防や健康保持・増進に役立つ情報提供を目的とした、地域密着型の講演会やボランティア活動を目指します。

「事務局お問い合わせ先」:電話 080-4131-3918(担当山本)
2018年4月から変わりました新メルアド⇒ E- mail:hokkaido.health@gmail.com


健康管理士のスキルアップを目的として行っています。今後地域での講習会などを行う講師養成としても行っておりますので、会員メンバーに講師をお願いしております。
講師は初めてという方もどんどん挑戦してみてください。
対象は健康管理士の資格取得者ですが、受講中の方やこれから受講を考えている方も参加可能です。

≪セミナー≫

どなたでも参加できる健康セミナーです。地域の皆さまが心身健やかに過ごせるような、元気情報をお伝えしていきます。たくさんの方のご参加をお待ちしております。

1/13健康セミナー 「睡眠と健康」のご報告[2019年02月16日(Sat)]
1月13日(日)ちえりあ サークル室1
【健康セミナー】 セミナー&新年会

内容「睡眠と健康〜睡眠を重要視してますか?」 
講師 安田真由美さん(会員) 登録販売者

Aさん 女性47歳独身一人暮らし役職付きのキャリアウーマンの1日の生活から睡眠と健康、問題点をディスカッションする

*睡眠時間5、6時間 残業が多く21時帰宅 シャワーのみ
*休日は遅くまで寝ている 家にいることが多い
*食生活 朝 コーヒーのみ 昼 外食 夜 惣菜 お酒 間食 甘いもの
*運動 ほとんどしない
*肥満 血糖値高め 手足の冷え 昼に強い睡魔 肌荒れ 寝つき悪い だるい

・慢性睡眠不足 → ホルモンバランスの乱れ(更年期もあるか?)グレリン食欲アップ レプチン食欲抑制 のバランスが崩れる
・インスリン低抗→脂質異常症につながりやすい 中性脂肪アップ・深部体温低下 
・ブルーライトの影響あるのでは 体内時計を狂わす メラトニン分泌作用遅らす
・筋肉量少なくなってきているのでは 熱産生低下
・ソーシャルジェットラグ (社会的時差ボケ)インシュリンの効き低下
ウエスト太くなる、鬱発症しやすい、体内時計と生活時間に差ができてボーとしやすい ・セロトニン→朝日を浴びる

みんなでAさんを想像しながらAさんが健康に生活できるように考えてみました。

新年会 琴似 大和屋
12/9 「運動体力測定」 参加企画のご報告[2018年12月17日(Mon)]

2018年12月9日(日)13:30〜18:00
北海道総合体育センター (きたえーる)運動体力測定室
北海道札幌市豊平区 豊平5条11丁目1−1

⓵血圧・身長・体重・体脂肪・肺活量・握力・背筋・垂直跳・閉眼片足立・全身反応時間・腹筋・反復横跳・心肺持久力 計13種

Aボドポッドによる体脂肪測定
市販の体重計でも体脂肪率は測定できますが、ボドポッドは測定された体重とからだの体積から体脂肪率・体脂肪量・除体脂肪率・除体脂肪量を計算する精度の高い機器です。体積を正確に測るため、測定時は水着または体に密着するもの(スパッツ等)を着て測定。

Bパワーマックス 無酸素パワーテスト
負荷のかかったペダルを『10秒全力でこぐ→2分休憩』を3セットおこない最大無酸素パワーを測定。

会員感想
体験型のセミナーで大変楽しく良かったです。体力診断表をもらって正確な体脂肪、体力年齢、運動するときの目標心拍数、健康体力を維持していくのに行ったらいい運動がわかり目標ができました。

48355636_359519654599179_4161937272486232064_n.jpg
2月のセミナーご案内[2018年12月17日(Mon)]
「2019.02.10防災センター見学体験学習、参加者募集のご案内」

募集期間  2019年1月5日〜2月5日(期限厳守、人数連絡の都合上)

テ-マ   「咄嗟の時に備え、防災と健康体験学習」
日時    2019年2月10日  13:30〜15:00 集合現地13:00
会場    札幌市民防災センター(見学所要時間約90分)
電話    011-861-1211
住所    札幌市白石区南郷通6丁目北
      アクセス〜地下鉄東西線「南郷7丁目」駅下車1番出口徒歩3分
      白石区体育館隣.駐車場は裏に10台スペース(空きあれば無料OK)
参加費   会員、非会員各無料

申し込み  参加ご希望の方は、下記メール、TELにて事務局へ申し込み
      お願い致します。

      北海道健康管理士会
      事務局電話 080-4131-3918(担当山本)
E-mail Hokkaido.health@gmail.com
11/11ほすぴ163号「五感のしくみ-味覚」勉強会のご報告[2018年11月13日(Tue)]
11/11 山本希代美さん(会員)  によるほすぴの勉強会を行いました。
今回は味覚です。
1)「味覚」を感じる舌の役割
〈舌の役割〉甘味 うま味 酸味 塩味 苦味の5つの基本味があり、他に温かさ、冷たさ、舌触りを捉えて口に入った物質の性質や状態を総合的に調べる働きをしている。
食べ物が口に入り咀嚼すると味物質が唾液中に溶け出し味孔に入り様々な神経を経てその情報が味神経に伝達される。
脳に障害がある場合でも、顔面表情変化や唾液、消化液の分泌などの現象が起こる。

2)味わうという能力の不思議
〈五味〉
甘味
身体に必要なエネルギー源  
ブドウ糖 美味しいと感じる 
βエンドルフィン幸せと感じる
うま味 
タンパク質を摂取しているという情報を脳に伝える
塩味 
ナトリウムイオンを感知すると感じる。
酸味 
有害な分子を検出し警告する役割を担う感覚
苦味 
毒物であることを警告する役割

3)味覚は学習によって記憶される

味覚嗜好学習 
食べ物を好きになるには快感を伴うこと、食べ慣れることが基本

味覚嫌悪学習 
嫌な思いや体調不良になることが記憶に残る 防御行動の一つ

4)味覚障害
原因 亜鉛不足 ドライマウス 貧血 過度な刺激

味蕾の機能を高めるために
亜鉛を取る バランスの良い食事 よく噛む 味覚を知り食材を知る

(会員の感想)
ほすぴ研修問題提出の項目以外は読んだり読まなかったりしてたので、みんなと勉強すると頭に入り楽しいです。
基本味が体に及ぼす感覚や影響を考えたことがなかったので面白かったです。味わいながら美味しく食べるためには亜鉛の摂取やバランスよく食べること。人の体は食べ物からできていることを改めて実感しました。

IMG_2385_R.JPG

IMG_2383_R.JPG
10/14セミナ-【楽しく笑って若返り体操】のご報告[2018年10月19日(Fri)]

10月14日 ちえりあにて 講師  古川亜優美さん(会員) レクレーションインストラクター 、認知症予防脳トレ士 による若返り体操を行いました。

声を出しながら身体を動かす「あれ?」という感覚が脳の機能を活性化させるを体感や
両腕を前に出してグーを作る 右手の親指を中に 左手の親指を外に出す
交互に親指を出し入れするなどの手遊びや支持者 「勝手ください」 右手ぱー 左手チョキ
正解 右手チョキ 左手グーなど頭と指を使った脳活性の遊び後だしジャンケン や
その他2チームに分かれて辺とつくりを組み合わせて一文字を作るゲーム、
伝言ゲーム など身体を動かし子供のように笑いながら頭をたくさん使ったセミナーでした。

DSC_3624_R.JPG

DSC_3622_R.JPG
2018年度下半期スケジュールのご案内[2018年10月15日(Mon)]
北海道健康管理士会 2018年度下半期行事スケジュールのご案内
●10月14日(日) 13:30〜15:00
【健康セミナー】 楽しく笑って学べる若返り体操
【講師】:  古川 亜優美さん(会員) レクレーションインストラクター 、認知症予防脳トレ士 
【会場】:ちえりあ サークル活動室1  
【参加費】:会員無料、非会員500円
●11月11日(日)  13:30〜15:00
【健康セミナー】  ほすぴ163号「五感のしくみ-味覚」勉強会
【講師】:     山本 希代美さん(会員) 看護師
【会場】:ちえりあ 陶芸室4F 
【参加費】:会員無料、非会員500円
●12月9日(日)  13:30〜15:00
【健康セミナー】 運動体力測定〜この機会に健康度をチェック 
【講師】:     11月5日締切で参加者募集(10月詳細告知予定)
【会場】: 北海道立総合体育センター(きたえーる)内、運動体力測定  
【参加費】:会員、非会員共に参加料1500円(測定料金)運動着着用
●1月13日(日) セミナ-15:00〜16:30  新年会〜17:30〜19:30
【健康セミナー】 睡眠と健康
【講師】: 安田 真由美さん(会員)  登録販売者  
【会場】: ちえりあ サ−クル活動室1
【参加費】:会員無料、非会員500円
【新年会】   17:30〜19:30 会費4000円個室
        会場: 「琴似大和家」西区琴似2条5-2-24
地下鉄琴似駅下車1番出口から徒歩1分、011-621-8108
●2月10日(日) 13:30〜14’30
【健康セミナー】 咄嗟の時に備え、防災と健康体験学習  現地13:00集合 
【講師】: 札幌市民防災センタ-、参加費無料(詳細内容、後日告知)
【会場】: 白石区南郷通6丁目北 011-862-1211   
【参加費】:会員無料、非会員無料
●3月16日(土) 13:00〜17:00 総会資料作成の為、セミナーはお休みです。 
【会場】:ちえりあ 役員のみ作業 3F研修室2
各行事、参加ご希望の方は、下記メールでお願い致します。
北海道健康管理士会
事務局電話:080-4131-3918(山本)
E-mail: Hokkaido.health@gmail.com
10月セミナーのご案内[2018年09月15日(Sat)]

●10月14日(日) 13:30〜15:00

【健康セミナー】 楽しく学べる若返り体操

【講師】:  古川 亜優美さん(会員) レクレーションインストラクター 、認知症予防脳トレ士 

【会場】:ちえりあ サークル活動室1  

【参加費】:会員無料、非会員500円

皆さんの参加申し込みお待ちしています。
8/19セミナー「怪我を原因としない膝痛について」ご報告[2018年08月24日(Fri)]
20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg8/19 「怪我を原因としない膝痛について」〜当院が考える膝の動作痛の原因と対策施術について、会員の有田豊さん(施術院ありた 有田休仙)によるセミナーが開催せれました。
膝痛患者の現在の状況や原因、施術法、予防策についてのお話があり、大切なことは歳だからと諦めないこと、筋肉はいくつになっても鍛えられる、元気になれるのだと心強いお話を聞くことができました。
参加された方からは、「施術の現場の話を交え筋肉はすぐにはほぐれず3カ月〜長い人で10年にも及んでいる人もいるが諦めず治療を続けることで少しずつ日常生活が楽になり、体の状態・状況に合わせて外出、スポーツもできるようになる。筋肉をほぐすことが大切であることを知りました。」との感想がありました。

来月はボーリング&懇親会です。皆さんで交流を深めましょう20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg



20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpgIMG_2181_R.JPGIMG_2193_R.JPG20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg20180819北海道健康管理士会セミナー「怪我を原因としない膝痛について」有田会員コラージュ.jpg
9/9会員懇親会.交流企画のご案内[2018年08月05日(Sun)]
「北海道健康管理士会、2018年9月9日(日)会員懇親会.交流企画」のご案内⇒9/6の胆振東部地震の為、中止となりました。

担当幹事:古川さん、葛西さん、菅原

テーマ 会員懇親会「ボウリングと食べ飲み」身体を解してゆっくり交流を深めよう。
   会員同士の親睦を深め、更に会の発展交流の輪を広げよう。。

集合場所 当日現地、ディノスボウル3階受付付近フロア 14:45スタート15分前まで
(事前準備の為)

日 時 2018年9月9日(日) 15:00〜19:00(一部、二部通して)

内 容
大丸1一部「ボウリング」 15:00〜2ゲーム(ゲーム代、当日幹事へ支払い)

会場:ディノスボウル札幌中央店
住所:中央区南3条西1丁目8番地
TEL:011-251-9005
料金内容:1ゲーム一般600円、55歳以上450円(当日身分証明書必要)
貸出靴:350円

大丸1二部「懇親食べ飲み会」 17:00〜19:00(懇親会代、当日幹事へ支払い)

会場:居酒屋「桜坂」札幌すすきの店
住所:中央区南4西5-4 札幌45Lビル5階 (電車通りの角ビル)
(ラフィラ、東急ホテルの向い側グリーン色ビル、1階にファミリーマート)
TEL:011-200-7820
会費:一人2890円 (内容:料理9品2時間飲み放題付き)


申し込み 2018年8月31日まで厳守
締め切り (参加ご希望の方は、事務局へメール.及びTELにて申し込みお願いします。)

*尚、当日は一部の「ボウリング」のみ、二部の「親睦食べ飲み会」のみ、
一部.二部両方参加と参加皆様方の都合選択が可能です。
*参加ご希望の皆様は、ご家族、お友達等お誘い合わせの上、ご参加.交流を深めましょう。
7/15AED普通救命講習会の報告[2018年07月17日(Tue)]
7/15
講師 宮澤晋(会員) 古川亜優美(会員)によるよ【AED普通救命講習会】が行われました(^^)

講義と実習で以下のことを学びました

救命の連鎖
1 心停止の予防 
2 早期認識と通報 
突然倒れた人がいる→心停止を疑う→周囲の安全確認→反応確認→
周囲応援要請 (119番通報 AED手配)→
呼吸確認「1.2.3.4.5.6普通呼吸なし」と声に出して言う→胸部圧迫→
人工呼吸(感染症予防のため必ずしもしなくてもいい)→AED処置→救急隊員へ
⑶一時救命処置 
@心肺蘇生 
A人工呼吸 
BAED 
4 胸部圧迫法 
5 止血法 直接圧迫法 

講習を受けた会員からの感想

☆ここ数年、普通救命講習受けさせていただいてますが、少しずつ体で覚えてきてます。
楽しく真剣にみんなで一緒にやるから覚えていけるんですねー
健康管理士会でやっていただいて本当に感謝ですきらきら
それにしても、みなさんの演技は素晴らしかったにこにこ

☆1年に一度の講習ですが、知っているかいないかで、咄嗟の時の自分の対応が違ってくるように思います。大事なことは、慌てず助けたい!と一心に救命処置をすることの一言につきますね。講習、練習、訓練の繰り返し大事ですね!

20180715北海道健康管理士会、「普通救命講習会」1コラージュ.jpg
20180715北海道健康管理士会、「普通救命講習会」2コラージュ.jpg
| 次へ