CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO法人 仙台グリーフケア研究会のブログ
« 遺族のわかちあい | Main | 自殺防止対策 »
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
連続公開講座第7回「緩和医療の現場におけるグリーフケア」[2017年12月29日(Fri)]
皆様いかがおすごしでしょうか。

1月27日、当会主催の連続公開講座「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」の第7回、「緩和医療の現場におけるグリーフケア」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第3期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催しておりますが、その第7講「緩和医療の現場におけるグリーフケア」の開催をお知らせいたします。この講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。

第7回の講師は当会スタッフでもある、光ヶ丘スペルマン病院看護師、岡部医院看護師、並びに当会代表の滑川明男(仙台市立病院医師)の3名で行います。

ホスピス病棟と在宅ホスピスでターミナルケアを実践している看護師とともに、看取りの現場におけるグリーフケアを考えます。

地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。

チラシはこちら

講座の詳細、申込方法につきましては、下記のHPを御覧ください。
http://www.sendai-griefcare.org/info/lecture.html
教育者向けワークショップ「教育現場における自死対策」開催のお知らせ[2017年11月24日(Fri)]
教育者向けワークショップ「教育現場における自死対策」を開催いたします。

チラシはこちら

講師は加古川市教育委員会、学校支援カウンセラー、臨床心理士、学校心理士スーパーバイザー、日本自殺予防学会理事の阪中順子先生をお招きいたします。

学校における自死の問題についての講演会です。講演会の後、グループディスカッションやワークを通して。参加者が自分自身の問題として、自死の問題や死別の問題、あるいは学校における自死、いじめ問題などに関して考えることが出来る場を設けます。

講座の詳細、申込方法につきましては、下記のHPを御覧ください。
http://www.sendai-griefcare.org/info/lecture.html
連続公開講座第6回「トラウマとグリーフ」[2017年11月24日(Fri)]
皆様いかがおすごしでしょうか。

12月2日、当会主催の連続公開講座「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」の第6回、「トラウマとグリーフ」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第3期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催しておりますが、その第5講「わかちあいの会の実際」の開催をお知らせいたします。この講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。

第6回の講師は福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター特命准教授、中島聡美先生をお招きいたします。

災害や事故、犯罪、自殺などで大切な人を失った場合には、トラウマ体験となって、複雑性悲嘆やPTSDなどが高い割合でみられます。このような暴力的な死別によるご遺族を支援するためには、これらの疾患とその治療について理解していることが重要です。

地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。

チラシはこちら

講座の詳細、申込方法につきましては、下記のHPを御覧ください。
http://www.sendai-griefcare.org/info/lecture.html
一般病院向け講座「自死を減らすためのアルコール対策」を開催いたします。[2017年10月31日(Tue)]
一般病院向け講座「自死を減らすためのアルコール対策〜アルコール関連障害にいかに取り組み、自死を防ぐのか〜」を開催いたします。

チラシはこちら

講師は東海大学健康科学部社会福祉学科准教授の稗田里香先生、同志社大学社会学部社会福祉学科准教授の野村由美先生をお招きいたします。

アルコール依存症は、「見ようとしないと見えない」問題であることから治療や支援に結び つきにくく、悲惨な状況に陥りようやく病気と知ることも少なくありません。
2014年に施行されたアルコール健康障害対策基本法は、「自業自得」のスティグマを張ら れた飲酒問題を、国、地方自治体、酒類販売者、医療従事者、国民等が責任を持って取り組む 社会の問題として位置づけました。法律の目的の一つには、自死をはじめとするアルコール関 連死を減らすことが掲げられ、アルコール依存症の渦中にいる人々にアウトリーチする場とし て、一般医療機関への期待が高まっています。

講座の詳細、申込方法につきましては、下記のHPを御覧ください。
http://www.sendai-griefcare.org/info/lecture.html
連続公開講座第5回「わかちあいの会の実際」を開催いたします。[2017年10月31日(Tue)]
皆様いかがおすごしでしょうか。

11月4日、当会主催の連続公開講座「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」の第5回、「わかちあいの会の実際」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第3期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催しておりますが、その第5講「わかちあいの会の実際」の開催をお知らせいたします。この講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。

第5回の講師は龍谷大学短期大学部社会福祉学科教授の黒川雅代子先生をお招きいたします。

長きにわたり大阪、京都でグリーフケアを実践されてきた黒川雅代子先生から、実際の「わかちあいの会」がどのように開催され、ご遺族に対して、どのように寄り添い、支えているのかについてご講義頂きます。

地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。

チラシはこちら

講座の詳細、申込方法につきましては、下記のHPを御覧ください。
http://www.sendai-griefcare.org/info/lecture.html
連続公開講座第4回「ナラティブによるスピリチュアルケア」開催のお知らせ[2017年09月29日(Fri)]
皆様いかがおすごしでしょうか。

10月7日、8日の2日間、当会主催の連続公開講座「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」の第4回、「ナラティブによるスピリチュアルケア」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第3期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催しておりますが、その第4講「ナラティブによるスピリチュアルケア」の開催をお知らせいたします。この講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。

第4回の講師は麗澤大学名誉教授、NPO法人千葉県東葛地区生と死を考える会理事長の水野治太郎先生をお招きいたします。

グリーフケアとは、グリーフに苦しんでいる人を苦しむ前の状態に戻すことではありません。グリーフを抱えながらも、その後の人生をしっかり生きていけるように人間的成長を支えることであり、支えながらも自分も一緒に成長していくものです。水野治太郎先生のワークショップ「ナラティブによるスピリチュアルケア」は、先生の臨床人間学の真髄に触れることで、ケアとは何かを学ぶ講座です。

地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。

チラシはこちら

講座の詳細、申込方法につきましては、下記のHPを御覧ください。
http://www.sendai-griefcare.org/info/lecture.html
連続公開講座第3回「死別を体験した子どもへのサポート」開催のお知らせ[2017年08月02日(Wed)]
当会主催で連続公開講座「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」の第3回、「死別を体験した子どもへのサポート」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第3期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催しておりますが、その第3講「死別を体験した子どもへのサポート」の開催をお知らせいたします。この講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。

第3回の講師は福島県立医科大学看護学部講師、子どもグリーフサポートステーション理事、当法人副代表の佐藤利憲先生が担当いたします。

地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。


案内チラシ→ こちら

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

日時:2017年9月24日(日) 10:00-12:00
場所:仙台市立病院3階第二会議室( 太白区あすと長町一丁目1-1)
当初告知で「仙台市医師会館」としておりましたが「仙台市立病院」へ訂正いたします。
対象:どなたでも参加可能です。
定員:60名
参加費:一般3,000円、個人・法人会員1,000円
申込締切:前日の9月23日まで
申込方法:電話もしくはメールにて「9月24日講座申込」「氏名」「住所」「連絡先(メールもしくは電話番号)」をお知らせください。
電話:070-5548-2186
メール:griefoffice@gmail.com
グリーフケアの担い手養成講座第3期のご案内[2017年04月02日(Sun)]
「グリーフケアの担い手養成講座」は、当法人の主たる活動であるわかちあいの会のファシリテーターを養成するコースです。

全コース期間は約1年間で(最長3年間まで延長可能※)、グリーフケアに携わるために必要な知識や技術を、専門の講師から学び、また、グリーフケアの場(わかちあいの会)のスタッフとして参加※※しながら、実際を通して学びを深めていきます。

「グリーフケアの担い手養成講座」は、当法人の約10年にわたる活動で経験・学んだグリーフケアのノウハウがたくさん詰まっています。

これからの時代に必要とされるグリーフケアの担い手(ファシリテーター)を目指し、是非一緒に勉強していきましょう。

※このお知らせ及びパンフレットは2017年度のグリーフケアの担い手養成講座のご案内ですが、受講期間は今年度から2019年度、までの延長か可能です(最長3年間)
※※しばらくはファシリテーターとしてではなく、運営スタッフとしての参加となります。

全講座(必須+選択講座)修了者には、「グリーフケアの担い手養成講座修了証」及び「NPO法人仙台グリーフケア研究会公認ファシリテーター認定証」を発行(2年毎の更新性)いたします。
詳細は下記のリンクより案内チラシをダウンロードしてご確認下さい。

案内チラシ → こちら

PC版公式ホームページにも詳細情報を掲載しております。

お申込先:仙台グリーフケア研究会事務局
    メール griefoffice@gmail.com
    TEL 070-5548-2186
グリーフケアの担い手養成講座第2期受講生募集のご案内[2016年06月03日(Fri)]
「グリーフケアの担い手養成講座」は、当法人の主たる活動であるわかちあいの会のファシリテーターを養成するコースです。

全コース期間は約1年間で(最長3年間まで延長可能※)、グリーフケアに携わるために必要な知識や技術を、専門の講師から学び、また、グリーフケアの場(わかちあいの会)のスタッフとして参加※※しながら、実際を通して学びを深めていきます。

「グリーフケアの担い手養成講座」は、当法人の約10年にわたる活動で経験・学んだグリーフケアのノウハウがたくさん詰まっています。

これからの時代に必要とされるグリーフケアの担い手(ファシリテーター)を目指し、是非一緒に勉強していきましょう。

※このお知らせ及びパンフレットは2016年度のグリーフケアの担い手養成講座のご案内ですが、受講期間は今年度から2018年度、までの延長か可能です(最長3年間)
※※しばらくはファシリテーターとしてではなく、運営スタッフとしての参加となります。

全講座(必須+選択講座)修了者には、「グリーフケアの担い手養成講座修了証」及び「NPO法人仙台グリーフケア研究会公認ファシリテーター認定証」を発行(2年毎の更新性)いたします。
詳細は下記のリンクよりパンフレットをダウンロードしてご確認下さい。

パンフレット → こちら

PC版公式ホームページにも詳細情報を掲載しております。

お申込先:仙台グリーフケア研究会事務局
    メール griefoffice@gmail.com
    TEL 070-5548-2186
連続公開講座「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」[2016年06月03日(Fri)]
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/佐藤利憲研究室

皆様、いかがお過ごしでしょうか。6月25日から来年3月25日まで7回の連続公開講座「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催いたします。
この講座はグリーフケアに関心のある皆様を対象にしたもので、どなたでもご参加いただけます。
詳細はチラシをごらんください → チラシ

日時/テーマ/講師/会場/定員:
2016年6月25日10:00-12:00/悲嘆学・喪失学/坂口幸弘/会場2/60名
2016年8月6日10:00-12:00/スピリチュアルケア・宗教学/谷山洋三/会場2/60名
2016年9月10日10:00-12:00/子どもへのグリーフサポート/佐藤利憲/会場2/60名
2016年11月12日10:00-12:00/トラウマとグリーフ/白井明美/会場2/60名
2016年12月4日10:00-12:00/緩和医療の現場で見るグリーフ/滑川明男他/会場*/60名
2017年1月14日10:00-12:00/わかちあいの会の実際/黒川雅代子/会場*/60名
2017年3月25日10:00-12:00/ケアする人のケア/米虫圭子/会場*/60名

場所:
会場1:仙台レインボーハウス(仙台市青葉区五橋2-1-15)
会場2:仙台市医師会館 5階研修室(仙台市若林区舟丁64-12)
会場*: 調整中

対象:グリーフケアにご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

受講費:一般受講者3,000円、個人・法人会員1,000円

申込締切:各講座開催の3日前(定員になり次第終了いたします)

申込方法:下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「X月X日講座申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。


お申込先:仙台グリーフケア研究会事務局    メール griefoffice@gmail.com
    TEL 070-5548-2186
| 次へ
プロフィール

仙台グリ研さんの画像
仙台グリ研
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/grief/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/grief/index2_0.xml