CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
三豊市発見ブログ
香川県三豊市の魅力を紹介するブログです。
« 2016年02月 | Main
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
常総市の災害ボランティアに参加して[2016年03月18日(Fri)]
記憶に新しいと思いますが、昨年の9月に茨城県の常総市は大雨により河川が決壊し水害に見舞われました。

たまたま、私の住んでいるところからそう遠くない地域であったため、ボランティア活動を行いに現地に行ってきました。

私が行ったことといえば、敷地内に流入した土砂を掻き出すといった単純な作業でしたが、土砂の多さに水害の被害の大きさを目の当たりにしました。

メディアなどで報道された場所の近くだったのですが、それぞれの家屋の敷地自体が広くとてもその家の人だけでできるものではなかったのです。

まして、そこに暮らしている方々は若い人ばかりではなく高齢の方もいますし、家族に若い年代の方がいれば違うのかもしれませんが高齢の方々だけでの復興はとても大変なものだと思います。

ボランティア10名単位で一軒の家の土砂を1日かけて行うことでどうにか終わるといった具合です。

まして、私たちボランティアはその日だけ活動をすればいいだけですが、そこに住んでいる人はその生活が継続していくわけですから、なんとも申し訳ない気持ちになりました。

機会があればまたうかがおうとは思うのですが、仕事もあるためなかなか現地に行くには至らないのが現状です。

そして、書くのに前後してしまったのですが、現地に直接自家用車等で行くのではなくボランティアを支援する企業の駐車場に停めて、そこからバスで移動したのですが最初の案内でボランティアに行った方の中にはSNSで書き込むために作業中に写真を撮ったりする人がいると聞きました。

確かに、SNSで情報を発信していくにはいい方法ではあると思いますが、現地の家の前でピースサインや楽しそうにその場に居合わせたグループで笑顔でそのような写真を撮るのはどうかと思いました。

ボランティアは無償で行うものですが、被害に遭われた方々はボランティアに来た人に飲み物などを提供してくれる人もいらっしゃいます。

ボランティアを受ける方々がそのような気を遣ってくれているのに、ボランティアをしにいく側が気を配れないのはいかがなものなんでしょうか?

写真を載せる以外にも活動を普及していく方法はいくらでもあると思います。

ボランティアをする精神は素敵ですが、どうか自分たちの行動に責任をもって欲しいものです。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

グリッドさんの画像
http://blog.canpan.info/grid/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/grid/index2_0.xml