CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
三豊市発見ブログ
香川県三豊市の魅力を紹介するブログです。
« 三豊市について | Main
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
常総市の災害ボランティアに参加して[2016年03月18日(Fri)]
記憶に新しいと思いますが、昨年の9月に茨城県の常総市は大雨により河川が決壊し水害に見舞われました。

たまたま、私の住んでいるところからそう遠くない地域であったため、ボランティア活動を行いに現地に行ってきました。

私が行ったことといえば、敷地内に流入した土砂を掻き出すといった単純な作業でしたが、土砂の多さに水害の被害の大きさを目の当たりにしました。

メディアなどで報道された場所の近くだったのですが、それぞれの家屋の敷地自体が広くとてもその家の人だけでできるものではなかったのです。

まして、そこに暮らしている方々は若い人ばかりではなく高齢の方もいますし、家族に若い年代の方がいれば違うのかもしれませんが高齢の方々だけでの復興はとても大変なものだと思います。

ボランティア10名単位で一軒の家の土砂を1日かけて行うことでどうにか終わるといった具合です。

まして、私たちボランティアはその日だけ活動をすればいいだけですが、そこに住んでいる人はその生活が継続していくわけですから、なんとも申し訳ない気持ちになりました。

機会があればまたうかがおうとは思うのですが、仕事もあるためなかなか現地に行くには至らないのが現状です。

そして、書くのに前後してしまったのですが、現地に直接自家用車等で行くのではなくボランティアを支援する企業の駐車場に停めて、そこからバスで移動したのですが最初の案内でボランティアに行った方の中にはSNSで書き込むために作業中に写真を撮ったりする人がいると聞きました。

確かに、SNSで情報を発信していくにはいい方法ではあると思いますが、現地の家の前でピースサインや楽しそうにその場に居合わせたグループで笑顔でそのような写真を撮るのはどうかと思いました。

ボランティアは無償で行うものですが、被害に遭われた方々はボランティアに来た人に飲み物などを提供してくれる人もいらっしゃいます。

ボランティアを受ける方々がそのような気を遣ってくれているのに、ボランティアをしにいく側が気を配れないのはいかがなものなんでしょうか?

写真を載せる以外にも活動を普及していく方法はいくらでもあると思います。

ボランティアをする精神は素敵ですが、どうか自分たちの行動に責任をもって欲しいものです。
不登校支援は家族の支援でもある[2016年01月29日(Fri)]
私は、大学生の頃、不登校の支援をする団体で、ボランティアをしていました。

身近に不登校の友達がいたので、何か力になれる方法は無いかと考えて、そのボランティアを始めました。

不登校を支援する団体では、定期的なセミナーや講習会を開催しており、ボランティアとして受付等を手伝いながら、不登校について勉強させてもらいました。

普通だったら、不登校のセミナーなので、不登校の人が来ると思いますよね。

ですが、この団体が開催する不登校のセミナーに参加するのは、本人ではなく、お母さんでした。土日の開催であっても、自宅でできる仕事以外のお父さんはほとんど来ることが無い状態でした。

参加者の話を聞いていると、同級生からの暴力や、いじめ等、学校に行かなくなっても仕方が無いと思うような状況もありました。

共通しているのは、お母さんが、子どものことを、本気で心配しているということでした。

どうしたら良いのか分からないし、困っているけれども、嫌いになることは無いのだろうなと感じました。

それから、このセミナーでは、子どもを元気にする他に、親も元気にすることを目的にしているのだと分かりました。

お父さんは他人事のように見て見ぬふりをする、全部お母さんの育て方が悪いのだと責められる等、お母さん同士にしか分からない不安を共有して、安心しているようでした。

泣きながら参加したかたが、最後には笑顔で、すっきりした表情で帰っていくことが多く、それが印象的でした。

私は、不登校を支援するボランティアに参加して、母の愛について考えました。

喧嘩ばかりで、迷惑もかけてしまいましたが、どんなに怒っていても、母が私を嫌いになることは無いのだと知りました。

また、私は不登校の友達に何かしてあげなければいけないと思っていましたが、本人が動き出そうとするまで、まわりの人間には待つことしかできないのだなと気づきました。
伊勢神宮での電動車椅子普及ボランティア[2015年09月06日(Sun)]
大学二年の時に私は、ガイドヘルパーという資格に興味を持ち資格取得を目指しましたが、時間とお金の都合がつかず諦めたことがありました。

しかし、障害者の方々など、体の融通が利かない方々の旅行や外出のサポートをしたいと思い、あるボランティアを大学から紹介していただきました。

それは、足の不自由な方でも伊勢神宮を車椅子で参拝できるように考えられた、電動車椅子を参拝者の方々に体験してもらうというボランティアでした。

伊勢神宮に限らず神社や寺などには、玉砂利が敷き詰められていて、普通の車椅子ではなかなか行きづらい場所です。

しかしその車椅子は、玉砂利の上でもスムーズに走行でき、介助者も必要ないという画期的なものでした。

私は、伊勢神宮を実際にその車椅子で参拝しながら、車椅子の体験を呼びかけました。

最初はスムーズな動きで周りの参拝客からも、びっくりしたような目で見られたり、数人の方々に車椅子の試乗をしてもらったりと順調でした。

しかし途中でバッテリーが切れてしまい電動で動かなくなってしまいました。

その100キロほどある車椅子は女の私では動かすことはできず、助けを呼び男性が3、4人がかりで持ち上げて運んでくださいました。

まだまだ開発段階の車椅子だったらしく、改良が必要だと、開発された方はおっしゃっていました。

しかし、私は少しの方にしか乗ってもらえなかったけれど、その方々に、その車椅子の存在を知ってもらえて良かったと思いました。
絵本の読み語りボランティア[2015年06月14日(Sun)]
地域の有志で絵本の読み語りボランティアの活動をしています。

メンバーは20人ほど、活動は主に次の3つです。

一つ目は、図書館での読み語りです。

毎週土曜日の午後に図書館の一室を借りて図書館へ来た子どもたちに絵本や紙芝居を読んでいます。

ときには、赤ちゃんを抱いたお母さんや、お父さんも参加してくれます。

二つ目は、小学校への出前読み語りです。

朝の読書タイムの時間に各クラスへ入って絵本や紙芝居を読んだりブックトークをしたりします、

先生も一緒に聞いてくださいます。朝の爽やかな空気の中での読み語り、お互いにいい一日のスタートです。

三つ目は年に一度の春のイベントです。

大型の絵本や紙芝居、人形劇、エプロンシアター、マジック、歌遊びなど盛りだくさんの内容でおまつりを開きます。

毎年、たくさんの子どもたちが来て楽しんでくれます。

もちろん入場料などはとらず、すべてボランティアでやっています。

これらの活動のためにメンバーは練習や打ち合わせなど、大変ですが、子どもたちが笑ったり、驚いたりする様子を見るとがんばる気持ちが湧いてきます。

今の子どもたちは、ゲームやテレビ、ビデオに親しんできた世代ですが、やっぱり絵本は大好きなのです。

子どもの輝く笑顔を励みにこれからも続けていきたいです。
マンションの自主防災活動のボランティアに参加して感じたこと[2015年01月03日(Sat)]
私が住むマンションは14階建て270世帯を超えるマンションです。

3年前の東日本大震災を機に、大地震に対応する自主防災活動の委員が発足され、それに伴い、ボランティアの募集がありました。

私の場合は、3歳と6歳のまだ幼い子供がいるため、災害時にできることと言えば、同じ階のマンションの安否確認くらいですが、それでも日頃から防災活動で何かできることがあればと思い参加しました。

このマンションでは高齢者も多いですが、子供の割合も多く、マンションの広場ではしょっちゅう子供たちの遊ぶ声と、そのお母さんたちのエステ体験についての話し声が聞こえるほどです。

私はボランティアの募集があった時に、当然マンションのママ友たちもボランティアに協力すると思ってました。

しかしながら、活動会議の初回に参加したのは、子育て世帯では我が家ともう一世帯だけでした。

日曜だったので、家族で用事があり、参加できなかったのかもしれないと思いましたが、後日ボランティア協力者名簿が出来上がり名簿を見ると、やはり子育て世帯は我が家ともう一世帯のみ。

ボランティアですから、もちろん参加する義務はないとはいえ、あれだけ毎日のように10人以上の母親が集まっておしゃべりしたりしているのに、どうして災害時のような肝心な時に、ボランティアとして協力できないのだろうと悲しくなりました。

しかし悲観的にボランティア活動をしても意味がないですし、うした思いは心の奥にそっとしまって、前向きにボランティア活動に取り組んでいきたいです。
図書館のボランティアをしています[2014年12月19日(Fri)]
60歳でフルタイムの仕事を引退してからは、読書の時間をたっぷりとることが出来るようになりました。

駐車場経営をしているとはいえ、年金暮らしなので本に費やせるお金には限りがあります。

そこで、活躍するのが図書館。週に1回は行って、本を借りるようになりました。

なにしろ、引退生活です。時間はたっぷりあります。

でも、まだまだ元気。なにかボランティアをしようかなー、と思いながら市の広報誌を見ていたら、図書館ボランティアの募集があるではありませんか。

日頃お世話になっている図書館です。

そこのボランティアなら、恩返しの意味でもぜひ、と思って応募しました。

初めに、講習会がありました。

図書の補修や、保護カバーかけ、返却日をスタンプする短冊作りなどの講習です。

そんなに難しいことではありませんが、ひとつひとつ丁寧に、と思うと、結構気を遣います。

でも、手仕事は好きな方なので、難なくクリア。今は、月に1回ぐらいのペースでボランティアに行っています。

ボランティア仲間は、やっぱり本好きが多く、

おしゃべりをしながらの手作業はなかなか楽しいものです。

本の補修や保護カバーかけをしていると、こうして人の手を通って、本が貸し出されていくんだなーという感慨が湧いてきて、図書館の本にいよいよ愛着を感じます。
サークル活動の一環としてのボランティア活動[2014年12月12日(Fri)]
大学生の頃、友人と小さな音楽サークルを立ち上げ、学園祭などで地道にライブを重ねていく内に徐々に知名度が上がっていきました。

私が二回生になったある夏の日、仲良くしていた大学の庶務課の人から、地域の夏祭りに出てみないかとお誘いを受けました。

出演料が支払われない代わりにこちらも支払わなくても良い、学外サークル活動の一環として、私たちは参加することにしました。

練習やアレルギー性鼻炎の合間に夏祭りの企画代表者の方と何度かお会いして、当日の打ち合わせをしました。

機材をタダで用意してもらう代わりに、当日少しお祭りのお手伝いをすることにしました。

そして迎えた当日は予想外の忙しさでした。

出番以外の時間は地域の方の出し物の準備や盆踊りのセッティングを手伝ったり、たこ焼き屋さんから足りなくなったソースを買いに行かされたりなどして、自分たちの出番があることをうっかり忘れてしまいそうになるくらい、常に動き回っていました。

ハチャメチャな状態でメソセラピーに出演し、無事に夏祭りが終わったときの達成感は気持ちのよいものでした。

手伝ってくれたお礼だと、屋台をやっていた方たちが焼きトウモロコシやかき氷を差し入れしてくれました。

我々は夏祭りを肌で感じながら、市民活動に参加するのはこれほど楽しいものなのだと初めて知りました。

それ以来、毎年ボランティアサークルとして、地域の夏祭りに出演することになりました。
知的障害の方達との外出[2014年08月24日(Sun)]
知的障害を持つ児童から大人まで幅広い年齢層の方たちとの外出の補助をするボランティア活動に参加しました。知的に障害があると外出は家族が必ず付き添わないと難しく、休日に必ず家族と出かけられるとは限りません。

特に親が高齢になってくると尚更外出は難しくなります。そのような方達の外出を手伝おうという人たちの集まりに縁あって参加していました。集合場所までは自転車でいける距離であったため、気軽に参加出来ました。ボランティアの皆さんの年齢層は様々で、仕事をリタイアした男性や女子大生など、日によってメンバーも様々でした。

事前にグループの代表者の方からメールが来て、内容や集合場所を聞きます。外出場所も様々で、お台場海浜公園や川越の街にも行きます。電車での移動は、じっと座っていられない人の付き添いや、切符の購入補助などがあり、普段とは違った目線での外出になります。グループでの外出なため、周囲の人への配慮も必要になります。

バスの中で声をあげてしまう方へにらまれたりし、まだまだ知的障害を持つ人への理解を得るのは難しいと思います。しかし、以前よりそのような方々を街で見かけるようにもなっているため、少しずつ外出もできるような社会になっているのだと思います。
先輩のサポートボランティア[2014年07月09日(Wed)]
私は、大学学時代にいくつかのボランティアを経験したことがあります。

そのいくつかを紹介したいと思います。

私の大学は、福祉系の大学ということで、かなりの数のボランテイアの依頼が毎週のようにメルマガで届きました。

その中で最も興味を引いたものが、私の一つ上の先輩の現場実習のサポートのボランティアでした。
その先輩は、脊椎の病気で生まれつき足が不自由で車椅子が生活の一部となっている方でした。

メルマガには、困っているので助けて欲しいという先輩の思いが込められており、私はサポートして差し上げたいという気持ちになりました。

幸い先輩は私の実家と同じ市内に住まれていて、実習先も同じ市内でした。

私も1年後には同じような現場実習をすることを予定していたので、良い勉強になると思いながらのボランティアでした。

主な内容は、先輩のトイレ介助や、車椅子から椅子や地べたへの乗り移りの介助、髪にいい食べ物の調理でした。

先輩の実習であるので、実習先の利用者の方々へのサポートはほとんどすることはなく、少し手持ち無沙汰な時間もありましたが、現場実習というものの内容がよく分かり、自分が今後行っていくことに活かすことができたと思いました。

また顔は知っていましたが、ほとんど話したことのなかった先輩との距離も縮まったような気がして、良い経験になったと思いました。
子どもたちのための活動in岡山市[2014年06月05日(Thu)]
安全安心ネットワークの見守り隊をご存知ですか。岡山市で行われている市民によるボランティアです。町内会長、副会長、民生委員、愛育委員、有志の保護者と警官で毎月1日決まった日に、各町内を見回りして下さっています。町内会長、副会長など退職して何年も経つ方も多く、少し高齢の方も多いです。
子供たちのために町内のコンビニや商店等夜に見守りをして回ってくれています。
冬の寒い日も多いと思います。体力的にも大変だと思います。暑い日もまた大変だと思います。
たぶん、始めは行政の方から指示があり、行政関係のOB等を中心に活動が定着していったのだと思います。
子供が家にいなかったり、孫もいない人も参加して、町の安全や子供たちの安全のために活動して下さっています。
夜遅く小学生でも公園にいたり、コンビニなどで集まっていることもあると思います。トラブルに巻き込まれたりしないように見守りをして下さっています。
夜だけではなく、町内会長さん等は、朝小学生の登校の旗当番を保護者交替でしていますが、あいさつ運動の人称して、旗当番と共に危険箇所等のポイントに立って下さっています。
朝の交通当番では、仕事がある人も保護者の中にはいますが、自分の子供が通っているので旗当番をしますが、町内の人も見守って下さる人がいて、朝飛ばして通過する車もいるので、子供たちのための安全な登校に役立っている活動をして下さっていて、本当に感謝しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

グリッドさんの画像
http://blog.canpan.info/grid/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/grid/index2_0.xml