CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 成果物 | Main
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
日本財団 鈴木
室内機搬入開始 (12/05)
“なんちゃって”『幻想廊下』 [2019年08月22日(Thu)]

image1.jpg
太郎です。
今年も猛暑でかなワン!
残暑厳しいですが、皆さんお元気ですか?

image2.jpg
駐車場わきの植え込みに朝顔がたくさん咲いてます。
落ちていた種が芽を出し、ここ何年か咲いたり種を落としたり。
とうとう鬱蒼とした朝顔の森となりました。

image3.jpg
さて・・・
“なんちゃって”『幻想廊下』???
岡山後楽園の幻想庭園にちなみ、
グリリバでも幻想的な光がお迎えしますよ!

image4.jpg
場所は、特養玄関からまっすぐ進み、
ショートステイの手前の廊下です。

image5.jpg
窓が無く少々暗い廊下ですが、
これを逆手に取り、幻想的な廊下に仕上げました。
事務課長さんの手作りですよ。
ぜひ見に来てくださいね!
水の季節 [2019年07月08日(Mon)]

image1.jpg
あ〜蒸し暑い!!
昼間は、蒸し暑くて老体にこたえる。
あ〜厚い。

image2.jpg
グリリバの玄関には、アジサイ。
今年は、土壌がアルカリ性になっているようで、
ピンク色の花を咲かせています。

image3.jpg
ちょっと今年の梅雨は、おかしいようで。
ふれあい広場の桜の木です。
ところどころ葉っぱが赤く色づいています。
まさか、紅葉ですかね?

image4.jpg
ともあれ、今年は集中豪雨などで大きな被害が
発生しないよう祈るのみです。
笹の葉に祈りを乗せて。



“令和”初めの日 [2019年05月01日(Wed)]

image1.jpg
“令和”の初日です。
“令和”と言ってるつもりですが、わかりますか?

新天皇・皇后の即位をお祝い申し上げます。
上皇・上皇后は、歴史上初の『象徴天皇』として即位。
近代以降、初めて戦争と戦禍のない“平”和な時代と“成”りました。
新天皇・皇后両陛下と国民がより一層心を通わせ、
しなやかで穏やかでありながら、平和を希求する庶民の心が
水底の流れとなりゆくことを祈りたいと思います。
素朴でありながら真っ当で正しい心を未来永劫に流れ通わせ
人びとが平和で安穏な幸福を開きゆく時代にしたいものです。

image2.jpg
平成最後の昨日から令和初日の本日。
雨模様ですっきりしない天気です。
でも、新緑の5月。
福山に続く稜線は、淡い緑が萌えたっています。

image3.jpg
グリリバの中庭のツツジです。
今年は、満開なりました。
一昨年の剪定で刈り込みすぎて、昨年はほとんど
開花しませんでした。
筆記人はホッとしています。やれやれ。

image4.jpg
ほ〜ら!
目にまぶしいピンクが溢れています。

image5.jpg
最後にとっておきの一枚。
淡いピンクの花を咲かせています。
なんだかわかりますか?
なんと!サザンカなんです。
季節外れの2日前に咲きました。
平成の終わりと令和の初めを寿いでいるようですね。
そよ風は西南西♪桜満開♪花満開♪ [2019年04月05日(Fri)]

image1.jpg
太郎です。
ふにゃ〜〜。
ぽかぽかの陽気で眠たいわ〜〜。
すっかり春ですな。

image2.jpg
オオイヌノフグリが一面に。
筆記人が大好きな花だとか。
春、どの花よりも一番に咲きます。
春を告げる花ですよ。

image3.jpg
パンジーも咲き乱れ・・・

image4.jpg
ふれあい広場は、花盛りです!
殺しも見事に咲き誇る桜。
それでは、何枚かカットをどうぞ!

image5.jpg

image6.jpg

image7.jpg

入社式 [2019年04月05日(Fri)]

image1.jpg
4月1日。
グリリバに新しい仲間がやって来ます。
気分新たに出発です!

image2.jpg
渡辺理事長から歓迎の挨拶。
最前列の新入職員。
少々緊張の面持ちです。

image3.jpg
江口施設長から新入職員一人ひとりの名前が読み上げられ・・・
決意ある清新な返事が返ってきます。

image5.jpg
1年先輩になった山本くん。
歓迎の言葉を述べていきます。
いや〜〜、1年でせいちょうしたね〜〜!

image6.jpg
新入職員を代表して抱負。
しっかりとした決意溢れる抱負でした。
素晴らしい!

image7.jpg
最後に辞令交付。
理事長から新入職員一人ひとりに手渡されました。
辞令1枚に込めた期待の心の贈呈です・


春呼ぶ♪ 吉備路マラソン [2019年02月26日(Tue)]

image1.jpg
2月24日 日曜日。
いい天気。
晴れて、暖かくなりそうです。
早朝のグリリバに怪しげな集団。
そうです・・・
今年もそうじゃ吉備路マラソンに
グリリバの仲間たちが出場!!
フルマラソン・・・2名
10キロ    ・・・3名
5キロ   ・・・3名
1.5キロ   ・・・1名
800m   ・・・3名
計12名がエントリー!

image2.jpg
朝9時スタートの10キロゴール手前。
画像を拡大したのでかなりピンボケしてますが。
ピンクのTシャツ。
事務のお姉さん、なんと52位。
翌朝の山陽新聞に掲載されましたよ。
いやホントすごいわ!

image3.jpg
続いて10キロ。
淡いピンクのお姉さん。
こちらも画像拡大でかなりピンボケです。
ごめんなさい。
1時間ほどでフィニッシュ!
ホント尊敬します。

image4.jpg
お次は、青いグリリバはっぴ姿。
施設長の江口修さん。
5キロに登場。
笑顔を振りまいてますね。
余裕ですね〜。

image5.jpg
しんがりは、10キロに登場のお兄さん。
10キロ走り切ったとは思えぬ激走!!

image6.jpg
“とりゃ〜〜〜〜っ!”
ドドッと駆け抜けていきました。

image7.jpg
フィニッシュモニュメントの前で。
はい!お疲れ〜〜〜!!
♯お雛さま♯ [2019年02月21日(Thu)]

image1.jpg
太郎です。
急に暖かくなってきましたよ!
グリリバ奥の福山の山麓から
♪ホケッキョッ♪
うぐいすのぎこちない鳴き声が聞こえて
きましたよ。
♪もうすぐ 春〜ですね〜♪
蘭ちゃん元気かな?

image2.jpg
さて、グリリバの玄関では・・・
なにやらスタッフがおっ始めましたよ。

image3.jpg
赤い布を垂らして・・・
そうです、ひな壇です。

image4.jpg
なんともにぎやかです!
笑い声が弾け、楽しそうですな。
白衣の管理栄養士さんまで登場。

image5.jpg
じゃ〜ん!
出来上がり〜〜!

image6.jpg
おまけに・・・
棚の上にもお内裏さまとお雛さま。


春告げる小鳥 [2019年02月01日(Fri)]

image1.jpg
太郎です。
大寒を迎え、最も寒いときです。
体調を崩さないように。
もうすぐ春が来ますよ。

image2.jpg
ぶろぐの前のあなた・・・
見えますか?
写真の真ん中!

image3.jpg
メジロですよ。
今年も来ました、春を告げる小鳥。
山茶花の赤い花とのコントラストがいいですね。


平成最後の新年 [2019年01月20日(Sun)]

image1.jpg
太郎です。
平成最後の新年です。
皆様にとって幸多き一年となりますよう
お祈り申し上げます。

image2.jpg
さて、今年もまた事務所職員による門松!!
年々、段取りも良くなってきてますよ。

image3.jpg
1月中旬。
恒例のお餅つき!
はいっ!しっかり腰を入れて!!

image4.jpg
なんだか分かります〜?
獅子舞の獅子頭です。
購入したのではありません。
昨年末から、事務所の小倉さんが
工房(グリリバでは、“小倉工房”と呼ばれてます)で
制作しました。
すごいですね〜!
製品に負けず劣らすの出来栄えです。

image5.jpg
唐草模様の布を買ってきて・・・
完成です!

image6.jpg
獅子舞も披露され・・・
健康で過ごされますように。


老楽講座 [2018年11月30日(Fri)]

image1.jpg
太郎です。
久しぶりです。
年を取って、最近どうも物忘れが・・・
思い出した時に、ご報告しますね。

image2.jpg
11月30日。
『老楽講座』と銘打ち、職員研修を開催。
総社市内の事業所にもお声掛けし、
認知症研修を実施しました。

image3.jpg
講師は、大変署名な三好春樹先生。
「生活リハビリ研究所」代表で、人間性を重視した
老人介護の在り方などを全国で講演されています。
「関係生涯論」や「認知症介護」など著書多数。
向かって左の方は、この度の講演会を調整して
下さった、前 雲母書房代表で、現在は、
「なるほどケア塾」を主宰されている、
円窓社 代表取締役の茂木敏博様です。

image4.jpg

image5.jpg

image6.jpg
ご自身の体験等も踏まえながら、
本当に楽しく、認知症介護の根本の考え方を
わかりやすく教えて下さいます。

image7.jpg
エピソードの数々に会場に爆笑の渦が起こります。
2時間の講演もあっという間に終了。
有意義な講演会を行うことができました。


| 次へ