CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

最新の記事

10月例会&ワークショップのご案内
7月例会&ワークショップ開催のご報告
クラウドファンディングの郵便振り込みについて
京都新聞9/5 朝刊22面 ADI関係の記事が掲載されました!
クラウドファンディング始まりました!

10月例会&ワークショップのご案内 [2016年10月20日(Thu)]
10月例会&ワークショップのご案内!
「柿のネガポジ画」

金木犀のいい香りが漂い、ようやく秋らしくなってきましたね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

10月30日(日)に開催されます、例会&ワークショップのご案内です。
今月は旬の素材、「柿」をモチーフに描きます。
ご一緒に柿の魅力を堪能しませんか?
また今回は、学会の報告会&交流会も予定しておます。
お時間に余裕があります方はこちらもぜひ!

この企画は、臨床美術やアートにご関心のある方でしたら、

どなたでもご参加いただけます。

皆さまの周りで臨床美術に興味を持っておられる方もお誘いあわせのうえ、

ぜひご参加ください。

皆さまのご応募をお待ちしております!!


【日時】 2016年10月30()  13時 〜 15時(受付開始 12時30分〜 )

                 15時10分〜16時(学会報告会&交流会)

【会場】 中京いきいき市民活動センター会議室4


例会の詳しい内容や参加申込み方法等は下記のチラシをご参照ください

(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)

10月例会チラシ.jpg




7月例会&ワークショップ開催のご報告 [2016年10月03日(Mon)]
「夏の暑さに負けない元気トマトを収穫!」

暑い夏にぴったりのプログラム「夏トマトを描く」の体験会が、7月30日(日)の例会&ワークショップで開催されました。
当日の参加者は27名。それぞれに個性的で美味しそうな27個のトマトが出来上がりました。
参加者の皆さんからお寄せいただいた感想の中には、
「普段何気なく食べているトマトをじっくり味わい、描き、没頭できる時間を過ごさせていただきました。」
「塩ビにオイルパステルで描く感触とか、ウラオモテ両面を使うのが新鮮で面白かったです。」
「ツヤツヤのトマトを夏の暑い日に楽しく描けました。」
といったコメントも。
皆さまご参加いただき、ありがとうございました!

main.jpg

メインの伊藤さん

process1.jpg

process2.jpg
まなざしは真剣そのもの

tomato.jpg
清涼感のある作品に仕上がりました


このプログラム体験会は、セッションの運営を通して臨床美術士同士が協力して講座を作り上げ、チームの一員としての経験を積む場でもあります。
今回スタッフとして参加した方々のご感想もご紹介します。

『ワークショップ メインを経験して…。』伊藤聡子

<すすめる会>よりお話をいただいた時には、正直、私で務まるのかという不安もありましたが、準備を進めていく中で、参加者のみなさまと『夏トマトを描く』ことがだんだん楽しみとなり、ワクワクしている自分に驚きました。
当日、朝市で仕入れた大原野の農家のトマトがみなさまの手によって瑞々しくイキイキと表現され、壁に張り出された時の感動は今でも忘れられません!!

main2.jpg


サブスタッフの感想より

普段は少人数の参加者さんの現場が多く、例会のような大人数のセッションは、なかなか経験できません。初めての方とのチームワークを学ぶ場となり、改めて普段のセッションを客観的に見つめることができました。(R.K)

夏はやっぱりトマト、大好きです。トマトと向き合い静かな時間が流れどの作品を見ても食べてみたくなったり、コロコロ転げていきそうでした。(Y.K)

いつもながら、よく気配りされているなと感服いたしました。ちょっと空気が張りつめすぎているかなと思いました。(Y.F)

今回は久しぶりに事務局のスタッフとして参加しました。とっても暑い日でしたが、たくさんの方に参加して頂きました。ありがとうございました!
初めて顔合わせした方とチームを組み、いい緊張感の中でいつもと違うセッションの場を味わえてとても充実した時間となりました。(T.I)


ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
臨床美術士スタッフの皆さまもお疲れ様でした。

次回の例会&ワークショップは10月30日(日)に開催予定です。
詳細につきましては、近日アップさせていただきます。
皆さまのご参加をお待ちしています。

*アートプログラムは芸術造形研究所の著作物ですのでご注意ください。臨床美術士の資格をお持ちの方でも、実施についてはご自身でのプログラム購入が必要です。

クラウドファンディングの郵便振り込みについて [2016年09月23日(Fri)]
日本臨床美術協会の最新ニュースに、すすめる会のREADYFORのクラウドファンディングのことを掲載していただきました!
しかし「インターネットに不慣れ」「操作方法がわからない」という声もよく伺います。
郵便局からすすめる会へ直接お振り込みも可能です。事務局が手続きを代行させていただきます。ご支援額に応じてご希望のリターン番号を通信欄にお書きください。

@3,000円 サンクスメール
A5,000円 クリアファイル カリフラワー 1枚
B10,000円 ポストカード5枚 1セット
C10,000円 クリアファイル2枚セット カリフラワー、セコガニ
D50,000円 ポストカード10枚 1セット
E100,000円 京都<臨床美術>をすすめる会講座作品&活動記録集

[郵便局からの振り込み先]
口座番号 00990-1-225575
名義 フルイミエコ

[ゆうちょ銀行のお振り込み先]
店番 099店
当座預金 口座番号 0225575
名義 フルイミエコ
みなさまよろしくおねがいします!
京都新聞9/5 朝刊22面 ADI関係の記事が掲載されました! [2016年09月09日(Fri)]
14241649_1015398895224351_6332438956369182961_o.jpg
クラウドファンディング始まりました! [2016年08月26日(Fri)]

すすめる会のフルイです。
いよいよ本日から、クラウドファンディングREADYFORにて、すすめる会の臨床美術プロジェクト始まりました!

来年4月に京都で開催の国際アルツハイマー病協会国際会議において、全国の認知症の方の臨床美術展を実現し、臨床美術をアピールしよう!という企画です。

もともと臨床美術は認知症の改善や予防の為に開発されました。ユニークでクオリティの高いアートプログラムは、今では子どもの感性教育や社会人向けのメンタルヘルスケアなどにも活かされていますが、やっぱり臨床美術のルーツは認知症ケア。
患者の尊厳について語られ、一人ひとりに合わせたケアを目指すことが当たり前になっている今だからこそ、病気や年齢に関係なく一人の表現者としてどこまでも対等になれる臨床美術が一層光っています。
ぜひ多くの方に知っていただきたいです。

企画に必要な資金90万円を、インターネット上で寄付を募ります。このシステムはオールorナッシング。目標に達した時点で初めて90万円の寄付を受けられます。目標達成しない場合は0円です。
まずは8月末にむけて、みなさんのご支援をお願いいたします!
…………………………………
ぜひ一度ページをご覧下さい。
プロジェクトページのURLはこちらです。
https://readyfor.jp/projects/adi
(ぜひぜひFBでのいいね!、シェア、応援コメント書き込みなどもご協力をお願いします!)

| 次へ