CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

最新の記事

2017年度例会の開催スケジュール
2017年1月例会&ワークショップのご報告
ADI国際会議への参加方法の訂正です
出展作品を募集中! ADI国際会議 臨床美術作品展
第32回ADI国際会議 での企画の詳細が決まりました!

2017年度例会の開催スケジュール [2017年02月25日(Sat)]
2017年度の例会&プログラム体験会を下記の日程で開催予定です。
(詳細については順次ブログにアップして参ります。)

<2017年>
・7月30日(日)
・10月29日(日)
<2018年>
・2月25日(日)

ご興味・ご関心をお持ちの方、皆様誘い合わせの上是非ご参加ください。
daisya2.bmp
2017年1月例会&ワークショップのご報告 [2017年02月09日(Thu)]

動き出すと不思議な?!

素敵なカレンダーが出来ました!


今年最初の例会&ワークショップが、1月29日(日)に開催されました。

当日は、18名の方々にご参加いただき、アートプログラム体験では「ドリッピングカレンダー」を制作。

始めはドリッピングって何?という思いを抱きつつ、プログラムの進行とともに徐々に制作に夢中に。思わず立ち上がって制作される方もおられ、最後には個性が光る素敵な作品が揃いました。

お寄せいただいた感想の中には・・・

「手軽な画材で楽しみながら体験させて頂きました。次回も参加してみたいです。」

「じっくりと集中して作る事が出来ました。ドリッピングのドキドキ感と、パステルで色や模様をつけられて、楽しかったです。」

「幼少の頃にドリッピングはしたことはありましたが、改めてやってみると結構思うように流れないものなんだなあと、またそれが面白いなあと、しみじみ感じて楽しかったです。」

といったコメントも。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。


  矢野さん.JPG   制作中.JPG

<メインを担当された矢野和久さん>         <制作中の様子>


作品集合1.JPG 作品1.JPG

作品集合2.JPG     作品2.JPG

           <参加された皆様の作品>


また、プログラム体験会の後には簡単な交流会も行われました。

短い時間ではございましたが、臨床美術に関する質問や意見交換も行われ、有意義な時間となりました。

交流会.JPG


次回の例会&ワークショップは、月の開催を予定しております。

詳細につきましては改めて掲載させていただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。


*アートプログラムは芸術造形研究所の著作物ですのでご注意ください。臨床美術士の資格をお持ちの方でも、実施についてはご自身でのプログラム購入が必要です。




ADI国際会議への参加方法の訂正です [2017年02月05日(Sun)]

ADI国際会議への参加方法ですが、申し訳ありません。先日ご案内した内容に間違いがありました。
 「すすめる会会員には、ブース出展者として割引があります」とありましたが、正確には「作品展の会場にだけ入れるスタッフパスが全日程17000円で支給されます。」です。他のプログラムやシンポジウム会場には入れませんのでご注意ください。
 改めて改訂版を投稿いたします。
..................................................................................
会議に参加する方法のご案内
 作品展当日に会場に入るためには、国際会議そのものに登録(有料)する必要があります。登録はADIのサイトからできるようになっています。
http://www.adi2017.org/ja/登録 
(ページの「登録受付を開始しました!」をクリック)
 1日だけ参加の場合、[一般以外][一日券]なら11000円です。一般以外というのは、つまり認知症の方、介護家族、「家族の会」の会員、学生を指します。介護家族でなくても「家族の会」に入会して会員になれば、家族の会の年会費(5000円)は別途必要ではありますが、この一日券が購入できます。

 すすめる会会員には、ブース出展者として作品展の会場にだけ入れるスタッフパスが全日程17000円で支給されます。作品展にご関心のある方、スタッフとして参加したいという臨床美術士の方はご活用ください。すすめる会会員として参加登録をご希望の場合は、HPからの登録ではなく別途手続きが必要です。事務局へその旨をメールお願いします。

 早期登録には締め切りがあり、ここで説明している参加費は 2017年2月20日までのものです。参加ご予定の方はぜひ早期登録をご利用ください。
ADI 2017 - 登録
参加登録をされる場合はここをクリックしてください。参加登録画面が出たらそのページの「次へ」を
ADI2017.ORG

出展作品を募集中! ADI国際会議 臨床美術作品展 [2017年02月01日(Wed)]
 4/26〜29まで京都で開催されるADI(国際アルツハイマー病協会)国際会議での、臨床美術作品展募集要項をアップします。
 全国の臨床美術士の皆様、認知症ケアのクラスでの作品を出品ご協力お願いいたします。
展示スペースに限りがあり、あまりたくさんの作品は展示できません。しかしぜひ全国から作品をお借りしたく、同時に臨床美術のアートプログラムの多彩さを伝えるものにしたいと考えています。
よって今回はある程度の展示作品のイメージを、こちらで先に組み立てさせていただきました。
 出品をご検討いただける方は、まずは募集リストのAグループとBグループのリストの作品で、出品ご協力をいただけるものがないかどうか、お考えいただけないでしょうか。
 展示数はプログラムごとに3〜8点程度になります。1点からの出品でも大丈夫です。
またリストになくてもオススメのプログラムがあれば、Cグループにご記入いただき、アピールをお願いできますか。
とりあえず申し込み一覧表を基にメールでお返事をいただけたら助かります。締め切りは2月15日です。
全てのお申し込みを受けてから出品作品を決定させていただきます。お借りしたいお作品をご連絡をしますので、3月上旬ごろ〜3月20日までに、出品が確定した作品のみをお送りください。
わかりにくい点がありましたら、何でもご連絡ください。
 全国に笑顔が広がる新たなきっかけが、この作品展示からスタートすることを願っています。
京都<臨床美術>をすすめる会
ADI_REC1.jpgADI_REC2.jpg
ADI_LIST.jpg
続きを読む・・・
第32回ADI国際会議 での企画の詳細が決まりました! [2017年01月26日(Thu)]

お待たせしました!
第32回ADI国際会議 での企画の詳細が決まりました!
国際会議参加には参加証が必要です。2月6日までが事前登録期間です。ご予定の方はお早めにご登録ください。投稿の最後に事前登録の方法を掲載しています。
..................................................................................................
【臨床美術シンポジウム】 
京都<臨床美術>をすすめる会 主催
京都大原記念病院グループ 共催

〜「今」触れる、「今」生きる〜
認知症進行予防と介護家族ケアとしての臨床美術

日時  2017年4月28日(金)17:45〜18:45
会場  国立京都国際会館

(内容)
シンポジウムでは臨床美術の魅力について発信します。神経内科教授の水野先生には専門的な知見から「認知症と美術」についてお話しいただき、講座担当の臨床美術士からも講座の様子をお伝えします。また介護家族には臨床美術講座に参加しての実感を生で語っていただく予定です。

司会/中川正法先生(京都府立医科大学附属北部医療センター病院長)
基調講演/水野敏樹先生(京都府立医科大学医学研究科神経内科学教授・京都府立医科大学附属病院副病院長・国際学術交流センター長)
報告/フルイミエコ(臨床美術士・講座担当)、岩本みどり(講座参加介護家族)
協力/京都府立医科大学神経内科
後援/日本臨床美術協会
.....................................................................................................
【臨床美術作品展】
京都<臨床美術>をすすめる会 主催

〜 I feel “Now” , and I live.〜「今」触れる、「今」生きる。

日時  2017年4月27日(木)〜29日(土)
会場  国立京都国際会館 協賛ブーススペース

内容/全国の認知症ケア(予防及び改善)を目的とした臨床美術講座の参加者作品の展示。臨床美術の紹介パネル、出品協力団体の紹介など。
後援/日本臨床美術協会
協力/京都府立医科大学神経内科
.....................................................................................................

★会議に参加する方法のご案内
 作品展当日に会場に入るためには、国際会議そのものに登録(有料)する必要があります。登録はADIのサイトからできるようになっています。
http://www.adi2017.org/ja/登録 
(ページの「登録受付を開始しました!」をクリック)


 1日だけ参加の場合、[一般以外][一日券]なら11000円です。一般以外というのは、つまり認知症の方、介護家族、「家族の会」の会員、学生を指します。介護家族でなくても「家族の会」に入会して会員になれば、家族の会の年会費(5000円)は別途必要ではありますが、この一日券が購入できます。

 すすめる会会員には、ブース出展者として作品展の会場にだけ入れるスタッフパスが全日程17000円で支給されます。作品展にご関心のある方、スタッフとして参加したいという臨床美術士の方はご活用ください。すすめる会会員として参加登録をご希望の場合は、HPからの登録ではなく別途手続きが必要です。事務局へその旨をメールお願いします。

 早期登録には締め切りがあり、ここで説明している参加費は 2017年2月6日までのものです。参加ご予定の方はぜひ早期登録をご利用ください。

| 次へ