CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ミンナDEカオウヤプロジェクト in TAKAOKA(11年8月‐) | Main | 行動障がいのある人の理解と支援研修会(12年11月) presents 日本財団»
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
2012.1月研修会の報告(その2) [2012年02月16日(Thu)]

 すこしずつですが 春めいてきたいちご今日この頃・・・

 今度の2月19日(日)は今年度最後のキャリアアップ研修会&新人研修会があります。

 キャリアアップ研修会の前回の復習と日曜日の予習として1月研修報告を。
 とっても遅くなってしまいましてすみません。すいません

 1月キャリアアップ研修会のアイスブレイクは
「年越した解決できない困難事例を教えてください!」
について。

 

熱帯魚 発達障がいのある人のケース。
ヒヨコ ひとり暮らしの脳性まひのケース。
ウサギ 精神障がいのある人のケース。
などなど。

 ちょっと、ブルーな気持になりましたが・・・

 地域では困っている人が多いのになかなか発見されず、支援につながらないことが多い気がします。

 支援につながった人に対しては、本人が一番困っているのであって、その人の未来を良くするために
 個人のスキルをどうアップするか?
 組織作りをどうするか?

 そのための手段として、12月から2か月かけて「合意形成」について勉強しているのだと感じたアイスブレイクでした。
11.12月研修報告(その1)〜アイスブレイク編〜 [2012年01月18日(Wed)]

 1月も半ばを過ぎましたね。
 太陽 富山では例年になく雪が少ない日々です。

 今度の1月22日(日)は、キャリアアップ研修会があります!

 その予習も兼ねて・・・
 2011年12月のキャリアアップ研修会の報告を。

 12月の研修会のテーマは「合意形成」
 
  1、アイスブレイク
  2、合意形成の準備
  3、関係者へのヒアリング
  4、関係者の関心分析


 12月のアイスブレイクは・・・
「2011年の仕事を3文字で表そう!」
について。

 3文字で1年間を表すため、制限時間10分でまとめるには
いつも以上に頭をグルグルと回転させました汗汗汗

 ちなみに、参加者の発表は。
熱帯魚 「人・止・悩」
 立ち止まったり、悩んだししたけれども、人とつながることで助けられることが多かった。
猫 「一・二・三」
    ↑   ↓
      ←
 画数字が増えて、戻って。初心に戻った。
カエル 「職・家・己」
 自分が職場や家族に支えらえた。


 アイスブレイクを終えて・・・

 今回3文字でまとめてみて、3文字のプロセスや関係性を考えながらまとめたものが多かったです。
 それぞれの参加者が1年間取り組んだことが垣間見れました。
11.11月研修報告(その2)〜アイスブレイク編〜 [2011年12月12日(Mon)]

11月研修報告 その2 「アイスブレイク編」

「〇〇〇な街 富山&高岡」について発表しあいました。

今月の研修テーマ 「人」 でしたが、
数年後の新幹線開業に伴い、地域の「人」たちがどのように魅力をつくるか?
地域の「人」である参加者全員で、富山&高岡の魅力を考えてみました。

猫 隠れ家的存在 高岡。
犬 古い街並み お寺巡り 高岡。
鳥 前田家の歴史を感じ、海の幸味わう町 高岡
ペンギン 自然に愛されている街 富山
ヒヨコ お城の街 富山

などなど、いろいろなキャッチを発表しあいました。

街を盛り上げる一員としての「人」 そして、「福祉事業所」

人に、街に、福祉事業所に魅力がないと、いろいろな人が集まらない・・・。

大変短い時間でしたが、
人について、街について、福祉事業所について、
何が魅力か?考える良い時間でした。

10月研修報告(その2)〜アイスブレイク編〜 [2011年10月25日(Tue)]

10月のアイスブレイクは
「遅刻すいませんにまつわるエピソード汗紹介でした。

参加者全員で発表し合いましたが、次の3つのパターンに分かれました。
ちょっとだけ紹介を。

1、日常的に遅刻が多い人編
すいません 「5〜10分遅刻するのが当たり前なので、周りの人が配慮して集合時間を10分前に設定してくれる。」

2、過去に大きな遅刻のエピソードがある人編
走る 「学生時代に落としてはいけないゼミの単位科目を遅刻してしまい、毎日朝6時前にゼミ室に通い続けた。」

3、全く遅刻しない人で、遅刻のエピソードがない人編
まる 「いつも20〜30分前行動を心がけている。」

「遅刻」を通じて、新たな側面や人ととなりを発見したアイスブレイクでした。
9月研修報告A アイスブレイク編 [2011年09月26日(Mon)]

アップ遅くなりました。汗

9月のアイスブレイクは・・・
「震災がもしこの地域に起きたら」

仕事中に地震が発生したと仮定して、
自分だったらどのように行動するか?
について、時系列で1人1つずつ挙げていきました。


次に、
福祉事業所として、地震に備えることは?について、
青字で1人1つずつ追加。


感想は、
東日本大震災から半年が経ち、改めて考え直すよい機会になりました。
8月研修報告@ 内容&アイスブレイク編 [2011年09月11日(Sun)]

東日本大震災から半年…

ひまわり この夏、元気だそうぜ!富山福祉ネットワークでは、

家 ハックの家さん(岩手県田野畑村)での「すいか夏休みの障がいのある子どもたちの支援 泳ぐ 野球」のお手伝い
(→9月も継続して、現地でいろいろなお手伝いを予定!)
お金 ミンナDEカオウヤプロジェクト in TAKAOKA
などに取り組みました!

これも、いろいろな皆さまのお陰さまです。

□□□□□□□□□□□□□□□

また、毎月の メモ キャリアアップ研修会も、
去る8月21日(日)@高岡ふれあい福祉センターにて開催しました。
それでは、キャリアアップ研修会の報告を。

8月の研修会の内容は・・・

1)アイスブレイク
2)福祉事業収入・支出マップづくり
3)組織マップづくり

でした。

□□□□□□□□□□□□□□□

さて、今月のアイスブレイクは、
まる 歴史上の人物&有名人にたとえたら・・・」編。

手順は、
@よく知っている2人一組になる。
A相手がどんな「歴史上の人物&有名人」なのか?考える。
B思いついた「歴史上の人物&有名人」をA4用紙に書き、相手の背中に貼る。
CA4用紙を貼られた相手は、他の人からヒントをもらって、どんな「人物」を書かれたか想像。

こんな感じ。

このアイスブレイクの目的は、
よく知った人の特性の再発見!

組織等がマンネリ化した時に使うと効果的なんだそうです。

カメラ 写真に撮り忘れる 汗 ほど?楽しいアイスブレイクでした。
7月研修報告A アイスブレイク編 [2011年07月16日(Sat)]

 太陽今日から3連休祝日ですね。
  泳ぐ 観覧車 〓

 7月研修会のアイスブレイクは・・・

「これからの目標」を和風に5・7・5で表現しました。
 会場が和室だったので。






4月研修報告A アイスブレイク編 [2011年04月18日(Mon)]

4月のアイスブレイクは「共助」に関して。

1964年3月@NYで起こった事件の話を聞いて・・・

3人1組になって感想を話し合いました。

グループで話し合った内容を報告。

警察に電話するだけで終えてしまう・・・。

知り合いだったら、現場まで行って助けたのでは?

地域の人間関係の希薄さで起こったのでは?
などなど。

講師の鈴木さんより

障がいのある人の地域生活は孤立しやすい。

「どんな地域にしなければいけないのか?」

について考えていく必要がある、と。


ちなみに、
阪神大震災では

34.9% 自力で助かった人(自助)
31.9% 家族が助けた(自助)

28.1% 友人・隣人が助けた(共助)
2.6% 通行人が助けた(共助)

1.7% 救援隊が助けた(公助)
0.9% その他

インフォーマルな共助の割合を緊急時だけでなく、
通常時もきちんとしていくことが大切だと感じました。

次回の研修報告では、
具体的な地域づくりについて、ゲームを通じて学んでいく方法を紹介しますびっくり